徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

BLOG一覧

2012.04.09
週末の北海道

金曜の午後、東京は桜が八分咲き。気持ちの良いお天気でしたので、コートを持たず

に札幌に帰りました。「しまった!」と思った時にはもう飛行機の中。札幌に到着す

ると幾分気温も上がってきているとはいうものの、まだまだ雪は解けず風も冷たい。

今の季節は東京と札幌のギャップが大きいです。この違いは本州の人たちにはわから

ないでしょうね。

「のりゆきのトークDE北海道」終わりました。17年に渡る長寿

番組、関係者の皆様、本当にお疲れさまでした!グランドホテルで行われたお疲れ様

会にお招き頂き、久しぶりに懐かしい方々にお逢いしとても嬉しかったです。私も

トークのリポーターをしていた15年は子育てをしながら、朝に夜に本当に働きまし

た。仕事も自分自身の人生においても、多くの貴重な経験を良くも悪くもさせて頂き

ました!この事は私の生涯の宝ですし、あの時期があったから今の私があると感謝し

ています。佐藤のりゆきさん、本当にお疲れさまでした。

その後、北海道商工連盟の打ち合わせに合流。小川参議も同席しておられました。土曜日は、5区の中前茂之さんと社会保障と税の一体改革の車座集会で意見交換。その後、5区間内を江別の本間

市議会議員、内山市議会議員と三人で街宣と街頭演説会。また、街宣車を止めて農家

を回り、数件で意見交換をしてきました。豪雪被害への対応やTPPの問題。野田政

権へのご批判など、貴重なご意見を頂きました。

昨日は、市立三笠高等学校の開校式と入学式にお招きいただきました。道立の三笠高等学校が閉校になり、なんとか歴史あるこの高校の存続を求めていた三笠市は、市での学校運営を決め、食のエキスパー

トを育てるための専門高校を開校。道教委などからは、開校にあたって否定的な意見

が多かったようですが、市外からも多くの応募があり、初年度の倍率2.4倍、中学

の内申でAランクの生徒の志望もあったという事で、時代の感覚や親御さんや子ど

もたちの考え方や価値観の変化をしっかりと捉えチャレンジしていく勇気を私は素晴

らしいと思いました。40名の生徒によって新たな歴史が始まります。三笠高等学校

の先生方のご努力とそして、生徒たちの大きな可能性の開花を心から祈念します。

今日はさきほど、議員会館に入りました。東京は今日は20度近くまで上がるようで

す。暖かい。桜満開です!

午前中は、空知農民連合の事務所にお邪魔し、そこから豪雪でつぶれたハウスを視察していました。まだまだ、雪解けは先といった感じで、農家の方々は壊れたハウスの撤去、立て替え、水稲やその他の作物の育苗の時期が重なり、これから大忙しです。本当に農家の方々のご苦労には、頭が下がりますし、感謝の気持ちで一杯です。ハウスの被害に対する何らかの補助金等は、厳しい状況ですが

引き続き検討して参ります。



2012.04.02
宮谷内町長ありがとうございました。

民主党北海道第5区総支部の定期大会にお招き頂きました。意見交換の場で増税に関して、また党運営に関してご質問やご意見を頂きました。できうる限りお答えをさせて頂きましたが、やはり3週間に渡る8日間、約50時間の議論の内容を皆さんに見える形でお伝えしなければなりません。急いで作業に取りかかろうと考えています。昨日は、蘭越に行って来ました。蘭越町で運営している、共同育苗施設をどうしても見たかったのです。新年度のスタートを控えて、役所は大忙し。日曜日と言えどもほとんどの職員の方々は役場に出てきて仕事をしているだろうと思いましたので、こっそり見学に行く予定で突如おじゃましたのですが、わざわざ宮谷内町長が来て下さり、ご説明して頂きました。水稲農家の負担軽減のために大きな役割を担っている施設です。農家の高齢化、効率化を考えるとこれからこういう施設が必要だと強く感じました。もみの殺菌から芽だしまでの期間、農家の方々に代わって作業をしています。あと2週間ほどしたら本格的に作業が始まりますから、またその頃見学に行こうと思っています。



2012.03.28
消費増税法案

今日の毎日新聞を読んでいて、ここまでマスコミの報道は偏向していていいのかと愕

然とした。私も30年間メディアで働き、メディアの問題点はよくわかっているが、

政治に関してまでこんなに実際と違うニュアンスの報道がされているのかと、永田町

で働くようになってから驚く事ばかりだ。昨日というか、今日の午前2時突然、前原

政調会長がマイクを握り話しだした。「・・・・ということで、ご一任頂きたい。」

何だこれはと驚いているうちに、執行部の皆さんは一斉に席を立つ。抗議の手が上

がっても、無視。慎重派は前原政調会長を取り囲み、議論を続けるように申し入れ

る。しかし、無視。前原政調会長を部屋の外に出そうという推進派の議員と、絶対に

帰してなるものかという慎重派の議員がぶつかる。しかし、結果は・・怒りと、虚し

さと、言いようのない悲しさが襲ってくる。この8日間、慎重派の議員が中心になっ

て本当に素晴らしい議論を続けてきた。常に苦しい暮らしをしている低所得者、中

小、零細企業の方々の生活。私も、日本の中で起きている深刻な社会問題について訴

え、やる事の順番が違うと話してきた。世の中は、いつものようにメディアと政府の

広報により、「増税しないと日本の国はもたないんじゃないか、仕方がないよね。」

というムードになってしまっている。冷静に考えて下さい。8%、10%、今までに

ない大増税法案です。生活に関わるすべてのものが、倍の消費税になるんですよ。国

民健康保険料も、介護保険料も上がり、ガソリンや灯油も高騰し、電気代も上が

り・・。政府広報が真実なのかどうか、そのことの確認もしないままに、仕方がない

と諦めて本当に後悔しませんか?昨日の事、毎日新聞の記事を検証します。まず、小

沢グループ徹底抗戦という見出し。増税に反対なのは、小沢グループの議員だけでは

ありません。しかも、増税そのものに反対している訳ではなく、今やる事は、景気の

回復、震災復興、社会保障に関する現状の調査(不正受給や、滞納、未納)、行政改

革、そして、皆さんとお約束した議員定数の削減などではないですかと、国民との約

束を守らず、なぜ今月中の閣議決定を急ぐのですかと。もっと、もっと、国民の生活

に負の影響が出ないように皆で考えましょう。2014年4月の増税だったら、他に

やらなければいけない事が山積しているのだから、何も今やらなくてもいいでしょう

という事を言っているのです。やみくもな反対だったら、8日間、40時間以上の議

論が持つわけがないでしょう。

「一任しない」という署名も突き付けてなどいません。川内議員が丁寧に文章を読み

上げて、「ちゃんと最後まで議論しましょう。十分な議論も出来ていないのに一任、

打ち切りは止めて下さい。」とお願いして一人一人が思いを込めて署名したペーパー

をきちんとお渡ししました。民主党は割れているのではありません。国民の生活の現

場がわからない人たちに、わかっている議員たちが必死で、苦しんでいる人たち、こ

れから消費増税によって苦しむであろう方たちの姿を伝えています。そして、財務省

の言っている事がいかにごまかしか、政府の皆さんに目を覚ましてもらいたいと、元

官僚の議員や金融関係の出身の議員たちが説明をする。大事な作業です。時代は大き

く変わっています。社会の環境も、人々の生活も、考え方も。こういう時代だから、

間違った政治を行わないように議論したり、ぶつかる事は大事な事です。民主党政権

になったからできていることなのです。どんな議論をしているか皆さんに、お見せし

たい。見て頂けたら、聞いて頂けたら、頑張っている民主党の若手の議員たちをきっ

と応援して頂けると私は思っています。

 



2012.03.27
農林水産委員会

後先になりましたが、3月22日農林水産委員会にて60分間、質問をさせて頂きま

した。北海道における豪雪被害とTPPに関して、そして、酪農・畜産。特にこの日

は食料・農業・農村政策審議会の畜産部会が開かれ、加工原料乳の補給金単価、生産

限度数量、肉用子牛の補償基準価格などが決まる日でしたのでその関連で質問でし

た。補給金単価は12円20銭、限度数量は183万トンとなりました。厳しい状況

の中、農林水産省、政府の皆様には本当に頑張って頂いたと思います。生産現場の皆

様の意欲に少しでも繋がればいいなと心から思います。翌日の農業新聞に記事が載り

ました。農家の皆様にはご覧になって頂いたでしょうか?TPPの問題は、ある先輩

議員が「ただ反対だと叫んでいられればこんな楽な事はない!」とおっしゃっておら

れましたが、叫び続ける、声を上げ続けるという事は大変な事。山田前農林水産大臣

と共に頑張ります!

P1000083  P1000169

 P1000135 P1000145



2012.03.26
瓦礫の受け入れについて

札幌市の上田市長が瓦礫を被災地外に持ち出す広域処理への疑問があるとして、受け

入れをしない事を表明しました。被災地の復興のためにも全国の自治体が協力して瓦

礫処理を行う、同じ日本人として困っている人たちを助けるのは当然の事。自分たち

の事ばかり考えて痛みを分かち合えないとは何事だというご批判が沢山寄せられてい

ると聞いています。

私は市長に、受け入れないと表明したからにはそれを貫いて下さいと申し上げました。岩手県や宮城県の瓦礫は汚染されていない安全な瓦礫ですと政府は言っています。国の安全基準を下回ればそれは安全と言えるのかもしれません。

しかし、低線量被曝が環境や人体にどんなに影響があるのかは解明されていません。

汚染のないところに例え低い線量であっても被災地の瓦礫を持ちこむ、しかも焼却する事には大きな不安を持っています。一番良いのは被災地で、かさ上げや、海岸防災林を作る基礎に使う(木の根が土中の瓦礫を巻き込んで、強風や波に強い防災林ができるそうです)ことです。廃棄物の専門家に言わせれば、被災地に機材と専門家を送り込んで、瓦礫を種分けすれば復興のための資材として再利用できるものが沢山あるというのです。

リスクと費用を使って全国に拡散することが果たしてベストな選択なのでしょうか。受け入れる自治体はしっかりと独自に線量を計って下さい。そして、なるべく焼却しないでください。焼却灰にすると線量はぐんと高くなりま

す。

札幌は、福島や、関東の線量の高いところから避難してきている人が沢山います。皆さん、瓦礫の受け入れには反対で、札幌市長の考えを大変に評価しています。避難して来ている人たちには北海道は希望の大地なんです。放射能に怯えずにすむ、安心な食品が食べられる。北海道は日本の食糧基地なんです。その責任と役割を守るという事をしっかりと考えて頂きたいと思います。札幌市は被災地から避難してきている方たちのサポートをしっかりとしています。被災地への支援はそれぞれが、それぞれの形で行う事に私は意義があると思っています。マスコミ世論に流されず冷静に判断していくことが重要だと思います。

週末は苫小牧に行って参りました。昨日は、小樽にて鉢呂代議士の政策セミナーに出席。横路議長が講師でした。今日は朝から、予算委員会に出席。午後には沖縄北方特別委員会があります。そして、6時からは消費増税法案に関する議員間議論、7回目になります。今日も夜中までかかるのでしょう。



2012.03.20
週末は・・

一週間が本当に早い。びっしり会議に追われているとあっという間に1日が終わる。

16日は社会保障と税の一体改革で法案の中身について議員間議論が行われた。6時

から11時半まで激しいやり取りがあった。民主党らしい(皆さんはどう思っている

かわかりませんが・・)いい議論だったと思います。増税に慎重な私たちはあくまで

も国民目線で、低所得者、中小企業経営者、自営業者の実情を必死に伝える。政府

は、財務省は全く説得力のない説明を繰り返す。なぜ、今、増税なのか?TPPなの

か?被災地の生活や、仕事のない若者の事、日本の貧困率を考えても、増税が税収

アップだと考えるのは絶対に間違っている。

今やるべきことは景気対策だ。景気が良くなる政治的な仕組みに、皆で知恵を絞るべ

きなのではないかと思う。17日、朝一番で札幌に帰る。平成24年度北海道地方郵

便局長会通常総会にお招き頂いた。横路議長、小平代議士、佐々木代議士、山岡代議

士、小川参議、大地の浅野代議士、そして私。全道の郵便局長さんたちの前で、郵政

改革法案、今国会成立を目指す決意をお話しさせて頂いた。その後、山崎代議士の政

策セミナーへ。櫻井参議が講師でいらしていた。大変にわかりやすくおもしろい講演

だった。翌日は、荒井代議士と避難者の方々、また、避難者を支援している方々と懇

談。PTの第二次報告を大変に評価して頂いた。荒井代議士も暖かい人柄、そして行

動力もあり、素晴らしい国会議員だと心から尊敬する。一緒にPTで仕事ができて本

当に幸せだと思っている。被災者支援法も、各党と協力して1日も早くまとめたい。

 



2012.03.13
TPPを考える国際シンポジウム

昨日は、街頭演説やデモ行進に全国から多くの方がたにご参加頂きありがとうございました。

韓国、ニュージーランド、米国からお招きした学識者や議員の方々にご講演頂いたシンポジウムには会場一杯の1,300人もの方々にご参加頂き、重要なご意

見やご指摘も頂きました。あらためてアメリカの国策の恐ろしさを感じ、日本政府の間違いを何とかして阻止しなければならないと参加した多くの方たちが思いを一つに

しました。

まだ、日本の国民の八割がTPPについてよくわかっていません。TPPが国民の多くの人たちの生活に影響するという事。アメリカが日本に求めてくるものは貿易ではない。国内法や規制を米国にとって都合のよいものに変えてしまい、米国企業が日本を市場に大きな利益を得るために利用されるだけ。日本にとってメリットは何もない。NAFTAや米韓FTAというモデルがあるにも関わらず、なぜそこから学ぼう

としないのか。TPP反対と声を出し続けます!

 

シンポジウムの動画はこちらよりご覧になれます。

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/5338



2012.03.13
3・11札幌にて

3月8日、東京渋谷でロックの会の集まりがありました。原発を無くそう、命を守ろうと様々な分野の人たちが集まって意見交換をしています。この日はアルピニストの

栗城史多君、大竹しのぶさん、森本こうじさん他、著名な方々や民主党の福山前官房副長官も参加してました。私はTPPを考える国際シンポジウムの宣伝をさせて頂き

街頭演説やデモへの参加を呼びかけさせて頂きました。翌朝、早朝の飛行機で札幌に

帰って来て、立正佼成会の創立74周年の祝賀会に出席させて頂きました。

午後は、JA石狩、後志の皆様が開いたTPPの報告会で、自民党の町村議員、長谷川参議、我が党の山岡衆議、私と10分ずつ報告をし、その後、会場の皆様と意見交換をさせて頂きました。党派を超えた熱い意見交換会で、TPP阻止、改めて頑張ろうと心に誓いました!3月11日、大通り公園での原発反対の集会に向かう。がんセンターの西尾先生が低線量被曝について心配される事を話している。小学生がしっかりした口調で「私たちには行きたいところも、したい事も沢山あります。大人の皆さん、私たちの命を守って下さい。」と訴える。切なかった。組合や市民運動家だけではない。お母さんやおばあちゃん世代の小さな集まりで沢山参加している。「孫のために闘う!」「日本の未来を守る責任が私たちにはある」など手作りのプレートを持って集まっている。

デモ参加者は数千人単位だろう。デモ参加者を見送りながら「日本の国はいつからこうなってしまったのだろう」と涙が出た。原発は本当に取り返しがつかない。電力の受給の問題で考えてはいけない。安全と命の問題だ。その後、市民ホールへ向かう。桜台の宍戸さんやみちのく会の本間さんが1年を振り返るスピーチをした。「北海道は私たち避難者にとって希望の大地です。原発は止めて下さい。

瓦礫は受け入れないで欲しい。北海道の環境と安全、安心な農作物や水産物を守って下さい。」心に響いた。その後、コンベンションセンターに。第5回あったかいどう北海道が開催され全道から避難している人たちが集まっている。交流イベントだ。道の職員や札幌市の職員、NPOの人たち、皆のあたたかい想いに包まれたイベントだ。追悼式も行われた。高橋はるみ知事も初めて避難者の皆さんに逢いに来てくれた。給食のモニタリングや、原発廃止を訴え、苦渋の選択の中、瓦礫の受け入れをしない方針を決めた上田札幌市長の挨拶のときには何度も会場から拍手が起きた。2時46分、黙とう。被災地のお逢いした方々の顔が浮かぶ。一日も早く、みなさんに笑顔が戻りますように。



2012.03.08
TPP交渉参加絶対阻止

TPP交渉を阻止するための街頭演説会、デモ行進、国際シンポジウムが、来週月曜日、火曜日と開かれます。一般の方々には是非12日の街頭演説会、そしてデモ行進に参加して頂きたい!詳細はご確認ください。土曜日は札幌でもJA石狩地区の反対集会が開かれ出席させて頂きます。日本らしさと、安心の食を、日本の農家をみんなで守りましょう。4月までが正念場です。運動の輪を広げて行きましょう。ツイッタ―で広めて下さい!

PDFダウンロード



2012.03.07
福島へ行って来ました。

月曜日、郡山市に行って来ました。町民が全員避難をした、富岡町の方たちが暮らし

てる仮設住宅のエリアに作られたコミュニティーセンター「おだがいさま」にうか

がい施設の説明をして頂いた後、職員の方と意見交換。さらに集会所に移動し、富岡

町の高齢者の方々と本音での意見交換をさせて頂きました。札幌にもたくさんの福島

の方たちが避難してきている事、母子避難が多く、みんな子どもを守らなければなら

ないと必死の思いでの避難ではあったけれど、故郷を捨てて来たというような後ろめ

たい想いや、郷愁の念、帰っても受け入れてもらえないだろうという不安感のなかで

必死に慣れない土地で頑張っているんだというお話しをさせて頂きました。帰りがけ

にあるおばあちゃんが「札幌に避難している人たちにでかしたと言ってあげて欲し

い。故郷を捨てたと批判している人も、本当はわかっているんだ。できる事なら自分

も県外に出たいけれど、それができない人もいる。お互いが理解し合わないとね。子

どもを守るためにがんばったね。心配しないで、帰れる時が来たら帰ってくればい

い。みんなわかっているから・・。」と言っていました。思わず、涙が出ました。

今、私たちは被害者保護法案を作ろうとしています。被災者の権利や、健康管理、生

活支援など、被災者の方々の声を反映させる法律です。その為に郡山に行って来まし

た。大学生とも意見交換をしてきました。郡山市長さんもお忙しい中、お時間を作っ

て下さりお話しをさせて頂きました。皆さん、ありがとうございました!原発事故収

束対策PTでも、3・11に第二次の提言を政府に対して致します。リニューアルす

るホームページに掲載致しますのでご覧になって下さい。





TOP