徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

トピックス一覧

2 / 344123...最後 »
2021.09.05
旭川市で活動2日目

今日も旭川市は良いお天気でした。朝から宮崎アカネ道議会議員補欠選挙の候補予定者と街宣活動をしながら、ご挨拶まわり。宮崎アカネさんは、朗らかでとっても素敵な女性です。市議会議員の経験もありますから即戦力です。道議会で女性のパワーを発揮し、新しい風を吹かして欲しいなぁ。
     
笠木かおる市長候補予定者の選挙対策事務所に、子供たちを連れて、ママ友の会の皆さんが見学と意見交換に来られました。私も、ご紹介頂き、意見交換をさせて頂きました😊候補者をよく知って投票行動に繋げていく、大切な活動だと思います。ありがとうございました!!公正、自由意志、コレがあるべき市民活動の姿ですよね。
   
さて、2日間の旭川市での応援行動を終えて、旭川空港から東京へ。明日は、ジェンダー平等推進本部のオンライン勉強会です。東京大学社会科学研究所の名誉教授、大沢真理先生から、ジェンダー平等推進についてお話を伺います。
 



2021.09.04
旭川市で活動1日目

旭川市の笠木かおる市長候補予定者の後援会事務所に伺い、朝の会議で激励のご挨拶をさせて頂きました。

 
旭川市の道議会議員補欠選挙に立候補を予定している、宮崎アカネ候補予定者と一緒に農村をまわり、農家の皆さんにご支援のお願いをさせて頂きました😊稲刈りの準備、もう稲刈りを始めている水稲農家の方もおられましたが、忙しい中、作業の手を止めて話を聞いて下さり「頑張って。応援しますよ!」と、嬉しいお声も頂きました。

   
 



2021.09.03
立憲民主党・ジェンダー平等推進本部役員会

立憲民主党・ジェンダー平等推進本部役員会が開かれ、枝野代表が出された改革案について、さらにブラッシュアップするための意見を求め、また、どの様にして改革を実施していくのかその具体策についても、特に都道府県連や総支部の取り組みについて、私から提案のペーパーを出させて頂きました。皆さんからのご意見を頂いて、次回の会議でまとめていく予定です。

  



2021.09.03
菅総理大臣退陣

菅総理大臣退陣。自民党総裁選挙には誰が出馬するのか。党人事は、閣僚人事は?衆議院総選挙への影響は?わからなくなって来た。こんな時だからこそ、我々は周辺の騒ぎに惑わされず、黙々と自分たちの仕事をやるのみ。今は、コロナ対策、そして、コロナによる影響を受けている事業者や働く皆さん、職を失った生活困窮者への支援等です。また、どうしたら感染拡大を止められるのか、連日有識者の方々のご意見をオンラインで聞いています。緊急事態宣言をどのタイミングでどのように解除していくのか。いきなりの解除では、その反動が出てしまい、また感染者が増加することになります。出口戦略がとても重要ですし、今回も12日以降さらに3週間程の期間は必要ではないかというご意見が多いです。立憲民主党の緊急コロナ対策がまとまり次第、政府に提案をさせて頂きます。



2021.09.02
太陽光発電事業に関する意見交換から

経産省とのオンラインでの太陽光発電事業に関する意見交換から始まり、参議院役員会、参議院総会、政調の有識者ヒヤリング。また、北海道税理士連盟の谷幹事長が事務所をお訪ね下さいました。

  



2021.09.01
農林水産省、環境省と家畜の糞尿処理について意見交換

農林水産省、環境省と家畜の糞尿処理について意見交換。莫大な投資を行って畜産バイオマス発電事業施設を作ることが、長期的にみて有効なのか、水分の多い糞尿を新しい技術で乾燥させ、良質な堆肥を作れないのか…。今後2050年までに農地面積の25%を有機農業に変えていくという国の方針の下、良質な堆肥の需要は高まるが、目先の糞尿処理の問題は酪農家、畜産農家にとっては重要な問題。多頭飼い、規模拡大がここ10年ほどで一気に進んだ事により、糞尿処理の問題は改めて今後の方針を検討していかなければならない。

 



2021.09.01
新時代の沖縄振興に関する提案

立憲民主党・沖縄協議会から、「新時代の沖縄振興に関する提案」を河野太郎内閣府特命担当大臣にさせて頂きました。また、内閣府の沖縄政策担当の政策統括館から、沖縄振興の基本方向についてご説明を頂き意見交換をさせて頂きました。

 



2021.09.01
参議院会館で仕事です

おはようございます。
昨日の雨で東京も少し涼しくなりました。今日も参議院会館で仕事です。北海道の自治体などを回ってお聞きしたことの確認やいただいた宿題・課題についてZOOMで役所と意見交換。昨日は、経済産業省と来年から始まるFIP制度について説明を受けた後に意見交換をさせて頂きました。
   



2021.08.31
本別製糖所の砂糖生産の終了

北海道糖業が、2023年をもって本別製糖所の砂糖生産の終了を決めました。人口減少によって国内市場が縮小し、少子化や砂糖離れ、また、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、外食産業や菓子などの土産品の需要も減少した事が背景にあります。しかし、北海道は畑作の輪作体系から砂糖の原料となる甜菜を外すことはできず、輪作体系の崩壊にも繋がりかねない。十勝だけの問題ではなく、農林水産省は、砂糖の需要減を受けて(労働力の軽減のためとも言っていますが)需要に供給が追いつかず、緊急輸入までした加工用のジャガイモに作付け転換してもらいたい、収量を抑える為に移植をやめ、直播にするなど検討をしていますが、このままでは全道の甜菜生産者に影響が出る可能性があります。また畑から甜菜を製糖工場まで運ぶトラック運送業や工場で働く人達、地元の雇用など関連産業への影響も懸念されます。今日、この件で農林水産省と話しましたが、検討中という事で具体的な話はありませんでした。今後もフォローしてご報告します。



2021.08.31
臨時国会の召集が見送り

おはようございます。今日は、政調三役会議から始まりました。臨時国会の召集が見送りになったことへの対応や、政府に対して提案、実現を求めていくコロナ対策について意見交換をしました。一定の期間、国民の皆さんに、外出の自粛やテレワークで働いて頂き、人流を減らす為には、公平で充分な補償が必要である事、更に未だ全国で体制整備ができていないPCR検査、潜在感染者、無症状の感染者を見つけ、行動の自粛を促し、感染を食い止められない限り、いつまで経っても感染は収束しませんので、安心の確保に向けて、引き続き体制整備を求める事、また、ワクチンに対する不安を払拭する為に、信頼できる科学的データに基づく国民への説明が改めて必要です。1000人以上もワクチン接種後に亡くなっているので、本当に因果関係がないのかどうかも納得いく説明が必要です。また、退院後の後遺症への対応や生活の補償、治るはずの他の病気で入院していたのにコロナの院内感染で亡くなった方や自宅療養で亡くなった方、救急搬送でたらい回しにあって亡くなった方、どこがどの様に補償するのかについても、検討していく必要があります。野党第一党として国民の命と暮らしを第一に対策の検討を加速化して参ります。




2 / 344123...最後 »

TOP