徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

東日本大震災から10年

東日本大震災から10年。大地震と津波で多くの尊い命が奪われました。改めて心からの哀悼の意を表しますとともに、大切な家族、友人を亡くされた方々にお悔やみを申し上げます。
震災発災後、私は、岩手県、福島県、宮城県に支援に入りましたが、特に岩手県の山田町には何度も入りました。津波で家や船、資材などが流され途方に暮れていた養殖漁師さんの佐々木さん夫妻と知り合い、仮設住宅でお母さんの作ったご飯をご馳走になったり、北海道から持って行ったお酒を一緒に飲んでお話ししたり、すっかり仲良しになりました。水産庁の支援事業についても説明に行かせて頂いて、船も新しく作り、養殖場も復旧して、一緒に船で海に出たこともあります。
 震災直後は津波で壊滅した住宅などの泥出し作業や、壊れた家具などを運び出す作業をお手伝いし、東京や北海道から支援物資も運びました。最近では2年前に、東日本大震災復興特別委員会の委員長として視察に行きましたが、かさ上げ工事も完了し、高台への住宅移転も進み、瓦礫の山だった町はすっかり変わっていました。佐々木さんご夫妻も元気で頑張っておられました。
 福島などから原発事故の後、北海道に避難してきた方々も、今では親戚!?のように仲良くさせて頂いています。私よりも北海道に馴染んで、皆さんそれぞれに仕事も頑張っておられて、活躍もしていて、その姿を見ていると本当に頭が下がる思いです。辛いこともたくさんあったと思いますが、本当にこの10年、頑張ったと思います。まだまだ、被災地も被災された方々の心も復興道半ばです。原発事故に関連する様々な問題解決にもまだまだ時間がかかります。東日本大震災を風化させることなく、これからも寄り添って参ります。
 
 
 



2021.03.11|トピックス

TOP