徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

BLOG一覧

2011.09.16
人生は試練続きだ!

北海道の今金町出身の登山家・栗城史多君が今、エベレストに挑戦している。3度目
の挑戦。世界の6大陸の最高峰で単独無酸素登頂を成功させるため歩み続けている長くて厳しい道。5大陸の最高峰は制覇した。あとは、エベレスト登頂が成功すれば目標が達成する。しかし、神様はそう簡単に夢や目標を叶えさせては
くれないし、チャレンジャーの中では目標のハードルが実はどんどん高くなっていく
のだ。一度、大きな苦難を乗り越えたものは、さらに、またさらにと難しく、厳しい
道を歩くことになるのだ。それが、厳しい道を選んだ者の宿命かもしれない。詳細は
分からないが今朝、現地で深刻な事故があったようだ。心配だ。命がけのチャレン
ジ。何かあると隊全体の空気、ムードが変わる。それを払拭して気持ちを切り替える
事は本当に難しいと思う。決して無理をせず、頑張ってほしい。初めて栗城君に会っ
た時から、素直で純粋な彼の人柄にすっかりフアンになってしまった。弟というより
息子のような気持である。1回目のエベレストチャレンジのときは空港まで見送りに
行った。握手をしたその手を離したくないくらい心配だった。「無理はしないで。と
にかく生きて帰ってくる事、待ってるからね。」本当に母の気持ちだった。栗城君の
お母さんはもう他界している。お元気でいらしたら笑って見送れるのだろうか?お父
さんは今金で大きな時計屋さんを営んでいる。素敵な静かなお父さんだ。いつもどん
な気持ちで帰りを待っているんだろう。待っている家族の強い気持ちにも本当に頭が
下がる思いだ。自分の事を重ねて考える・・・私の試練など、命がけの栗城くんのこ
とを考えればもっと、もっとやらなければならない。あーなんだか、久しぶりに栗城君のお父さん
に逢いたくなった。



2011.09.08
一歩ずつの前進です。

昨日は、福島県の山口衆議院議員が北海道に避難してきている福島の方々に福島サイ
ドからの支援をしていくために、皆さんの意見を直接聞きにいらっしゃいました。私
も同行。相変わらず民主党アレルギーというか、民主党への不信感でいっぱいの方々
から厳しいご意見を頂きましたが、その気持ちはとてもよくわかるし、言ってらっ
しゃる事は本当にそのとおりだと思います。私も、母子避難者の方々とご縁ができて
からは少しずつですができる事をやってきました。なかなか、私たち国会議員と言え
ども国を動かすことは大変なことです。こちらを動かすとあちらに新たな問題が生じ
るという事もありますから、じっくりと考えながら配慮しながら前へ進むしかないの
です。原発の問題は深刻です。避難者の方々、あるいは福島で今も大きな不安の中で
暮らす方々が抱えている問題を全部解決するのは無理です。順番を考えて、最優先課
題は何なのかという視点から取り組むという事です。私は今、何よりもやるべきこと
は子どもの命を守る事だと思います。徹底的に子どもという視点から、子どもを福島
から避難させなければならないんだというデーター的な説得材料が必要です。外部被
ばく、食品摂取による内部被曝、屋外で思いっきり遊べない事による体と心の成長の
問題。集団疎開がいいのか、選択的疎開がいいのか、数か月に一回、北海道のようなところに子どもたちを集め
て、リフレッシュさせる取り組みをしたらいいのか、とにかく色々やってみます。放
射能汚染の件で、独自に測定データーを取っていたり、避難したい人たちを支援した
り、色々な努力をしているNPOの方々に心ない非難があるようですが、今はだれかを
批判したり責めたりしている場合ではない。みんなが協力し合ってポジティブなパ
ワーにしていくしかないでしょう。

力を合わせましょうよ。できる事を何かやりましょうよ。フェイスブックを介して集
まっている山田町応援団、岩手県の山田町が復興するまでみんなで協力しましょうと
色々な企画を立て実行している若い方々から、私にメールで色々な情報が寄せられま
す。本当に一生懸命、山田の人たちと山田の街の事を考えて頑張っています。彼らの
動きを思い浮かべるだけでパワーが湧いてきます。私も色々とやらなければいけない
事が山積していて、山田町に行けていませんが、近いうちにみんなに合流しようと
思っています。漁業者の方々が、仕事が再開できなくて困っているという話も聞きま
したので実際にお逢いして具体的な問題を伺い、解決できる事はしていかなければな
りません。体が3つくらい欲しいです。ところで、所属委員会が決まりましたのでご
報告いたします。常任委員会は農林水産委員会です。そして、かねてから希望してお
りました、沖縄及び、北方問題に関する特別委員会、共生社会・地域活性化に関する
調査会、議院運営委員会、そして、国会対策委員会・副委員長のお仕事も頂きまし
た。ますます、健康に留意しながら頑張って参ります。今後ともよろしくお願い致し
ます。



2011.09.05
大雨が心配です。

台風12号の影響で積丹や、上富良野、石狩浜益などで、激しい雨が降りました。北
見でも農作物に被害が出ているようです。心からお見舞い申し上げます。一昨日、上
富良野町の役場にお電話をしましたところ、町長も職員の皆さんも被害が心配で外に
出ておられるという事でした。お疲れ様です。やっと落ち着いたかと思いきや、今度
は台風13号が接近中という事で秋の収穫を目の前にしている農家の方々が心配で
す。今日は、農連の山田委員長にお電話をしてみようと思っています。全国的にも大
変な被害が出ています。多くの方々が亡くなりました。日本は、いえ、世界的に見て
もここ数年深刻な自然災害が続いています。不安の材料が沢山あります。何だか自分
がいる政治の世界と、現実に起きている事との温度差を感じて何と表現したらいいの
か・・・モヤっと心が重いです。朝、新党大地の浅野代表代行からメールを頂きまし
た。函館の父の店でモーニングコーヒー中ということで、父とツーショットの写真も
送ってくれました。父も、余命何カ月なんて言われた肝臓癌から蘇り、トレールに疲
れない程度に出て働いているようです。まさに奇跡でしたが良かったです!浅野代行
はこれから、函館で活動ですね。お互いに頑張りましょう。



2011.09.02
札幌は雨です。

涼しくなりました。東京は今朝晴れていましたが、札幌は雨が降っています。もう皆
さんご存じだと思いますが、野田新内閣の閣僚名簿が出ましたのでご紹介します。

総務大臣 内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、地域主催推進)地域活性
化担当・川端達夫衆議院議員 法務大臣・平岡秀夫衆議院議員 外務大臣・玄葉光一
郎衆議院議員 財務大臣・安住淳衆議院議員 文部科学大臣・中川正春衆議院議員 
厚生労働大臣・小宮山洋子衆議院議員 農林水産大臣・鹿野道彦衆議院議員 経済産
業大臣 原子力経済被害担当・鉢呂吉雄衆議院議員 国土交通大臣 海洋政策担当・
前田武志参議院議員 環境大臣原発事故の収束及び再発防止担当 内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償支援機
構)・細野豪志衆議院議員 防衛大臣・一川保夫参議院議員 内閣官房長官・藤村修
衆議院議員 国家公安委員会委員長 内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)拉
致問題担当・山岡賢次衆議院議員 郵政改革担当 内閣府特命大臣(金融)・自見庄
三郎参議院議員 国家戦略担当 内閣府特命担当大臣(経済財政政策 科学技術政
策)社会保険・税一体改革担当 宇宙開発担当・古川元久衆議院議員 内閣府特命担
当大臣(行政刷新 新しい公共 少子化対策 男女共同参画)公務員制度改革担当・
蓮舫参議院議員東日本大震災復興対策担当 内閣府特命担当大臣(防災)・平野達男参議院議員 内
閣官房副長官・斎藤勁衆議院議員 内閣官房副長官・長浜博行参議院議員 内閣官房
副長官・竹歳誠 内閣法制局長官・梶田信一郎 以上です。グループ、衆参、その他
諸々大変に配慮された組閣だと思います。今まで、国民の皆さんにあまり見えなかっ
た民主党の顔が見えてくる事でしょう。



2011.09.01
農林水産部門会議

昨夜、109回も開かれた農林水産部門会議の懇親会が行われ、鹿野農林水産大臣
他、政務三役の皆さんも出席。代表選のことが心にちょっと引っかかっていたので、
正直に気持ちを話して自分なりの納得をしようと鹿野大臣とお話をしました。「気に
しないで下さい。」とにこやかに言って頂き、ほっとしました。次も、農林水産委員
を希望しています。何とか、農林水産委員だけは続けていきたいのです。勉強しなけ
ればならない事も、やらなければならない事も沢山ありますから。予算委員会はおそ
らく一期生は全員交代になります。今日は、午前中北海道の当麻と白老からお客様が
お見えになり、午後からは、全国学童保育連絡協議会の方にお逢いし、その後は原子
力事故影響対策PTの総会です。明日、午前中に札幌に帰ります。



2011.08.31
第177回通常国会 閉会

通常国会150日プラス延長70日、220日の長い国会が閉幕しました。とはい
え、明日から組閣その他の人事、そして、第三次補正予算、24年度の予算の組み立
て、速やかにやらなければならない事が沢山あります。臨時国会はすぐに開かれる事
でしょう。被災地の復旧、復興、原発事故の収束にむけて、一分一秒たりとも余裕は
ありません。ですから、前回臨時国会が閉会になった時とは全く違う心境です。(当
たり前と言えば当たり前ですが・・・)

今日、両院議員総会で野田代表から、党の3役の承認が求められました。幹事長 輿
石東参議員会長 政調会長 前原誠司衆議院議員 国対委員長 平野博文参議院議員
に決まりました。久しぶりに民主党の全員が前原政調会長の音頭で、「がんばろー
コール」気持ちを一つにしました。



2011.08.30
首相指名選挙

先ほど、衆・参の本会議で首相指名選挙がおこなわれ、野田佳彦議員が第95代、6
2人目の首相に選出されました。おそらく明日発表されるであろう、役員人事が気に
なるところです。挙党一致、党内融和、野田総理の腕の見せどころのスタートライン
です。さて、本会議場で1人3枚配布された、内閣総理大臣指名記名投票用紙、どん
なものか見た事のない方がほとんどだと思いますので一枚余った用紙を持ってきまし
た。写真でご紹介しますのでご覧下さい。被指名者のところに私たち民主党議員は
「野田佳彦」と自分で書いて投票しました。同じ選挙でも昨日とは緊張感も精神状態
も全く違います。

しかし、昨日の代表選の裏事情を新聞は色々書いてますが、またまた、自分が実際に
その現場にいた事が全く違うニュアンス、またはでたらめに書かれている。こんなこ
とでいいのでしょうか。真実は国民に伝わらないという事なのでしょうか。この国を
乱し、政治を政治家のレベルを下げてしまっている事の責任をメディアの皆さんはど
う感じながら仕事をしているのでしょうか?記者として「真実の追求、自分だけの本
当の特ダネ」足を引っ張る事やくだらないスキャンダルではなく本当に価値のある、
重要な情報をつかむ努力をして下さい。国民はスキャンダルを求めているのではあり
ません。真実を知りたいと思っているのです。



2011.08.29
民主党代表選を終えて

本日午前11時より、ホテルニューオータニ本館で民主党の代表選が行われました。
それに先だって、海江田万里総合選挙対策本部総決起集会が行われました。私が進行
役を務めさせていただきまして、本部長赤松先生、鳩山前総理大臣、本部長代行小沢
鋭仁先生のご挨拶に続いて、海江田さんに代表選に向けての決意を語って頂きまし
た。3日間という短い選挙期間ではありましたが、海江田選対は大変に熱い思いで期
数に関係なくみんなで力を合わせてやっていましたので、代表選は厳しいながらも
「勝てる!」と思っていました。いい雰囲気の中、代表選の会場へと移動。緊張の
中、各候補の最終の演説が行われました。そして、投票・・・・。第一回投票におけ
る各候補の得票数 前原誠司候補 74票 馬渕澄夫 24票 海江田万里 143
票 野田佳彦 102票 鹿野道彦 52票 そして、野田さんと海江田さんの決選投票
になり、第2回目の投票は野田佳彦 215票 海江田万里 177票という結果
で、民主党の代表には野田佳彦候補者が当選という結果になりました。新聞社、TV局
の取材を受け「選挙に負けた事は残念ですが、候補乱立、真の候補は民主党にはいな
いのかなどとマスコミにも叩かれましたが、各候補とも演説もすばらしく、民主党ら
しい、いい代表選だったと思う」とお話をさせて頂きました。「ノーサイドでやって
いく」以前にも誰かがそんな事を言っていましたが実行されませんでした。でも、野
田さんだったらきっと、やってくれると信じています。まずは組閣の顔ぶれによっ
て、野田さんの言葉が真実であるかどうか分かる事でしょう。いずれにせよ、結果が
出たのですからしっかりと挙党態勢を作って日本の再生を目指して、皆さんからいた
だいている衆議院の任期あと2年の間に信頼を回復すべき頑張っていきます。海江田
さんの政策・政見はこのホームページの中でご紹介させて頂いています。私が海江田
さんにお願いした、包括的経済連携のこと、エネルギー政策と原子力発電所の今後、
また、日本の農政のあり方は納得できる範囲で政見に盛り込んで下さいましたので、
確認してください。海江田さんが総理になって頂けたら、私の声がもっと届けられた
かもしれないと思うと残念です。めげずに野田総理にもアプローチしていきます。し
かし、またまた、歴史の一ページに立ち会わせて頂きました。参議院議員になってか
ら本当にこの1年余りの間に貴重な体験を沢山、させて頂いています。感謝しつつ、
また責任の重みも感じながら、有権者の皆さんの代表としての仕事をこれからも努力
してやって行こうとあらためて強く決意させて頂きました。



2011.08.27
民主党代表選の告示

ほとんど調整のない状態で、すでに皆さんもご存じのように民主党の代表選に5氏が
出馬を決めました。後、2年のうちに民主党が国民の皆さんの信頼を回復し、震災や
原発事故の影響で苦しい暮らしをしている方々のために政治がやらなければならない
事が山積しています。マスコミは候補者に対してネガティブキャンペーンを展開しま
すし、評論家という方々も好きな事を言います。しかし、今の日本で起きている本当
に多くの難問を解決するために代表候補・総理候補として手を挙げる事は大変に重た
い決断だと思います。まずは自分がやるんだと決断なさった事を評価して頂きたい。
もし、自分だったらと考えると責任の大きさと、大きな不安感で身がすくむような気
持ちになるのが普通の人ではないでしょうか。私は、東日本大震災の被災県のほとん
どの基幹産業が第一次産業、そして、人口の少ない、高齢者の多い、しかも経済的に
疲弊している地方であるという事、そして、TPPの問題や、エネルギー政策、とりわ
け原子力発電をこれからどうしていくのかということを考えた時、地方出身で、本当
に生活者の目線で政治を行える人がに代表になって頂きたいと心からそう思っていま
した。ですから、農林水産委員会でいつもお人柄に触れている、鹿野農林水産大臣に
代表になって頂きたいとずーっと考えていました。一方で、昨年の代表選の後、私が
菅さんを支持したにもかかわらず、諸先輩たちがご縁を作って下さった、小沢一郎さ
んに一度総理大臣になって、国民の生活が第一の政治を行って頂きたいという想いも
ありました。最近は、北海道に帰って有権者の方々とお話をすると多くの方々が「一
度、小沢さんに総理やって欲しい」とおっしゃるようになりました。しかし、小沢さ
んは党員資格停止、そして、裁判中の身であります。今は無理。そこで、ずーっと小
沢先生にお逢いする度に[代表候補は鹿野大臣ではだめでしょうか?]と申し上げてき
ました。「鹿野君は多分、立候補しないだろう」というのが小沢さんのいつもおっ
しゃる事でしたが、私は何とか立候補して頂きたいと願い続けてきました。そして、
小沢さんに鹿野大臣を応援して頂きたいと心の底から祈っていました。ついに、小沢
さんが方針と、応援候補を発表するとされた昨日18時まで、ずっと願っていました
し、可能性は無くはないと思っていました。しかし・・海江田大臣を応援候補と決め
られたのです。応援候補となったからには、海江田さんは小沢さんの政策に関する意
見や、人事に関するアドバスを聞かざるを得なくなるでしょう。やっと小沢さんの意
見が久しぶりに政治に反映されることになるのです。しかし、TPPや原発推進の印象
の強い海江田大臣です。私は本当に重苦しく憂鬱な気持ちになりました。しかし、そ
の思いを小沢さんにはっきりと申し上げ、ご説明を頂き、さらに私たちの意見を聞い
て、政策にしっかりと盛り込んで下さるという事で、小沢さんが海江田大臣に連絡を
取り、今朝9時から会合を開いて頂き、海江田大臣に直接、様々な要望をさせて頂き
ました。格差の底辺の人たちの暮らしがどんなに悲惨なものか目を向けて欲しいとい
うこと、泊原発の3号機の営業運転への移行がどんなに重大な事なのか、TPPだけで
はなくEPA,FTAなどもどこの国とどういう内容の経済連携をしていくのかしっかりと
党の国会議員と議論して頂きたい旨。それぞれに答弁を頂き、しっかりと取り組むこ
とをお約束して頂きました。その言葉を信じる事にしました。小沢さんが応援すると
いう事はおそらく勝算あり。選挙に勝って頂かなければ、応援した私たちの意見が政
治に反映される事はありませんから。

鹿野大臣や鹿野大臣を応援している仲間の皆さんには本当に申し訳ありませんでした
し、私自身、大変残念でありますが、私にも私の居場所が必要です。この事は、感覚
的に私自身にしかわからないことだと思います。伸び伸びと全力で働くための環境や
仲間作りというものも政治家には必要です。代表選はそんな国会議員1人1人の苦悩
の闘いでもあるということご理解頂きたい。海江田大臣の政策は、いま、私たちの意
見を盛り込んで作成中です。出来上がりましたら、このブログでもご紹介させて頂き
ます。これからまた、海江田選対に詰めます。



2011.08.25
民主党代表選

昨日は午前中の本会議終了後、小沢一郎先生と代表選に向けての意見交換会が行われ
ました。小沢先生は「地位も名誉も捨てて、命をかけて震災からの復旧、復興、そし
て、原子力事故の対策に取り組んでいける人を選ばなければならない。もし、ベスト
の選択が難しければよりベターな選択をしなければならない!」とおっしゃいまし
た。菅総理の政権運営がうまくいかなかった責任は、閣僚にもあるのに代表選候補と
して認められない、参議院から独自の候補を出すべきとの声が出ました。今日の昼か
ら行われた参議院の懇談会では「輿石会長に是非手を挙げて頂きたい」という意見も
出ました。手を挙げて頂き、参議院が一つにまとまるというのも望ましい事です。民
主党にとって、この代表選は国民の皆様から信頼を回復するためのラストチャンスだ
と思っていますから、緊張感を持って熱い思いを持ってしっかりとどなたに一票を投
じたらいいのか考えなければなりません。今、候補にあがっている方たちの中では、
私は鹿野農林水産大臣だと思っています。地方の事、一次産業への想い、本当に厳し
い暮らしをしていて政治の助けがなければ生きていかれないというような人たちの顔
が見えるのは鹿野大臣だと思います。今日も農政懇談会という事でお誘いを受け、農
林水産省の大臣室に伺い、30分ほど衆参の10人ほどの議員で政策についてのお考えを
伺いました。しかし、政権運営となると、色々な角度から考え、先輩議員の意見も
しっかりと参考にしなければなりません。何よりも有権者の方々に自分の1票の説明
ができなければなりませんから。いずれにせよ、予定では8月29日、月曜日が代表選
です。この2、3日忙しくなりそうです。





TOP