徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

BLOG一覧

2012.06.08
総理の記者会見

15時から18回目の国会事故調査委員会が開かれ、東電の清水前社長が参考人でしたので
傍聴して来ました。最悪の事態を想定して、福島第一原発
からの全員撤退を考えていたのか、一部避難だったのか。官邸、東電本店、福島の現
場でどのようなやりとりがあったのか。清水前社長の話はまるで人ごと。とても責任
者の言葉とは思えませんでした。しかも、緊張の場面で全くそれぞれのコミュニケー
ションが出来ていない。そうは思わなかったとか、そう理解したのかもしれないと
か、そういうことを言ったのではないとか。あれから1年以上たっても危機管理体制
は何も変わっていない。絶対、このままで再稼働をしてはいけないそう思いながら会
館の自分の部屋に戻ってきた。6時から総理の記者会見。祈るような思いで見ていた
が、国民の声は総理には聞こえなかったようだ。今日も朝の会議で、安全対策を何一
つやっていないのに、再稼働は絶対やめてくださいと、政治判断する前にもう一度
ちゃんと話し合いをしましょうとお願いをしたのに、総理は再稼働を決めた。電力需
給の問題や、産業の空洞化、電力料金が上がって国民生活への負担が大きくなると
か、柔らかな口調で話しているが内容は脅しだ!学者を集めて炉の安全や、サイトの
安全を確認する作業を何十回やったって、国民は納得しない。シビアアクシデント対
策に、人々の命を守るための対策に必死に取り組まない限りは、政府の判断は誰にも
理解されない。福島の人たち、全国に避難している方々の事を思うと胸が苦しくな
る。党の多くの国会議員の意見を全く無視していると言っても過言ではない総理の、
政府のやり方は絶対に認めない。



2012.06.06
大飯原発3、4号機再稼働に関して官邸に申し入れ

昨日、16時30分より原発事故収束対策PTの荒井座長を中心に約20名の衆・参国会議

員で「大飯原発3、4号機の再稼働に関し、なお一層慎重に判断する事の要請」で集

めた117名の署名を持って官邸に申し入れに行きました。斎藤官房副長官が対応して

下さり、人の安全対策が何も出来ていない中での再稼働はやるべきではないと必死に

訴えてきました。また、今日は3月から与野党協議を積み重ねてきた「東京電力原子

力事故により被災した子どもをはじめとする住民等の生活を守り支えるための被災者

の生活支援等に関する施策の推進に関する法律」短くいいますと「子ども・被災者支

援法」がまとまりました。これから、成立に向けてさらに努力をし、成立した後は理

念の色が濃いこの法律に基づき、一つ一つ具体的な支援をかたちにしていかなければ

なりませ

ん。この法案は福島県の方々に限らず、被災者の皆さんの希望の法案です。今日の日

に到り、ホッとしたと同時にますます頑張らなければと身の引き締まる思いです!



2012.06.05
放射線医学総合研究所視察

行政監視委員会の視察で、千葉県の放射線医学総合研究所に視察に行って来ました。 1957年奇しくもIAEAが発足した都市に放射線総合医学研究所も発足しています。 国内では初めての速中性子線がん治療研究や、PET装置の開発、陽子線がん治療研究開始し、1984年には重粒子線がん治療装置開発を開始、1994年には世界で唯一重粒子線がん治療を開始。今日までに重粒子線がん治療患者は6,000名を突破しています。

福島第一原発の事故が起きた後17時間30分後には陸上自衛隊ヘリで緊急被曝医療派遣チームを福島に派遣。患者搬送の司令塔的役割を担い、小児甲状腺測定の助言やスクリーニング体制の構築、傷病者の放射線管理指導などを行いました。

また、自治体や住民への放射能による健康被害についての説明会を500回以上も行ってきたそうです。福島第一原発の事故以降、これから放医研の研究データは世界的にも注目されるものとなるでしょう。組織、人材、予算としっかりと国が支えていかなければならないという事を強く感じました。



2012.06.04
週末の活動

金曜日は、総理の大飯原発3、4号機の再稼働に関し、なお一層慎重に判断する事の 要請に対して、民主党の衆・参国会議員から署名を集めたり、新政研の原発エネル ギー勉強会からの緊急提言を作ったりと遅くまで作業に追われ札幌に戻れず、土曜日 の午後戻りました。そして、北海道歯科医師連盟との政策懇談会が行われ、所得税や 優遇税制の事、消費増税による影響やTPPに関する事など、じっくりと意見交換が 出来ました。

日曜日は朝から、陸上自衛隊・真駒内駐屯地で北部方面隊第11旅団創立 4周年、真駒内駐屯地開庁58周年の記念式典が行われ式典にてご挨拶をさせて頂きま した。式典に続き、訓練展示が行われ、駐屯地に駆けつけた地域の方たちや市民の皆 さんは実戦さながらの迫力に、日頃の訓練がどんなに厳しいものかという事を実感し 大きな拍手が送られていました。これからの日本の国の在り方を考える上でもこうい う機会をもっと子どもたちに対して作っていかなければならないと思います。東日本 大震災の被災地で子どもたちは初めて自衛隊の活動を目の当たりにし感動し、理解 し、自分も大人になったら自衛官になるんだ、人を助ける仕事がしたいと目標を持っ た子どもたちが沢山いることでしょう。大人や社会がある一定方向の考えを子どもた ちに押し付けるのではなく、自分で見て感じて考えることを、その機会を作る事が大 人のしなければならないことなのではないでしょうか?

 

 



2012.06.01
大飯原発再稼働について

今日の朝日新聞に、経済産業省が東京電力から家庭向け電気料金の値上げ申請を受け
る前の4月に「9月1日」までに値上げというシナリオを作っていたことが記事になっ
ています。しかも、経済産業大臣の振り付けも書かれているのだ。「6月上旬の公聴
会の後、(頂いた意見等も含め、徹底的に審査を行う必要があることから7月1日の改
定実施予定日は遅らせる)と大臣から表明いただくのが一案」というもの。しかも
「十分に時間をかけて審査を行った。夏季の需要期の値上げを回避し国民の負担を軽
減するため、実施日は8月1日、または9月1日とする」としている。電気料金の値上げ
は電力会社が決めて、申請するのではなく、経済産業省が日程案を作成していたとは
呆れてしまう。結局政府はすべて官僚の描いたシナリオにうまく洗脳され乗せられて
いるだけなのか。色々な会議に出ていると、そのことがよくわかる。

大飯原発の再稼働、我々民主党内の原発収束対策PTの活動や、慎重な立場の国会議
員の声が届いたのか一端は先送りとなりました。あとは電力の供給不足の問題や節電
対策などしっかりと取り組み、国民の皆様にもご協力頂きながらこの夏を乗り越えら
れれば、後はしっかりと安全対策を実施し、周辺立地自治体の方々の生活の問題も考
えながら、廃炉への道を歩いていく・・・と積み重ねてきたものが、一昨日の4閣僚
会合で細野原発事故担当大臣から関西広域連合との会合についての報告を受けた野田
総理は「関係自治体から一定の理解を得られつつある。福井県とおおい町の判断が得
られれば、私の責任で最終判断したいと」と手続きが一気に進む事になった。残念で
ある。怒りでいっぱいである。福井県とおおい町に投げられた球が戻ってくるのは数
日のうちだろう。時間はないが、じっとはしていられない。昨日、今日で

「再稼働は慎重に」と賛同者の署名を衆・参の民主党の国会議員から集めている。ま
た、超党派の動きも起きている。来週は集会を開く事も予定している。しかし、政治
判断と言うものは、あくまでも国民の利益を考えて行われるものであろう。国民を不
安と絶望に陥れるような政治判断がされてしまう事が私にはまったくもって理解でき
ない。



2012.05.22
新潟へ

荒井代議士が中心になって、新潟へ国営かんがい排水事業と小水力発電の視察に行ってきました。海抜0メートル以下の土地が約2割を占めるという低平な水田地帯であり新潟県内でも有数の優良農業地帯となっている新川流域地区に行きました。排水機場を視察しましたが老朽化に伴う維持管理費の増加により、新川排水機場、新川河口排水機場は施設維持が困難な状況にあり、国営かんがい排水事業を使って施設の改修が行われています。

その後、亀田郷へ。水との戦いで苦労を重ねてきた地域の中核となってきた亀田郷の土地改良区の皆さんと懇談。その苦難の歴史を記録した映像を拝見し、改めて自然と闘ってきた農業者の大変さを考えさせられました。亀田郷は新潟に隣接する都市近郊農村地帯で水田率約80%の水稲単作地帯。その面積の2/3が−標高地帯であり、かつては「芦沼」と称されるほどの常習的冠水地帯でした。

このような悪条件の地を乾田化し、安定した農業の生産基盤へと変えたのが土地改良事業でした。最後は内の倉発電所へ。貯留水を放水する時の落差と使用水量を利用して発電を行うもので最大出力は2,900KW。豊かな自然に囲まれた美しいダムでした。発電施設の中を見学させて頂きました。かんがい用水などの放水設備を利用しての小水力発電の造成は、これからはどんどん取り組むべきでしょう。

 



2012.05.22
札幌の週末

18日は札幌で生保労連主催の北海道地区「第13回くらしと生命保険を守る会」が開か れ、横路衆議院議長と私と、組合のみなさまと懇談をさせて頂きました。会には長い 間、保険の販売をして多くの方々の安心を支えてこられたベテランの生保レディーの 方々も出席。生保労連初めての女性推薦議員として、主に女性の味方となり、働く環 境を守るために協力させて頂きます! 土曜日は、JR北海道労組OB会の定期総会に出席。ご挨拶をさせて頂きました。その後、あったかいどう北海道の湊さんと、被災 者の方々の今後について色々とご要望を頂きました。湊さんは、本当に心から避難者 の方々を想い、福島県にも何度も足を運び、一生懸命活動しておられます。この夏の 子どもたちのリフレッシュキャンプについても何とかお支えできるように頑張りま す。

その後、向井道議からの要請で放課後デイサービスの問題等でNPOぶどうの木 さんにお邪魔し、子どもたちの様子や取り巻く状況、また行政手続きや法の問題点に ついて先生方からご意見を頂きました。

夜は、札幌ドームでのMr.childrenのコンサートに行って来ました。八雲の酪農家の水野姉妹(以前ブログでご紹介した)と合流 し、小林武史さんのご招待で久しぶりのライブ。ミスチルパワーを頂きました!(途 中で抜けなければならず残念でしたが・・)小林さんは北海道の食に関心が深く、ま た、ご自身も木更津で農業法人を営んでおられます。北海道と本州を繋ぐ、小林さん とはそんなご縁になっていけばいいなと思っています。ライブ終了後、皆で食事をし ながらゆっくりと語り合いました。

翌日は、子どもたちとジンギスカン。昨年に続き声をかけて頂きました。事情があって親と一緒に住めない子どもたちが協力し合って 暮らしています。元気な子も沢山いますが、暗い目をした子供たちもいます。この子 たちが嬉しいなとか、楽しいなと感じてくれる瞬間が少しでもたくさんあるといいな と思います。札幌国際短編映画祭に市長にお願いして、毎年施設の子どもたちを招待 しています。今年もまた、招待したいと思っていますし、映画を観ることによって夢 を持ってくれたらいいなとそう願っています。子どもは本当にかわいい。子どもたち の幸せと未来は私たち大人の責任です!





2012.05.17
沖縄返還40周年記念式典へ

5月15日、私は沖縄及び、北方問題特別委員会のメンバーですので、沖縄返還40周年記念式典に出席いたしました。1972年の5月15日、沖縄の本土復帰から40年。復帰により米軍基地撤去が進むという県民の期待は裏切られるような形で、今も日本の国土の0.6%の面積に米軍軍用施設の74%が集中しているのです。

野田総理は記念式典での式辞の中で「5月15日は鎮魂と平和への決意を新たにする日だ。先の大戦で奪われた多くの尊い命。終戦後も占領下におかれた沖縄県民のいわれなき苦しみ。沖縄の苦難をかみしめ、平和で豊かな未来を願った先人の事情を忘れてはならない。」と話されました。

式典の後の祝賀会では沖縄出身の歌手、夏川りみさんが島の歌を唄い、沖縄伝統の踊りや空手の演舞、また子どもたちのヒップホップダンスなどが披露され、沖縄の絆の深さとパワーを感じました。日帰りの強行スケジュールではありましたが記念すべき式典に国会議員として参加できたことは大変に貴重な経験だったと思います。

 



2012.05.17
スカイツリー 5月14日

高さ634メートル、世界一の電波塔を誇る東京スカイツリーにオープン前のお披露目

でご招待頂きました。高所恐怖症の私はどうなることやらと不安な気持ちでエレベー

ターに乗り込み350メートルの高さまで。分速600メートルの速さ、あっという間

に到着。さらに445メートルまでエレベーターで上がり、そこからは歩いて展望回廊

を上がって行きます。緩やかなスロープが続き、眼下には今まで見た事もない広い範

囲の東京の夜景が広がっています。しっかりした建物なので、それと高すぎてむしろ

リアリティーがなく、高所恐怖症でも怖くありませんでした。写真ではなかなかその

高さがわからないので残念ですが、皆さんも機会があったら是非、登ってみてくださ

い。5月22日、グランドオープンです!

 



2012.05.17
寒い週末でした!

 

我が家の町内はこの時期、八重山桜が通りの両脇にきれいに咲いています。ところが

急に気温が下がったので桜の花も心なしか元気がない感じです。

私は、土曜日、中国総領事館で行われたこの時期恒例の桜を見る会にお招き頂きました。中国総領事館は

私の自宅から歩いて3分。初めて中に入らせて頂き、念願叶いました!許金平領事は暖かく、とても親しみやすいお人柄で楽しくお話しをさせて頂きました。水餃子をご馳走になりましたが大変に美味しかったです。外交も本当に人と人との関わりの積み重ねだなとつくづく感じます。国どうしは様々なかけ引きも、複雑な問題もあるかもしれませんが、人と人は国境を越えて信頼や、思いやりで繋がるものです。ご縁を大切にして参ります。

向井道議と久しぶりに街頭演説をさせて頂きました。気温も低く、強風の中、家の中で耳をすまして聞いていて下さる方がいることを願いつつ、消費税増税について、TPPについて、そして、原発再稼働について党内の動きと私の考えをお話しさせて頂きました。

その後、歯科技工士会の観桜会に出席、ご挨拶をさせて頂きました。保険歯科医療の技工士さんの所得水準が低く見積もられていることなどにより離職者が多く、若い人のなり手がいないという深刻な状況です。国家資格の全国統一試験のことも含めて技工士さんたちの働く環境整備をしっかりとやらなくてはなりません。

日曜日は、国道230号線、中山峠の土砂崩れの現場視察に行って参りました。流通や観光に大きな影響が出ていますし、後志方面からの救急搬送にも重要な道ですから一日も早い復旧が求められています。今年は積雪量が多く、一気に気温が上がった事と、連休の大雨の影響で北海道のいたるところで土砂崩れが起きまし

たが、大きな事故につながらなかった事にホッと胸を撫で下ろすばかりです。天候にもよりますが2週間ほどで復旧の見込みだそうです。作業にあたっている皆様、お疲れ様です。

 

その後は、石狩に向かい、5区の青年局の本間市議、内山市議と一緒に街宣活動。久しぶりに石狩の織田道議にもお逢いしました。

 

                    ★ 中国総領事館にて

 
                   ★ 向井道議と北区内街頭演説
 
                   ★ 北海道歯科技工士会観桜会で挨拶
 
                   ★ 中山峠復旧工事現場視察
 
                   ★ 5区管内街頭演説





TOP