徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

BLOG一覧

2012.03.05
佐々木代議士と共に・・

土曜日は美瑛町農民連盟の第64回の定期総会にお招き頂きました。いつもあわただし

く、ご挨拶をして立ち去るので、皆さんとお話もしたいと思い、最後まで参加させて

頂きました。ご質問やご意見ありがとうございました。TPP交渉参加と消費税増税

の問題は、国論を二分する大きな問題です。北海道には北海道の事情がありますの

で、皆さんの思いを反映すべく運動して参ります。

 

美瑛から旭川に向かいました。

「ささき隆博ふるさとの集い」に出席。小川参議院議員と、それぞれ支援者の皆

様の前でご挨拶をさせて頂きました。いつものことながら暖かい雰囲気の集いで「頑

張ってください!」の声を私にもたくさん頂き感謝の気持ちで一杯です。

 

翌日は、北口道議会議員と一緒に、地域の酪農家の方たちに飼料を提供しているディリーサポート

センター士別(TMRセンター)に伺い、酪農の現状や、後継者の問題、新規就農の

問題、また新たな取り組みについて、お話しをじっくり聞かせて頂きました。ありが

とうございます。大変勉強になりました。

 

その後、佐々木代議士の後援会の佐藤さん

のお宅と中田さんのお宅にご挨拶に伺った後、久しぶりに丘の上のサホークを食べさ

せて頂ける「羊飼いの家」にお昼ごはんを食べに行きました。ちょうど青年会議所主

催のスノーチューブの大会が行われていました。お天気も良く、すばらしい景色の中

子どもたちの元気な姿を見て、久しぶりに楽しい気分に。息子とスキーに行ったり、

ボブスレーを滑ったりした若き日が懐かしく感じました。

Read the rest of this page »



2012.03.02
お疲れ様です!

酪農の補給金単価と限度数量が間もなく決まります。連日北海道から酪農、畜産関係者の方々が会館にお見えになっています。TPPや増税など先の見えない不安感から離農する方々が増えています。365日生きものと向き合う仕事ですから休むことなく

働いておられます。東日本大震災の影響や、飼料の高止まり、燃料や資材の値上げ懸念。

実際、所得は20%ほど下がっているそうです。7割以上の方々が大きな借金を抱えています。私たちはそういう方々の大変なご苦労の上に安心、安全で美味しい牛乳を飲み、乳製品を頂いている事に感謝をし、それぞれが北海道の農家を守るために何ができるか、その意識を持たなければなりません。TPPで外国の安い農産物が入ってくる事を良しとしてはいけないという事を色んな角度から考えましょう。世界の中で人口が減少しているのは日本だけです。

人口はどんどん増えていますし、新興国の方々はすさまじい経済成長の中で食生活もどんどん変わっています。お金があっても食べるものが手に入らないなんていう日がすぐそこまで迫ってきていることを、危機感を持って意識して下さい。国内自給率を上げなければなりません。日本の農業者を守らなければなりません。

先ほど、農民連盟の皆さんと仲野政務官に陳情に行って参りました。これから、北海道に帰り、週末は美瑛、旭川、名寄。

日曜日に東京に戻り、月曜日は一日、福島に行って参ります!



2012.02.29
先週金曜日は

先週金曜日は、見付函館市議会議員の新年交礼会にお招き頂き、ご挨拶をさせて頂きました。東京から函館に飛び、帰りはJRで札幌。到着したのは11時45分。疲れきって帰宅。 翌朝は、農林水産委員会で競馬法の担当になったので馬産地日高に伺い、生産の現状についてお話しを伺い、その足で地吹雪の中、視界がほとんどない状態、命がけ!?で襟裳岬にある、襟裳漁協さんに行って来ました。役場の方、漁協の方、漁師さんたちが集まって下さり、ゼニガタアザラシによる水産被害について現状を伺いました。環境省のレッドリストに載っている希少動物にゼニガタアザラシも襟裳では増えすぎて有害海獣になっています。定置網に入って魚を食い散らし、大変な漁業被害となっているんです。襟裳の漁師さんたちは駆除ではなく共存をしていく為にも、適正個体数の管理、維持が必要ではないかと訴えます。私も環境省にその事を伝えさせて頂きましたが、色々と模索しながらも漁師さんたちが望む方向性で動き出してくれるようです。(下に続きます)









 

翌日は朝、千歳から青森空港に入り、原子力事故収束PTのメンバーで原燃幹部との意見交換、六ヶ所再処理等施設の視察をさせて頂きました。ガラス固化技術の課題と対策、再処理の現状、福島第一原発の廃炉、クリーンアップについてなど大変に有意義な視察でした。(下に続きます)

 








 

全然関係ありませんが、私がご飯を食べに行く札幌の喜び屋さんの常連わんこです!せくお君と言います。癒されてください!また、最近ハマっている札幌の事務所の裏の松井ビルの地下にあるラーメン逍遥亭の味噌ミルクラーメン、カマンベールチーズが程良く溶けて美味しいんです。写真ご覧になってよだれ垂らして下さい!





2012.02.22
視察

2月18日、札幌中央地区郵便局長会総会が行われ、ご挨拶の時間を頂きました。郵政
改革関連3法案は3党協議の実務者レベルで大方合意。今国会で何としても成立を目指
します!日曜日は札幌に避難してきている桜台の皆さんにお逢いして来ました。皆さ
ん、辛い避難生活の中で本当に頑張っておられますが、心配な事、新たな問題が次々
に起きてきます。これからも皆さんに寄り添って出来ることはしっかりとやって行き
ます。2月20日‾21日の2日間は参議院農林水産委員会委員派遣で愛知県と岐阜県に
行って参りました。六次産業、小水力発電、鳥獣害、森林整備などについて現場を見
てきました。恵那のちこり村では、日本ではあまりおなじみではない、ちこりを生産
していて、しかも本来廃棄物になるところの、ちこりのイモで焼酎を作っています。
試飲させて頂きましたがすごく美味しかったです。また、高齢者を雇用してダイニン
グレストランも経営していて、地元の野菜を使った家庭的な味のバイキングはメ
ニューも豊富で、土日は大変に混んでいて1時間半くらい待つ事もあるようです。ま
た、恵那は特別な生産技術で高品質の栗を生産しています。栗を使った高級なお菓子
は全国的にも知られ人気の逸品。干し柿の中に栗きんとんが入ったお菓子は一つ350
円もする高級品ですが、うなるほどの美味しさ。幸せな気持ちになりました。笠松競
馬場の中を見学、オグリキャップの像の前で記念撮影。また、米粉で作った米麺の製
造工場を視察。米麺もこしがあって美味しいですし、何よりも小麦アレルギーで麺を
食べることができなかった方には喜ばれるでしょう。新規需要米である、飼料用米の
利用にいちはやく取り組み、もみ米を加工する破砕機を自ら開発し、トウモロコシの
代替として牛に給与し良質資料の確保と資料費の削減を実現している臼井節雄さんの
お宅にお邪魔しお話を伺いました。また、農林水産委員会の視察が終わった後、私と
岐阜の小見山議員は北海道とご縁を作りたいと望んでくれておられる、農業生産法
人・わかば農園さんに伺いお話しをした後,工場の中を見学させて頂きました。衛生
管理の徹底した広々とした工場。また、トマトやルッコラを室内で作っていてその規
模や美味しさに感動!大変に勉強になった視察でした。北海道とも繋がりがありまし
て、私のやる事、やれる事も見えましたのでそのうち、形になったらご報告します!



2012.02.17
ODA

ODAご報告です。ODA(政府開発援助)は、政府や政府の実施機関によって、開
発途上国の経済、社会の発展や福祉の向上に役立つために行う資金、技術提供などの
協力の事です。

世界約60億人のうち飢えや、貧困に苦しみ、また教育や医療を受けられない人たちが8割を占めていま

す。経済力や高い技術を持った先進国がこういった国や人々を支援する事は国際社会
に対する責任であるとともに、外交上もODAによる結びつき、絆というのは大変に
重要なことであります。2月5日、ソウル経由でモンゴル国ウランバートルに入りま
した。モンゴルは人口278万人。そのおよそ4割が首都ウランバートルで生活して
います。この日は在モンゴル日本大使館で、清水武則大使にお逢いし、モンゴルの事
情を伺いました。翌日の朝から日本のODAによって建てられた小学校の校舎を見せ
て頂き、校舎ができた事によって学習環境が改善され、生徒の受け入れ人数も増えた
という事で校長先生や父母の代表から感謝の言葉を頂きました。教室で授業も見学さ
せて頂き、子どもたちに色々と質問をさせて頂きましたが学習意欲が旺盛で、しっか
りしていて感心しました。その後、モンゴルの大蔵副大臣にお逢いし、懇談。38歳と
いう若い大臣。モンゴルの経済成長率は17.3パーセント、国家の歳入は1年で倍
になっているという事で日本の企業にもビジネスチャンスは色々とありそうです。現
実に北海道の旭川市の企業もモンゴルで仕事をしているということで、時間があれば
お訪ねしたかったです。そのほか、モンゴルではゲル地区の生活改善計
画、幼稚園の改修計画、大気汚染の状況、高架橋建設現場などを視察。中国は北京に
入りました。27年ぶりの中国です。27年前は皆人民服でした。市民の足は自転車でし
た。今の北京市内は近代的な高層ビルが立ち並び、道路は車で大渋滞。人々はブラン
ド物の洋服をおしゃれに着こなし、豊かな、強い国に大きく変化していました。人口
は13億人、日本の13倍ですからそのパワーたるやかなわないなと感じました。中国の
対外援助政策と現状についてについて中国商務部対外援助司で伺い、国際司では我が
国ODAについて意見交換をさせて頂きました。JICAの青年海外協力隊で、ボラ
ンティアで様々な支援活動をしている日本の若い方たちともお逢い出来ました。中日
友好病院、北京市環境整備事業では大気汚染の改善に寄与する事を目的とした天然ガ
スを利用した熱電併給設備などを視察。また、元伊藤忠商事取締役会長の丹羽宇一朗
在中国大使にもお逢いし、お話をさせて頂きました。北京から成都へ移動。内陸で一
番大きな町。四川大地震で崩れた山の治山工事の現場を見せて頂き、森林植生復旧プ
ロジェクトの説明を受けました。大地震からの復興は3年というスピード感。国の事
情の違いもありますが驚きです。美しい復興住宅が新しい町に立ち並び、観光客を
ターゲットにした産業や雇用の創出も進めています。良いか、悪いかは別として大地
震で崩壊した町もそのまま観光地としています。たくましいなと感心するところも沢
山あります。駆け足でのご報告でしたが、私にとっては大変勉強になった貴重な旅で
した。



2012.02.16
帰って来ました!

ずっとブログをアップできずすみませんでした。帰ってきました!2月5日から、1
1日までの一週間、モンゴル、中国と極寒の世界にてハードなスケジュールでしたが
大変に勉強になり、貴重な経験をさせて頂きました。1週間分の仕事が溜まってお
り、また会議が続いていてほとんど会館の事務所の自分の机に向かって時間がないと
いう状況なので、視察報告は週末に書きますね。12日は、農林水産委員会で競馬法の
担当になりましたのでJRAさんにお願いをして府中競馬場に視察に行って来まし
た。その翌日13日、14日と二日間、岩手県に調査会の視察に行き、陸前高田、釜石な
ど復興計画を伺い、意見交換をさせて頂きました。とりあえず写真をアップしておき
ます。



2012.02.06
徳永エリ新年交歓会感激でした!

2月3日、札幌プリンスホテルにて、「2012参議院議員徳永エリ新年交歓会」が後援会の皆様のお力で開かれました。佐々木衆議院議員、小川参議院議員、浅野衆議院議員、上田札幌市長をはじめ、全道各地から市町村長さん、地方議員の皆様も駆けつけてくださいました。また、日頃からお世話になっている団体、組織、企業、親戚、友人の方々、多くの方々が集まって下さり感激でした。会場で多くの皆さんから激励を受け、たくさんの勇気を頂きました。皆様、本当にありがとうございました。

さて、ODA(政府開発援助)が有効に行われているか審査するため、参議院に「政府開発援助等に関する特別委員会」が設置されており、今回参議院ODA調査団を4つの班に分けて世界各地に派遣し、ODAの実態調査をすることとしました。私の第3班はモンゴル・中国を担当することとなり2月5日から10日までの6日間、モンゴルのウランバートル市、中国の北京市、都江堰市、成都市、綿陽市のODAの実態を調査してきます。参加議員は私のほか、民主党の西村まさみ議員、自民党赤石清美議員、大家敏志議員の4人です。調査内容はこのブログでお知らせしますが、帰国後、「政府開発援助等に関する特別委員会」で公式に詳細調査報告を行います。



2012.01.31
週末の北海道

1月27日、以前アイルランド大使からお招きを頂いていた、ディンプレックス・
ジャパンの懇親会に出席させて頂きました。北海道の自然エネルギー事業推進のため
に大きな力を発揮して下さる事を期待します。この日はショールームのお披露目もあ
りました。私は時間が間に合いませんでしたので後日、改めて伺ってじっくりとお話
を聞いてきますのでこのホームページ上でご紹介をさせて頂きます。28日は、第2
2回民主党北海道定期大会、はせがわ衛市政報告会、北海道医師会との医療に関わる
政策懇談会、そして、民主党北海道新春パーティーと続きました。新春パーティーに
は輿石幹事長がゲストとして駆けつけて下さいました。雪が降り、飛行機が遅れ、高
速道路も止まり、新千歳空港駅からJRで札幌に入られました。昨日の参議員総会で
輿石幹事長はそのお話をされ、「雪の降る所で暮らす方たちの大変さを実感した」と
話して下さいました。



2012.01.25
第180回 通常国会が始まりました!

昨日、12時より天皇陛下をお迎えして、第180回通常国会の開会式が行われまし
た。前日東京は雪が降り道路は凍結。しかし、陛下が国会にお見えになる時はいつも
晴天と言われていますが昨日もとても良いお天気になりました。午後からの衆参両院
での本会議では野田佳彦首相が施政方針演説を行い、東日本大震災からの復興を加速
させる事や消費増税を含む社会保障と税の一体改革を行う事に関して強い決意を表明
しました。また、「国として進めるべき政策の方向性について与野党に違いはない。
決断する政治を共に成し遂げよう」と、協議入りを野党に強く求めました。そのほ
か、政治行政改革の包括的な推進、アジア太平洋の世紀を拓く外交安全保障政策など
について演説を行いました。私としては、何とも憂鬱な気持ちで通常国会の開会の日
を迎えましたが、やらなければならない事を一生懸命やることしかないのですから、
頑張ろうと新たに自分に誓いました。午後、原子力安全規制に関する新組織設置に関
する会議が、環境部門会議・内閣部門会議・原発事故収束対策PT合同の会議が行われ
ました。原案の原子力安全庁という名前は、しっかり規制をしていくという組織にす
るのにおかしい。安全という言葉は使うべきではないという意見が沢山出され、原子
力規制庁と言う組織名になりました。また、新聞やTVでも批判の大きかった、細野環
境大臣の原子炉の40年廃炉問題についても、修文を求め、今日行われた会議の中で
改正案が出されました。原則と例外の関係(40年を超える稼働は極めて難しいこ
と)を明確にするため、政府の原案を修文したのです。40年、20年という数字は
削除できませんでしたが、そこは私たちが政府に確認を致しましたのでご理解くださ
い。定期検査で脆化はチェクしておりますし、安全評価のデーターはすべて公表する
事になっていますので、データ的に問題があった場合には40年に至らずとも止め
る、廃炉にする場合もあるという事です。改正案・・第四十三条の三の三十一 発電
用原子炉設計者がその設置した発電用原子炉を運転することができる期間は、当該発
電用原子炉の設置の工事について最初に第四十三条の三の十一第一項の検査に合格し
た日から起算して四十年とする。2、前項の期間は、その満了に際し、環境大臣の認
可を受けて、一回限り延長することができる。3、前項の規定により延長する期間
は、二十年を超えない期間であって政令で定める期間を超えることができない。4、
第二項の認可をうけようとする発電用原子炉設計者は、環境省令で定めるところによ
り、環境大臣に認可の申請をしなければならない。5、環境大臣は、前項の認可の申
請に係る発電用原子炉が、兆機関の運転に伴い生ずる劣化の状況を踏まえ、延長しよ
うとする期間において安全性を確保するための基準として環境省令で定める基準に適
合していると認めるときは、同項の認可をしなければならない。



2012.01.23
大雪

今年の北海道は寒くて雪が多い。雪の多い年は豊作だといいますが・・。しかし、岩
見沢では観測史上最高の積雪がありました。路線バスは止まり、道路わきの雪山はど
んどん大きくなり緊急車両も通れない、

幹線も車線が一車線しか確保できないといった状況です。高齢者の方たちは自分では
除雪できないし、家から出かけられない。大雪が降ると命の問題です。しかも、自治
体では今の時期にこれだけの雪が降ると

除排雪費用がショートしてしまいます。民主党では速やかに特別交付金で対応させて
頂きました。そして、昨日、樽床幹事長代行が北海道に入って頂いて視察をして頂
き、地域の首長さんからの要望を受けて頂く事になっていました。小平代議士と私、
5区総支部代表の中前氏が同行する事になっていましたが、雪の為飛行機が欠航とな
り、残念ながら中止となりました。そこで、明日、石狩市の田岡市長さんらがお見え
になり東京で要望を受けて頂く事となりました。一昨日、私も岩見沢に行って来まし
たが、中通りに入ると全く除排雪ができていない状況で人も車も見通しが悪くて危険
です。屋根の雪下ろしも、大変です。

また、土曜日の夜、お集まり頂きました赤井川村長さんや地元の皆さん、短い時間で
したが貴重なお時間を頂きましてありがとうございました。民主党の党運営や原発事
故への対応等、厳しいお話もありましたが、皆さんのおっしゃることは私もよくわか
りますし同感です。もっとお時間があれば良かった、もっとお話ししたかったなと思
いました。是非また機会を作って下さい。今日は民主党の港湾議員連盟で2月12日
開通予定の東京ゲートブリッジと東京港のコンテナターミナルを視察してきました。
お天気は良くなかったですが、東京の新名所となるであろうゲートブリッジからの景
色は素晴らしかったです。東京港も全体が良く見渡せました。コンテナの扱い量が増
えている分、周辺道路等もトラックの渋滞がひどく、解消に向けての道路等の整備も
急がなくてはなりません。今年は、北海道の港湾も視察に廻ろうと思っています。





TOP