徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

活動報告一覧

203 / 241« 先頭...202203204...最後 »
2011.06.03
広報・メディア戦略会議

DSC01640.jpg

民主党農林水産部門 広報・メディア戦略会議では、月に2回の定例会議を開催しています。

本日は、農林水産省のホームページの「こどもページ」のリニューアルについて説明を受けました。
掲載情報を「遊ぶ・体験する」「学ぶ・調べる」「大人と一緒」等に分類し、画像と説明を見やすくいたしました。

身近な作物12種類をクイズや対話形式で、加工品の原材料を当てるカルタ式ゲームで、「森林」「海」「田んぼ」等のイラストとその説明などが新しく追加されたコンテンツです。

下記のURLをクリックするとご覧になれますので、ご活用ください。

           記

http://www.maff.go.jp/j/kids/index.html

 



2011.06.03
ご挨拶

RIMG0004.jpg


てしおがわ土地改良区、富良野土地改良区の方々がご挨拶にお見えになりました・

●てしおがわ土地改良区から榊原一雄 理事長、西尾是人 参事、富良野土地改良区から長尾栄治 理事長、佐々木秀範 参事の方々が来室されました。




2011.06.02
ご挨拶

RIMG0003.jpg


石狩から土地改良区の皆さまがご挨拶お見えになりました。

●篠津中央土地改良区から武田八郎 理事長、内藤三千男 理事、山本俊英 参事、新篠津土地改良区から吉野敬一 理事長、石塚誠 総務課長の方々がご来室されました。




2011.06.01
農林水産部門会議

RIMG0005.jpg


民主党農林水産部門会議は、全国農業協同組合中央会、全国漁業協同組合連合会より「東日本大震災の復旧・復興について」の要望をお受けしました。
また、「原子力損害賠償紛争委員会の第2次指針」「原発被害に対する仮払い状況」「被災地域における農漁協金融の機能強化」「政府備蓄米の運営ルール」等について農林水産省より説明を受けました。




2011.05.31
農林水産委員会

RIMG0002_7.jpg

参議院農林水産委員会は、一般質疑を行い、その後「農林水産省設置法の一部を改正する法律案」と「地方農政局及び北海道農政事務所の地域センターの設置の承認」について、鹿野道彦農林水産大臣より趣旨説明を聴取いたしました。

 



2011.05.30
原発事故影響対策プロジェクトチーム

RIMG0001_5.jpg RIMG0006_2.jpg

原発事故影響対策プロジェクトチームは、日本原子力技術協会の藤江孝夫 理事長より福島第1原発事故から現在に至るまでの「海外機関との連携による安全性向上への取り組み」について説明を受けました。
外務省からは、菅総理が出席した「G8ドーヴィルサミット及び二国間会談における原子力安全を巡る議論」について報告を受けました。
また、福島第1原発事故の対策のあり方について政府への緊急提言を協議しました。

 



2011.05.27
議員総会

RIMG0001_4.jpg

●本会議の30分前に開催され、民主党・新緑風会の国会議員が一同に会します。各委員会から上がって法案の説明や本会議での賛否の確認、報告事項や   提言などを行います。本日は、平成20年度・平成21年度のNHK決算、日韓図書協定、水質汚職防止等の法案の採決です。

 

●参議院予算委員会は、本日午後より原発事故等について参考人としてお呼びした、琉球大学名誉教授の矢ヶ崎克馬氏、一般社団法人日本原子力技術協会最高顧問の石川迪夫氏、長崎大学特命教授の柴田義貞氏、京都医療科学大学教授の大野和子女史の方々から意見を聴取し、質疑を行いました。

 



2011.05.26
農林水産委員会

RIMG0040.jpg


参議院農林水産委員会は、東日本大震災による農林水産関係被害と復興対策について、アグリサービス専務取締役の佐藤富志雄氏、鳥取環境大学教授で京都大学名誉教授の三野徹氏、東京大学大学院准教授の八木信行氏、独立行政法人農業環境技術研究所理事長の宮下?貴氏を参考人としてお招きし、それぞれの意見を聴取した後、質疑を行いました。




2011.05.26
北海道農業会議からの要望

RIMG0027.jpg


北海道農業会議から、東日本大震災の被災農地等の復旧対策、TPP交渉への対応、担い手の育成、経営支援対策の強化、関係予算の確保等の「今後の農業政策等に関する要望」をお受けいたしました。




2011.05.26
鳥獣被害対策ワーキングチーム

RIMG0005_3.jpg


民主党 農林水産部門鳥獣被害対策ワーキングチームは、社団法人大日本猟友会より鳥獣による農林業水産被害や農作物被害等の駆除も含め、猟銃免許の有効期間の延長、射撃の技能講習や医師による診断書添付の免除等の銃刀法得改正の要望をお受けしました。
北海道では、エゾ鹿が約70万頭に増え、12万頭ほどしかハンターによる捕獲はできでいません。
しかし、鳥獣被害の対策と銃刀法改正とに分けて考えなければならない問題です。





203 / 241« 先頭...202203204...最後 »

TOP