徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

BLOG一覧


2013.08.21
ミャンマー視察

8月9日から14日まで、同期の石橋参議院議員と2人で、ミャンマーに視察に行ってきました。ミャンマーと言えばアウンサンスーチーさん。自宅軟禁から解放され、選挙を経て国会議員に。民主化に向けて国が大きく変化をしている、経済的にもどんどん伸びゆく成長盛んな国と皆さんは、お考えなのではないでしょうか?しかし、本当にそうなのでしょうか?今、ミャンマー国内の事情はどうなっているのか、この目で確かめてきた事をお伝えしなければなりません。ミャンマーには人口の7割を占めるビルマ民族を中心に、100以上の民族が暮らしています。そして、1948年の独立以来各地で続いている民族紛争は未だ、解決されていない。少数民族が連邦において代表権を得る事ができなければこの紛争は終結しない。軍政から移行した文民政府は幾つかの少数民族のグループとの間で停戦合意に署名したが、少数民族が求めている自治権を与えるという政治的な解決がなされなければ停戦は続かない。5月31日、ミャンマー政府は最後まで戦闘を続けていたカチン族と停戦合意し、カチン族の武装組織「カチン独立機構(KIO)」と、数万人に上る国内避難民の再定住について協議をし、さらに対話を継続していく事を確認した。しかし、本格的な和平に向けての道のりはまだまだ遠いようである。互いの中に根強く残る不信感を払拭するのは容易な事ではないようだ。日本政府は2011年10月、人道支援等を除き凍結していたODA再開を表明し、2012年4月には新しい経済協力方針を発表。それに基づき様々なプロジェクトも準備されている。さらには、過去の円借款による債権5000億円のうち、3000億円の放棄をし、500億円規模の円借款の再開も表明した。世界中でODAを縮小している中、ミャンマーだけは人もお金も増やしている。ODAに使われるお金は国民の税金である。ミャンマーのためにも、日本のためにもなる生きたお金の使い方をして欲しい。そして、本当に今のミャンマーで必要な支援を、必要な人に対して行っているのか、私たちはその実情の調査に、停戦直後のカチン州へ向ったのだ。
 何年ぶりだろう、バックパッカーで旅をするのは。しかも、国会議員の身分を伏せての調査である。責任ある行動、そして、事故や事件に巻き込まれ迷惑をかける事のないように細心の注意を払わなければならない。羽田からバンコク経由でミャンマーの都市ヤンゴンの空港へ。そこから国内便でミッチーナへと向った。
DSC09444 DSC09445 DSC09485 DSC09478 DSC09472 DSC09457 DSC09448 DSC09885
イギリス植民地時代の1877年にやってきたアメリカ人のキリスト教宣教師によってカチン民族の多くがキリスト教を受容した。宗派としてはバブテスト派とカトリックが主流である。KBCカチンバブテストチャーチの人道支援の現場をまずは視察。
東南アジアのタイ、ミャンマー、ラオスの3国がメコン川に接する山岳地帯は世界最大の麻薬・覚せい剤密造地帯だった。ミャンマーでは軍閥が麻薬生産だけではなく、覚せい剤の製造を資金源として行っていた。そこで働いていた労働者等の麻薬中毒者の更生施設を見学。体験談や更生施設での暮らしについて話を聞かせてもらった。セキュリティーのしっかりとしたところで教会スタッフが見守る中、二度と麻薬に手を出さないように音楽と労働を中心に語り合い助け合いながら克服のために頑張っている。
DSC09489
DSC09494

KBCが支援を行っている難民キャンプを視察。ここでは、仮設住宅が建てられ、支援物資も充分とはいえないが届けられている。しかし、外国人が立ち入る事が許されていない山岳地域のキャンプでは食べるものもなく、医薬品もない。雨が降ると体が濡れるようなところで暮らしている。子ども達も、近くに学校もないので教育を受ける事もできない。命の問題だ。一日も早い、国際的な支援の手が望まれる。
DSC09503
DSC09513
DSC09514
DSC09516
DSC09525
DSC09530
DSC09535
DSC09695
DSC09896
小学校。日本からの支援によって建てられた。難民キャンプで暮らす子ども達も通っている。授業風景を見せて頂き、先生方からカチンの教育の現状について伺った。石橋議員と一緒にバレーボールとサッカーボールをプレゼントした。腕を組むのは、カチンでは尊敬を表しているのだそうです。 
DSC09631
DSC09608
DSC09596
DSC09593
DSC09571

未だに、水牛が田んぼや畑を耕している。機械がまだまだ普及していない。国の65%の人たちは農業従事者だが、土地の所有者は国で、農民は一定の使用料を払って耕作権を確保しなければならないし、一方的に国の事情で耕作権の契約を破棄されて土地を取り上げられる、強制的な土地収用が行われる。移転先も代わりの農地も与えられず、補償金もない。
>DSC09500
DSC09737
「カチン独立機構(KIO)」の幹部の皆さんや、民間で和平交渉を行っている「Peace Talk-Creation Group(PCG)」の幹部の皆さんとも
日本からどんな支援をどのようなルートで行うべきか等、意見交換をさせて頂いた。
DSC09567
DSC09561
DSC09806
DSC09914



最終日、ヤンゴンでは日本でもお会いした、「88年世代学生グループ」の皆さんと、労働組合のこと、農業について等、一時間以上も意見交換をさせて頂いた。
DSC09935
DSC09943
JICAのオフィスに伺い、日本のミャンマーにおけるODAの現状について伺った。また、JICAの手話プロジェクトの現場にも伺い、日本の手話通訳者が養成をしたミャンマーでの指導者の育成の為のワークショップを見学。すばらし取り組みと、プロジェクトに参加して学んできたミャンマーの方々の情熱に感動しました!
DSC09947 DSC00011
DSC00020
DSC00013

事情が分かった上で、これから今回お会いした方々と連絡を取りながら、石橋議員と共に私たちができるお手伝いをさせて頂きます。特に北海道に農業研修に行きたいという要望が多くありましたので、何か制度がないか、また、受け入れ先や費用の問題等検討していこうと考えています。

DSC09665
DSC09661
DSC09655
DSC09834
DSC09986



2013.08.14
ミヤンマーから戻りました。

 今朝、バンコク経由でミヤンマーの都市、ヤンゴンから戻りました。明日、写真をアップしながらミヤンマーでどこに行き、誰に会い、何をしてきたかをご報告しますが、まずはミヤンマーについて少しだけお話をしておきます。日本も含めた国際社会は、ミヤンマー政府の民主化へ向けた改革方針を高く評価して、経済支援やこれまでの制裁解除に大きく動いています。さらに、インフラ整備や医療、教育等の支援は世界各国から多く寄せられています。日本政府も2011年10月に凍結していたODAを再開。さらに、2012年4月には新たな経済協力方針を示し、様々なプロジェクトが進められています。アウンサンスーチーさんの自宅軟禁の解放、選挙を経て国会議員となり、2015年の選挙ではNLDが圧勝する事は間違いなく、それまでに憲法が改正されればスーチーさんが大統領になる事もあり得る。民主化が進み、これから経済的にも成長し、伸びゆく国というイメージが、おそらく私たち日本人の中にはあるでしょう。しかし、本当にそうなのでしょうか?そして、ミヤンマーに対して日本が今すべき支援は経済支援なのか?ある意味、アウンサンスーチーさんの存在を軍がプロパガンダとして利用しているとしたら・・・。ミヤンマーにはおよそ20の独自の文化を持った少数民族が暮らしています。彼らは自分たちの伝統や文化、平和な生活を守るために自治権を求めて長い間、ビルマ軍事政権と闘ってきました。その中でも今年の5月まで激しい戦闘が行われていて、今は停戦状態にありますが10万人を超える人々が故郷の村を追われ難民キャンプで生活をしている、カチン民族の方々にお会いするために、ミッチーナという町に行って来ました。様々なチャンネルで和平に向けて交渉は続いているものの、食べるものもない、医薬品もない、子ども達は教育を受ける事もできない、戦争もいつまた起きるか解らないとう緊張状態の中で暮らしている。その様子は、日本でニュースから受けるミヤンマーのイメージとはかけ離れたものでした。経済支援と同時に、透明性のある形で、必要な人に必要な支援を届ける必要があります。私たちは、実際にこの目でその様子を見て、そして、話をしっかりと聞いてきましたので、国会でも訴えていこうと思っています。



2013.08.07
秋の国会まで、地元周りです!

内閣、外交防衛、財政金融の委員長に対する解任決議案はなんとか取り下げられましたが、結果、内閣以外の委員長は与党になりました。民主党の委員長は、経産、国土交通、基本政策、懲罰、そして内閣です。理事も2人だったのに1人だけになりました。特別委員会の設置も、新たな調査会の設置も数の力で自民党の思うがままです。これが政権交代というものかと思う事が沢山あります。秋の国会が始まるのは、10月の中頃。それまでは地元周りと、自分の仕事をしっかりやります。明日から一週間、ミヤンマーに行って来ます。久しぶりにバックパッカーになっての視察です。どこへ行って、どんな事をしてきたのかは戻ってからご報告します。



2013.08.07
臨時国会閉会

2日から始まった臨時国会が今日閉会になる。10時から本会議が始まる予定だったが、自民党から、民主党・新緑風会所属常任委員長全員に対して解任決議を提出する動きがあり、議院運営委員会の後、行われる執行部による協議も行われ、何時になるか見通しがつかず、休憩となり待機しているところです。常任委員会の委員長の数は人数によって決まります。民主党は今までの8から5になります。すでに5常任委員会の委員長は決まっているのに、民主党の内閣委員長、外交防衛委員長、財政金融委員長を解任して、自民党の委員長にしたいということです。大きな力を持った自民党ですが、憲法や参議院規則、慣例を平気で破る事は大問題です。



2013.07.26
TPP交渉参加抗議集会に7000人参加!

25日、札幌市で開かれた「TPP交渉参加に抗議する総決起集会」に参加しました!
集会はJA道中央会、道漁協組合連合会、道森林組合連合会、道農民連盟農林水産4団体が主催し、道や道経済連合会、道医師会なども後援。農漁業者や消費者の皆様が全道各地から約7000人が集まり、道農連の山田委員長が「TPPは医療、金融、食品安全など多くの分野を含む問題。北海道を守り抜くために強固な地方の声を訴え、政府に情報開示を求める。」などとした決議文を採択。その後市内をデモ行進しました!
DSC08684 DSC08795 DSC08826 DSC08828 DSC08836



2013.07.24
日本、TPP交渉初参加を受け全道各地で抗議集会やチラシ配布統一行動!

政府が23日、環太平洋連携協定(TPP)交渉会合に初参加したことを受け、全道各地で集会やチラシ配布などの「TPP交渉参加に抗議する統一行動」が行われています。
25日(木)には、JA北海道中央会など第1次産業団体でつくる実行委員会が主催し、「TPP交渉参加に抗議しTPPから北海道を守り抜く総決起大会」を札幌市内の中島公園自由広場で午後1時半から開催されます。(7,000人規模)
私、徳永エリも大会に参加し、北海道をTPPから守るため、一人でも多くの方々にTPPの恐ろしさを知ってもらい、共に参加阻止の運動をして頂けるようしっかりと訴えて参ります!



2013.07.22
第23回参議院通常選挙を終えて。

17日間の戦いを終え、昨日投票が行われました。開票の結果、小川勝也参議院議員が4期目の当選を果たしました。民主党にとって今迄になかった大変に苦しい選挙となりましたが、多くの支援者の方々に支えらて民主党の議席を守ることができホッとしています。TPP参加、企業参入、農協改革など、現政権がやろうとしていることは北海道の暮らしを大きく変えてしまうかもしれない、重大な問題です。野党第1党のとしてのチェック機能をしっかりと働かせるために、民主党が一定の力を持つことが重要です。参議院で一人区は全敗、大きく議席を減らす結果にはなりましたが、少数野党も壊滅となった今、民主党がしっかりと仕事をしていくことが国民の暮らしを守って行くために必要なことです。この後、次の参議院選挙まで国政選挙はありません。大きな権力を握った、国民から白紙委任状を得た自民党と対峙して行くことは、大変なことです。しかし、競争と効率の政治によって、ますます国民生活に格差が開き、深刻化する社会問題を放置してしまうことは絶対に止めなければなりません。試練と戦いの3年間になるでしょう。8月2日から7日まで臨時国会が開かれます。すっかり様子が変わるであろう参議院の様子は、また追ってご報告します。
DSC08618 DSC08611



2013.07.14
TPPで、食の安全が脅かされる!

日本がTPPに参加したら、海外から安い農畜産物が入ってくるから 、消費者にとってはいいことじゃないと思っている方は大きな間違い。きっと後悔することになりますよ。食品添加物は日本で認められているのは800種類、アメリカは3000種類です。米の残留農薬 、日本は0.1ppm、アメリカは80倍の8ppm。日本は遺伝子組み換え食品の表示義務があります。アメリカにはない。ポストハーベスト、日本では収穫後の農作物に農薬をかけることは禁止されています。アメリカはかけまくり。だから、何日も掛って輸入される果物は、腐っていない、カビていない、虫がついていないのです。もっと怖いのは牛肉。アメリカの牛肉は、短期間で成長させるために成長ホルモン剤を投与しています。日本の飼養牛は成長ホルモン剤の使用は禁止されています。2月に外国産牛肉の輸入規制が緩和されて安い牛肉が大量に輸入され、既に皆さん、食べているでしょう。何が起きているかご存知ですか?女児の異常成熟、また、発ガンリスクが非常に高い。最近女性に大腸ガンが増えています。アトピー、アレルギー。食の安全安心は目に見えません。だから、日本の厳しい食品安全基準を守らなければならないのです。特に子供の健康を守ることは、私達、大人の責任ではないですか?アメリカと同じルールになったら、日本の食の安全、安心は守れません。それだけでもTPP断固阻止でしょう。



2013.06.30
子ども被災者生活支援法 原発被災者の皆さんと意見交換

超党派の議員立法「子ども被災者生活支援法」が施行されてから、一年以上が経つのに未だ基本方針が作られていないのです。
具体的な施策にしていくには、まず基本方針です。政府は12月までにと言っているそうですが、遅過ぎます!住宅支援も来年3月までしか決まっておらず、全国に避難しておられる、まだ、仕事も決まっていない方達は先の見えない不安の中でくらしているのです。原発事故人災です。国が責任を持って、被災者の方達の暮らし、健康などをしっかりと守っていかなければならない、あたりまえのことです。
なぜ、何もしようとしいないのか、私自身も大変に心苦しく、申し訳ない気持ちで一杯です。しかし、粘り強くやるしかありませんから、皆さんと共にこれからも頑張ります。今回は、参議院選挙候補予定者の方達にも来て頂き、被災者の方々の話を聞いて頂きました。支援をしている私達から、他の国会議員、自治体議員にも力になってもらえるように、民主党北海道では、不定期で意見交換の場を設けることにしました。後日、民主党北海道のホームページでお知らせします。
1010035_312509558884198_404263085_n 1011831_312524478882706_1960316475_n





TOP