徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

BLOG一覧

2010.09.30
皆様、ありがとうございました。

昨日は、中前茂之候補予定者の総決起集会に、本当に大勢の方々に

お運び頂き、自称応援団長で、昨日の進行役の私と致しましては

大変に嬉しかったです。

新聞の記事によりますと、900人となっておりましたが

こちらの集計では1300人の方々が駆けつけてくださいました。

岡田克也幹事長、国民新党・下地幹郎幹事長、上田文雄札幌市長

松木けんこう農水政務官、お忙しい中をありがとうございました!



本人の決意の挨拶も、熱く、皆さんの応援がさらなるエネルギーに

なったのではないでしょうか。あと、25日、全力で頑張って勝利の

日を迎えて欲しいです!



今朝は、7時から厚別区の伊藤道議と札幌市中央卸売市場にご挨拶に伺いました。

よかったねと、頑張ってという、ご声援の声を沢山頂き大変嬉しかったです。しかし、場内には活気がなく、不況の影響がかなり厳しく出ています。私は飲食店を経営しておりましたので、15年ほど前はよく市場出かけました。その頃と比べると全く活気がない。

不況の中、飲食店もどんどん閉店していますし、何か対策を立てないと

ますます状況は深刻になるばかりです。



場外の小売店にもおじゃまし、一店舗、一店舗、ご挨拶をさせて頂きました。

家から市場は近いですし、これからも、時々、お話を伺いに行こうと

思いますのでよろしくお願い致します。





今、このブログは議員会館の部屋で書いてます。

17時から農水の部門会議がありましたので、間に合うように

東京に入りました。

東京も気温が低いです。しかも雨。

明日から、臨時国会が始まりますので体調を崩さないように、
しっかりと健康管理をしなければなりません。

国会の様子は、このブログの中でお伝えして参ります!



2010.09.28
委員会が決まりました!

さきほど、森ゆうこ国対委員長代理から直接お電話を頂きました。

暫定的に厚生労働委員会に所属させて頂いておりましたが、第一種所属委員会は

私が希望しておりました農林水産委員会に決まりました。

また、第二種所属委員会は予算委員会に決まりました。

身の引き締まる思いです。

大変に忙しくなりそうですが、一生懸命やります!!



今日は13時から農林水産部門会議に出席、また、14時から取調べの

全面可視化を実現する議員連盟会合に出席した後、札幌に戻ります。



明日、29日は中前茂之氏の補選に向けての総決起集会が行なわれ、

私は進行役を担当させて頂きます。



ご報告まで・・・。



2010.09.27
滝口道議のあおぞらパーティー

昨日は、天気予報に反して室蘭はいいお天気でした。海を眺めながら

ふ頭で、室蘭らしい景色の中での滝口道議のあおぞらパーティー。

1,500人以上集まっていたでしょうか。

鳩山幸夫人もお見えになり、楽しい会でありました。

私も、ほぼ全テーブルを廻ってご挨拶をさせていただきましたが、

応援してくださった方々がとても喜んで下さり、写真を撮ったり、サインしたりで
あっという間の二時間でした。

カレーラーメン、美味しそうだった!食べたかった!

(ちなみにカレーラーメンは室蘭の町おこしメニューです。)

滝口道議も大変にお元気でした。奥様も、かわいらしいお嬢さんも。

14回目のあおぞらパーティー、長いこと地元のために一生懸命働いていらして

昨日、集まった沢山の人たち、その数が滝口道議の実績であります。

これからもますます、地元のために、北海道のために頑張ってください!



室蘭から、千歳に移動。

自衛隊の官舎前で、民主党・北海道の地方議員の皆さんと街頭演説。

須田道議、広田道議、川口谷市議と一緒で、自分の選挙の時を想い出し

嬉しかったです。お世話になった皆さんですもの。

そのあと、棟方秘書とともに、商店街、床屋さん、美容室などなど、ご挨拶周り。

5区、補選まであと1ヶ月を切りました。

がんばろー!!



そして、今朝の便で東京に入りました。

東京は雨、気温も14度とタクシーの運転手さんはおっしゃっていましたが

先日までの暑さが嘘のように寒い!という感じです。



13時から出版の打ち合わせ、16時から参議員総会でありました。

代表選も終わり、色々とありましたが総会のムードは明るく、ホッとしました。

輿石会長のお話はウイットに富んでいて、楽しいです。

会話のセンスが素敵です。



しかし、10月1日からの国会は、荒れそうであります。

今日は久しぶりに顔を合わせ、つかの間の平和な時間といったところでしょうか。

参議員の13人の新人も皆元気で、同期というのは不思議に仲間意識が

強いもので、顔を見ると嬉しくなります。

これから、様々な分野の専門家の方々もいらっしゃるので勉強会も

開いていけたらいいなと思います。皆で力を付けて、しっかりとお役に立てる働きを

していかなければなりません。



2010.09.25
佐々木代議士 お疲れ様でした。

昨日、夜、旭川から戻りました。

おとといの、佐々木隆博ふるさとの集いは大変に盛会でした。

政務官として、北海道の、日本の農家、農村のためにまさに
東奔西走してこられました。

戸別所得保障制度についても、佐々木代議士が農民運動を
始められて以来の、主張でありましたので、まさに農家の

立場にたっての保障制度、高い評価がされています。

本当に政務官としてのお仕事、お疲れ様でした。

これからも、北海道のために、本当に頼りになる存在であられますので

頑張って頂きたい。

私も一緒に、色々教えていただきながら仕事していきます。



細野衆議院議員、大人気でした!

39歳、若くて爽やかな民主党の力です
世代交代が少しずつ、進んでいます。

NEXTジェネレーション、若い力が元気に活き活きと国政の場で中心となって働く。

政治の世界も大きく変わることでしょう


それにしても10月24日の5区の衆議員補欠選挙
5区の有権者の皆さん、よろしくお願いします!

民主党の若い力をさらに増強していただきたい!

また、民主党の政策を実現していくためには、衆議院のこの

1議席は、衆参ねじれの中で、民主党にとっても、国民、道民の皆さんにとっても

大事な1議席です。

いつまでも現状が変わらない、予算も決まらない。政治を停滞させている

余裕はないのです。

新たなスタートラインに立った、菅直人改造内閣にとことん

やらせて頂きたい。



明日は、室蘭です。

滝口道議のあおぞらパーティーに呼んで頂きました。

久しぶりにお逢いします!室蘭のみなさんには、参院選で本当に

大きなご支援を頂きました。

皆様にもお逢いできること、本当に楽しみ。嬉しく思います。

急に寒くなりましたが、明日はお天気が良いといいですね。



普天間の問題、尖閣諸島の問題、また、円高・株安の問題

まさに難問山積。しかも、かなり厳しい状況であります。

10月1日から臨時国会が始まりますが、新内閣がしっかりと機能して

いけるように、緊張感を持って全力で取り組まなければなりません。



27日に、参議員総会がありますので、東京に入ります。

29日は、中前氏の総決起集会のために戻り、それ以降は

しばらく東京です。

また、永田町での動きは皆さんにお知らせします。



2010.09.22
さすがに・・歳ですかね。

18日から、20日まで3日間、5区で街頭演説の毎日でした。

1日目は、熊田衆議院議員、2日目は、櫛渕衆議院議員、福島衆議院議員

3日目は、横光衆議院議員が応援弁士として駆けつけて下さいました。



中前氏の熱の入った演説に多くの方々から暖かいご声援を頂き、

中前氏にも大きな力になったようです。

ありがとうございました。



私は、さすがに疲れました。

声も嗄れ、何だか体に力も入らない・・・・。

気力は人一倍あるのですが、50一歩手前ですから。

考えてみれば、1月の末から、ほとんど休むことなく走ってきました。

暑い夏の疲れがどっと出てきたのでしょう。

でも、休んで入られません。

予定はびっしり詰まっています!



今日はこれから、苫小牧に向います。

新党・大地 鈴木代表にお逢いするためです。

今日のスケジュールが終了したので、岡内秘書と走ります。



明日は、当別で街頭演説、その後、旭川に入ります。

旭川は1泊。佐々木代議士の集いに出席します。細野豪志衆議院議員も

いらっしゃいます!

選挙でお世話になった皆さんとお逢いできること、楽しみにしています。



2010.09.17
両院議員総会へ

今朝は4時半に起きて朝一番の飛行機で東京へ。

党内人事を発表する両院議員総会が憲政記念会館で午前11時から

開かれました。

菅総理、岡田幹事長、鉢呂国対委員長が挨拶。

会場は穏やかな空気とともに、静かな闘志が感じられ、試行錯誤の

1年でしたがこれから、本格的にチーム民主党として新たなスタート、

国民の皆さんから頂いている大きな期待に答えるために一つになって

全力で頑張っていかなければならないと身の引き締まる思いでした。



午後、札幌にとんぼ返り。

5時から、リプラン本社にて、アース21、工務店経営者の方々と

約2時間、住宅政策の問題点についてお話をさせて頂きました
長期優良住宅の認定を受ける為に、書類の作成等にどれだけ時間と

お金がかかるか?従業員数人という工務店にとってどれだけ負担が

大きいことか
また、北海道産のカラマツなどの木材の活用について、地域の住宅を

地域の業者が建てる事の必要性など、色々とお話をさせていただきました。

是非アース21の皆さんとは、またお話がしたいです!



北海道には554万人の人が居ます。

辛い話や、問題ばかりがクローズアップされますが、一方では

様々な可能性や、人材の宝庫でもあります。

自分たちの事ばかりではなく、北海道のこと、これからの

若い人たちの事、真剣に考えている人たちが沢山います。



政治の仕組みが少し変われば、そういう人たちが活躍できる環境を

作り出すことができるんですよね。

頑張っている人たちが、正しく生きている人たちが報われる

そんな社会になって欲しい・・・心からそう思います。



2010.09.17
まずは・・・

15日の午後、札幌に戻りました。

17時から、ホップ障害者地域生活支援センターの竹田さん

のところに伺い、札幌国際短編映画祭で、ボランティアスタッフと

して、映画祭の現場で一緒に活動ができないか、お願いさせて頂きました。

16日は、商工連盟の月例会があり、その後数人の方々と、

建設、設備業界や、介護施設の抱える問題や、現状を聞かせて頂きました。

公共事業が大幅に削減される中で、下請けの会社の存続も厳しく

また、そのことによって技術者が激減していること、若い技術者を

育てられる環境にもないこと。

報われない思いから、仕事に対するモチベーションも下がってしまうこと、色々と伺いました。

地元の仕事は、地元の業者でできる仕組み作り、また、大手企業からの

不当なダンピングを規制しなければ、仕事をしても利益がない、これでは仕事があった時に人が居ないということにも将来的になりかねません。

どこの業界もそうですが、技術や経験を積んだ人材を大切にすることのできない日本の現状は、衰退の予感がします。

人の力が国の力。

大手企業にはCSR、大きな社会的責任を担っているという

意識がないのでしょうか?



つくづく、色々な分野の方とお話をすることの大切さを感じました。

まずは、私のできること、現状を知るということ。

できれば目で見る、体験する。

そして、しっかりと問題意識を持ち、何ができるのか、何をしなければならないのか

皆さんと一緒に考え、行動に繋げていくということ。

どんどん、呼んで頂いたところには出掛けて行かなくては。



2010.09.14
代表選終わりました。

少し前に、議員会館に戻ってきました。

今日は、昨夜のブログでの表明に対して、朝からご批判を

沢山頂きました。小沢先生に期待する方々の気持ちも

とてもよくわかります。

新聞に「参議員 徳永エリ 菅支持」としか掲載されませんので

ブログを見て頂けなかった方には私の思いは伝わらないなと

残念に思います。



小沢先生の演説は心に響きました。菅総理も熱が籠っていました。

投票用紙に名前を書くとき、手が震えました。

開票結果を聞いても、何だか複雑な気持ちでした。

でも、今日まで。

明日からは、挙党体制をしっかりと作って全員で頑張っていけるものと

信じていますし、私も全力で頑張ります!



さあ、この後は5区です。

中前茂之氏、何としても勝利するために、一生懸命やりますよ。

若くて、情熱があって、経験もある、即戦力。

これからの民主党に必要な人材です。

皆さん、よろしくお願いいたします。



2010.09.13
明日の代表選に向けて。

明日を控えて、気持ちを決めなければなりません。

代表選に関しては、多くの方々からご意見やアドバイスを頂きました。

どの方のお話も、思いも私にとっては一つ一つが重たく、しっかりと受け止めさせて

頂き、今までこんなに一つの事を真剣に考えたことはないというくらい、考えさせて頂きま

した。

世論というのはある意味、マスコミ世論。私はそんなことは全然意識はしていませ
ん。直接聞いた声、事務所に頂いたメールは、支持は半々です。

ただ、私としては、民主党という家族の中で、お父さんがいいのか、お母さんがいい
のか選びなさいと子供たちに言っているようなもので、新しく家族に加わった私にはいきなり
厳しい選択であります。お父さんにはお父さんの、お母さんにはお母さんの良いとこ
ろがあってそんなこと、決められないというのが私の心境のわかりやすい説明でしょうか。

それと衆議員の1期生とは違って、私たち参議員の1期生は7月26日の任期開始
から2ヶ月も経っておらず、先輩議員の方々とお話しする機会も少なく、メディアの切り取られた
情報と数少ないコミュニケーションの中での早い時期での支持表明は正直なところかなり無
理がありました。
とにかく、情報が欲しい。お話がしたい。

ある、先輩議員の方が私を呼んでくださり、民主党の歴史、ご自分自身の葛藤、民主
党のこれからへの思いや意欲を1時間近く話して下さいました。
これには心が動きました。

また、公開質問状には両候補ともに、書面でも、口答でも本当に熱い思いの回答を頂
き、早く直接皆さんにお伝えしなければなりません。

1、廃業に追い込まれた、商店などを営む個人事業主の生活をどう救済しますか?

2、北海道の農業へのビジョン

3、教育に関する国家的なビジョンと人々の意識改革の重要性

について、お答えいただきました。



先日、19歳の息子から、早朝にメールが入りました。

「おはよう。今日、ニコ生(インターネットTVの生中継です)で小沢さんのネット会
見みたけれど、すごく多くの人たちに賛同されてたし僕も結構納得できた。マスコミのマインドコ
ントロールがよくわかったよ。イメージが全然違った。あんなに饒舌で説得力のある人だと思わな
かった。
中央集権と地方分権の仕分け、絶対に必要だと思った。これを全国民に向けて放映し
たら絶対に世論がひっくり返るくらい良い内容だった。」

その後、息子とも色んな話をしました。

悩みに悩んだ結果、原点に戻って考えました。

昨年の衆議員選挙で一生活者である私が民主党に1票を投じた時の気持ち。

民主党だったら、何かが変わるかもしれない。

希望でした。

選挙に行った事のない人も選挙に行きました。

生活者の声を聞きながら、民主党の国会議員だったら、身近な存在として、難問解決
のために、また、生活の救済のために一緒に頑張っていけるのではないかと。

誰かに託しては失望し、また、誰かに託してはがっかりし、その中で何か学ばなけれ
ばいけないのではないでしょうか。それは、皆で変えていくということ。

大きな変化はまだ見えてきません。期待が大きいだけに失望も大きい。早く結果を出
して欲しいという状況も理解できます。

でも、少しずつ変わっています。もう少し、時間をかけてじっくりと取り組んでもい
いのではないでしょうか。

継続は力、石の上にも3年。

先人の言葉には経験から得た真実があると思います。

そして、甘え下手な、生意気にも思われがちな40代という世代の我々は、本当は先
輩たちの経験や知恵を求めています。支えて欲しいと望んでいます。

誰をということではなく、私は現体制の継続を望みます。

明日の投票行動はそのようにさせて頂きます。








2010.09.13
東京に戻りました。いよいよ代表選です。

おとといは、早朝、釧路から札幌に戻り、三井代表の支持者の方の歯科医院建設の

上棟式でお祝いを述べさせていただき、その後、再び帯広へ。

ばんえい競馬場で、レースを観ながら食事をするイベントがあり駆けつけました。

ばんばレースを観るのは何十年ぶりでしょうか?

迫力ある農耕馬の力のレース。北海道の開拓の歴史、文化であります。

何としても守らなければなりません。

スピードは遅いので、馬の横を一緒に走りながら声援もできます。子供も楽しめま
す。

是非、帯広に行ったらばんばレース観にいってください。北海道の皆で守る意識を持って足を運ぶとばんばも元気になります。

中国や、台湾からのお客さんにナイトイベントとしての集客にも可能性があります。

地元の方たちも色々と盛り上げていくプランを考えているようです。



屋台横丁にもおじゃましました。

選挙のとき伺ったので、全部の屋台に顔を出させて頂きご挨拶しました。

「よかったね、応援したんだよ」とウレシイ声を沢山頂きました。

本当にありがとうございました。



昨日は、帯広の公園で新党大地・鈴木代表を囲んでの十勝後援会の夜遊会

500人もっとでしょうか。大勢の支援者の方々が駆けつけ、私も選挙で

応援して頂いたみなさんにご挨拶ができて、ありがたかったです
代表選の事も、皆さんから私を心配してくださって色々なご意見を

頂きました。皆さん、そして鈴木代表、本当に感謝いたします


そして、昨日は最終便で東京に入りました。

いよいよ、代表選です。考えると緊張して体が硬直します。

息苦しい感じがします。

その位、一期生の私にとっては色々な意味で、責任の重たい選挙です。



9月8日、1期生が大変失礼な行動をさせて頂いたのかもしれませんが

受け取っていただけない可能性のほうが高いと思いながらも公開質問状を

出させて頂いた事をお話しましたが、今日、小沢先生からは11時45分に、

菅総理大臣からは13時30分に呼んで頂き、有田芳生さん、大野元裕さんと

3人で、公開質問状の回答を書面で手渡しして頂き、また、直接お話も聞かせていた
だきました。

30分近くお話をさせて頂き、私のような一議員の話を聞いてくださったことは

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今、じっくりと読ませて頂いています。考えることも沢山あります。

その上で、今日中に自分の決断をこのブログ上で表明させて頂きます。





TOP