徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

投稿者アーカイブ

2020.05.28
JR二島貨物ワーキングチーム


共同会派 JRニ島貨物WT/公共交通のあり方検討WTで、JR総連(JR北海道労組)、JR連合からそれぞれ、

新型コロナウイルス 感染による旅客、貨物への影響や、国に対する要望について説明して頂き、質疑が行われました!!





2020.05.26
9月入学検討ワーキングチーム


国民民主党 文部科学部会 9月入学検討WTの4回目の会合です。大人の都合ではなく子供の立場、

特に受験を控えた子供たちのこと、受験の時期や、試験の内容について。

リモート教育の問題点や課外活動での経験の大切さ、そもそも第二波、第三波が来たときに

学校を休業する必要性、科学的根拠があるのかなど様々な観点から意見交換が行われました。




2020.05.21
9月入学検討ワーキングチーム

国民民主党 文部科学部会 「9月入学検討WT」が開かれ、学校休業による教育の格差や、子供達の経験、課外活動など、この2ヶ月半をどのようにして取り戻すか、役所の説明も受けながら闊達な意見交換が行われました!!

#つくろう新しい答え



2020.05.20
種苗法改正案に対する声明を発表

野党超党派の食の安全・安心を創る議員連盟から、種苗法の一部を改正する法律案について「意見」を出しました。zoomを使った記者会見で篠原会長から内容について説明。その後、ご参加頂いた新聞社など記者の皆さんからご質問を頂きました。私にとっては初めてのzoomでの記者会見。改めて、ご参加頂いたメディアの皆さん、ありがとうございました。



 



2020.05.20
「国民民主党・新型コロナウイルス対策本部」役員会議に出席

昨日、久しぶりに「国民民主党・新型コロナウイルス対策本部」役員会議が行われ、第一次補正予算に続いて、第二次補正予算に対する国民民主党の100兆円規模、消費税引き下げや国民一人一人に10万円の再支給などの経済対策や出口戦略など意見交換をしました。良い案を闊達に出し合い、スピード感を持っ.てまとめたいと思います。

 



2020.05.19
「種苗法の改正案 見送りに!?」

「種苗法の改正案 見送りに!?」
参議院先議の農林水産委員会 森林組合法の一部改正案が、参議院で可決しましたので、先に審議をするように与党と交渉して欲しいと衆議院の理事にお願いしていましたが、どうやら自民党の国対委員長から話があり、森林組合法と自民党の議員立法を一緒に審議するということで、種苗法の審議を後回しに。そうなると延長でもない限り、日程的に今国会で種苗法の審議はできないことになるのでは!?



2020.05.19
共同会派農林水産部会に出席

本日は、農林水産部会で3回目の「種苗法の改正案」の農林水産省からのヒヤリング。部会の状況は益々厳しく、「そもそも法案を改正する必要があるのか!」「農家から許諾料を取るなんて、農家の経営負担が増えるじゃないか!」「どう説明されても、自家増殖禁止法案だ!」と。とても、審議入りできる状況ではありません !!





2020.05.16
新型コロナウイルス合同対策本部会議に出席

おはようございます。昨日は、新型コロナウイルス対策本部会議が行われ、緊急事態宣言の解除について役所からヒヤリング。また、2次補正について各議員の提案、意見を対策本部で受け止めさせて頂きました!!




2020.05.14
参議院農林水産委員会


本日は、参議院農林水産委員会が開かれ、森林組合法の改正案が審議され、採決が行われました。森林の多面的機能、森林組合の公益的機能が維持できるのか!!懸念は払拭されず、しかし、未来に向けて必要な見直しもあるので、6項目の付帯決議をつけて消極的賛成です!!


 



2020.05.12
参議院農林水産委員会

.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

こちらにアクセスして2020年5月12日、農林水産委員会と徳永エリを選択してください。


 

本日、13時から、参議院農林水産委員会が開かれ、一般質疑と森林組合法の改正案の趣旨説明が行われました!!私からは、種苗法の審議をコロナ禍終息まで止めるべきだという事、すでに成立した問題のある法律の施行期日を遅らせるべきだという事。また、規制改革推進会議が農産物検査をJAS法に一本化しようとしていることや、農地転用の規制緩和をしようとしている事など指摘させて頂き、先の見えない不安の中に国民が置かれている時に、充分な議論もないままに民主主義の根幹を揺るがすような制度改正などするべきではないし、そもそも、農業、農村のことは農林水産省が主導して、現場の声を聞きながらやること。規制改革推進会議の思うようにさせてはならない事などお話をさせて頂きました!!農産物検査を廃止し、JAS法に一本化することに関しては大臣からは、そんなことはさせない旨の、力強い御答弁を頂いたと思っています!!


 





TOP