徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

原発一覧

2013.06.30
子ども被災者生活支援法 原発被災者の皆さんと意見交換

超党派の議員立法「子ども被災者生活支援法」が施行されてから、一年以上が経つのに未だ基本方針が作られていないのです。
具体的な施策にしていくには、まず基本方針です。政府は12月までにと言っているそうですが、遅過ぎます!住宅支援も来年3月までしか決まっておらず、全国に避難しておられる、まだ、仕事も決まっていない方達は先の見えない不安の中でくらしているのです。原発事故人災です。国が責任を持って、被災者の方達の暮らし、健康などをしっかりと守っていかなければならない、あたりまえのことです。
なぜ、何もしようとしいないのか、私自身も大変に心苦しく、申し訳ない気持ちで一杯です。しかし、粘り強くやるしかありませんから、皆さんと共にこれからも頑張ります。今回は、参議院選挙候補予定者の方達にも来て頂き、被災者の方々の話を聞いて頂きました。支援をしている私達から、他の国会議員、自治体議員にも力になってもらえるように、民主党北海道では、不定期で意見交換の場を設けることにしました。後日、民主党北海道のホームページでお知らせします。
1010035_312509558884198_404263085_n 1011831_312524478882706_1960316475_n



2013.02.15
原子力規制委員会 国会同意人事

昨日、衆議院本会議で自民、民主、日本維新の会、公明党などの賛成多数で原子力規制委員会の田中俊一委員長他、委員の同意人事が可決されました。今日は参議院の本会議が、10時から開かれ、参議院でも可決致しました。昨年、原子力規制委員会が発足するまでは田中委員長の福島県での健康や賠償に関する発言や、過去の経歴から人事は断固撤回すべきであると訴えてきましたが、今回の採決においては、先日、議院運営委員会で直接田中委員長に質問をさせて頂き、再稼働や、存廃の最終判断の際、圧力には屈しない。公正、中立な立場での判断をして頂けるとご答弁頂きましたので、賛成をさせて頂きました。福島からの避難者の方々や、原発再稼働に反対する方々にも、ご意見を伺い、安全規制の新基準に一定の評価をさせて頂きました。これからもしっかりと原子力規制委員会の委員の仕事に注視して参ります。





TOP