徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

北海道の春は、これ!!

昨日、私の妹のような存在の(私が勝手に思っているだけかもしれませんが・・。)
ある方から、素敵な長靴を頂きました!!
遊説に履いて下さいということで・・。とても嬉しいです。ありがとう!!

今の長靴はカッコイイですよね。

北海道の春は長靴が一番!!

後援会事務所には、鳩山総理他、沢山の方々から送っていただいた
勝利を願っての「為書き(ためがき)」が貼られてます。
見ていると元気が出ます。ありがとうございます。


また、お皿の中の栗、昆布、スルメは選挙の縁起物。

栗は昔、戦場で武士たちの携帯食にしていたのだそうで、「かち栗=勝ち栗」といい、勝利につながる縁起物です。

昆布は昔から日本では、昆布を「広布」ヒロメと言い、その長い姿が縁起の良さを想像させることから、「勝って喜ぶ」に通ずるものとして出陣式には必ず昆布が飾られたんですって。

そして、スルメのことを「あたりめ」と言いますよね。「あたり=当たり」験を担ぐ商人たちが「賭け事でお金を擦る」などを連想させる、スルという言葉を避けて反対の当たりという言葉を使って「あたりめ」と呼ぶようになったそうです。


この縁起のよい、食べ物は戦いの三種の神器ですね。



2010.03.11|BLOG

TOP