徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

BLOG一覧

2010.05.27
改めて、現場の声を聞くことの大切さを実感しています。

illinois lottery

皆さんにご報告したいことは山ほどあるのですが、遊説スケジュールがびっしり。

早朝から、時には深夜までで、さすがの私も宿に着くとぐったり。

次の日への回復を考えると、とにかく寝よう!と、なってしまいます。

とくに五月に入ってからはほとんど札幌には居ません。

写真でご覧頂いているように、道南から、胆振・日高地方、北見・網走、十勝、そして釧路・根室、毎日が恐ろしく早く、ついに残り1ヶ月となりました。

今回の遊説で、改めて現場の声を聞くことの大切さを実感しています。

農家のこと、漁師さんたちが抱えている問題。

厳しい生活の現状、地域格差、国が早急に対応しなければいけない問題。

逆に、アイディア一杯で頑張っている市町村。

良い事も、辛い事も早急に対応、支援をしていかなければなりません。

国会議員の仕事は国防、外交、教育、経済政策。大きくはこの四つです。

自分の選挙区のためだけに働くのではなく、国全体の事を考えて働かなければなりません。

しかし、地方議員の方々としっかりとネットワークを作って、中央とのパイプ役という役割をしっかりと果たさなければなりません。

今回の活動の中で、地域の道議会議員さんや市町村議員さんにお世話になりましたが、同時にどこにどんな議員さんがいて、どんな活動をしているのかもよくわかりました。

そして、民主党北海道の議員さんと共に働きたいという想いが膨らんでいます。

北海道の元気のために、北海道の皆さんの安心の暮らしのために共に、お力になれるような、そんな政治家になりたいと思います。



2010.05.26
STVが密着取材!標津-中標津-別海-根室へ。

5月21日は、標津-中標津-別海-根室にお邪魔し、各企業、団体へのご挨拶を中心に行動させて頂きました。

この日、STV「どさんこワイド179」の密着取材です。

24日に放送されましたのでご覧いただいた方もいらっしゃると思いますが、車での移動以外
“走れ!走れ!”でした。

根室市建設協会の推薦状を頂戴しました。


「徳永エリと語る集い in 中標津」には250名お集まり頂きました。


「徳永エリと語る集い in 根室」90名の参加者です。


夜の桜見会にお邪魔し挨拶させて頂きました。



すべての予定を終了し、釧路に戻り、10時30分から夕食懇親会!

三日間ご同行頂いた皆様、そしてご挨拶させて下さいました企業や団体、道民の皆様、
本当にお世話になり、有難うございました。



2010.05.25
5月20日。引き続き、釧路にお邪魔してます

この日も、たくさんの企業、団体のみなさんにご挨拶。
お会いすることができた全ての方々と握手です。

魚問屋の森山商店さん。作業の手を休めて、徳永エリの話を聞いてくださいました。
社長の森山修一さんは、水産物流通協会の会長も務めていらっしゃいます。

釧路コールマインでは150名の方を前にご挨拶。そして握手。

しかも、激励の花束と皆様の後援会入会カードまで頂き、さらにガンバレコール。。。
感激で胸が熱くなりました。ほんとうに温かいみなさんのお心遣いに、感謝いたします。

水産のマチ・釧路にあっても、以前は35社あった漁協のセリ場は今では14社と減少し、漁獲量も大きく減っているそうです。

釧路市東部漁協の組合長を務めていらっしゃる北島さんは、徳永エリの藤女子時代の後輩のお父様で、お嬢さんから「徳永エリをしっかり応援するように!」と早くから言われていたそうです。後輩よ!ありがとう!!



2010.05.24
5月19、20日は釧路管内でした。

19日、7時30分。

リサイクル、廃棄物処理事業を行っている釧路厚生社さんの朝礼でのご挨拶からスタートです。
この日も、たくさんの企業、団体にお邪魔させていただきました。

濱谷建設さんの庭。樹齢800年のおんこ、日高石の前で記念写真。
徳永エリの隣が社長の濱谷さん。岡田篤道議、酒巻市議がこの日、ご案内くださいました。


釧路水産協会。北島会長より推薦状を頂きました。


道漁連釧路支店の神林支店長より、支持表明書を頂きました。

「徳永エリと語る集い in 釧路」。300名もの参加者です。
釧路市長の蝦名大也さんも駆けつけてくださいました。



2010.05.24
5月19日(水)「徳永エリと語る集い in 釧路」開催

徳永エリと語る集い in 釧路

と き  5月19日(水) 18:00〜   

ところ  釧路キャッスルホテル 3F「鳳の間」
    釧路市大川町2−5



入場無料です。

多くの方のご来場、心よりお待ち申し上げます。


◇◇◇ お問い合わせ先 ◇◇◇

民主党北海道第7区総支部
電話 0154-22-0101

仲野ひろ子釧路事務所
電話 0154-32-2172



2010.05.23
“もの” ではなく “人”に、大きな資源を振り向けたい。

texas lottery

私はがんばっている方々の努力が報われる社会をつくりたい。

例えば、技術をもった人たち、いわゆる職人さんたちが長い間培ってきた経験、能力、感覚。

そういった努力の積み重ねが大事にされる社会のしくみをつくりたいと思います。

苦労や努力が報われる社会であればこそ、次の世代へ、その技術を継承することができ、私たちの将来、そして社会全体の利益になるのです。

北海道は新しい産業を生み出す可能性をたくさん持っています。

554万人もの人たちが暮らす人材の宝庫です。

素晴らしいアイデアや技術を持った方々がたくさんいるのですが、なかなかスポットが当たらず、また、行動を起こすためにはお金がかかります。

いまの時代は、さまざまな分野で、 “もの” ではなく “人” のために大きな資源を振り向けるべきです。

人を育て、可能性を育てることが新しい未来を切り拓くのです。



2010.05.20
“日本ハム応援観戦ツアー”出発式で「行ってらっしゃい」

5月18日。
今日も十勝にお邪魔しています。
中札内からスタートし帯広-芽室-清水-新得-鹿追-音更の行程です。

たくさんの企業や団体、個人宅に伺い、ご挨拶させていただきました。

帯広市では、井原工業さんでご挨拶させて頂ける機会を頂戴しました。新党大地さんにご紹介いただきました。



続いて、民主党十勝が毎年企画している「日本ハム応援観戦ツアー」の出発式に。

札幌ドームに向かいます。
200名もの参加者に「行ってらっしゃぁ~い!!」


全十勝地区農民連盟さんの市町村拡人役員会議にお招きいただき、
80名のみなさんの前で政策協定の調印、そして推薦状を頂きました。





JR「スーパーおおぞら11号」に乗り、釧路に向かいます。



2010.05.19
美しい日高連峰を望みながら広尾へ。

5月17日。
日高連峰にきれいな雪ぼうし、緑に色づいてきた大地・・・北海道は本当にすばらしい~!!


今日も、農業・漁業・畜産で自給率1,200%の 『十勝』 にお邪魔しています。
終日、道議会議員の池本柳次さんが案内してくださいました。

朝一番、広尾町役場に伺いました。町長の村瀬 優 さん、職員のみなさまにご挨拶。


大樹町へ。町長の伏見悦夫さんと懇談。
今年は海水温が低く、サケ、マス漁も近くでは捕れず、燃料代をかけて遠海まで漁に出ているそうです。



JA忠類の多田智 組合長と懇談させていただける機会を頂戴しました。

6次産業(1次+2次+3次産業)についてのご意見、たいへん勉強になりました。
そして、「一人の100歩より100人の一歩が農業だ!」と力説。情熱にあふれていらっしゃいます。

新党大地の大ファンでいらっしゃる、遊佐組の遊佐隆社長のもとへ。


「徳永エリと語る集い in 十勝」
ご参加くださった方、なんと350名です!!


先の帯広市長選挙で、みごと当選された米沢さんも駆けつけてくださり、応援の言葉をいただきました。感激でした。

米沢市長と2ショット!



2010.05.18
朝から晴天!!興部-雄武-滝上-湧別-遠軽です。

5月15日。
朝からの青空は、ほんとうに久しぶりです!

今日も、たくさんの企業、団体のみなさまにお会いできる予定です。

沙留漁協さんを訪問させていただきました。

萬霊寺のみなさんのもとへ。

北振緑化さんでは従業員のみなさんにご挨拶させていただきました。


そして、雄武漁協さんのもとへ。


ほんとうに気持ちの良い天気! 道議の日下太朗さんと記念写真。


前道議で、徳永エリ紋別地区後援会会長の井上真澄さんとも。


宮下芳男さん、ほんとうにお世話になります。ご自宅前にて。


大原建設さん、ありがとうございました。


紋別市に入り、石田てつお市議会議員の事務所へ。


新党大地後援会のみなさまにご挨拶させていただきました。


「JAえんゆう」へ。タマネギとジャガイモが特産!


「徳永エリと語る集い in 遠軽」

鈴木宗男後援会会長でいらっしゃる五十嵐朝久さんも応援の演説をくださいました。

遠軽町長の佐々木修一さん。集会には間に合いませんでしたが、出張先の東京からまっすぐ、駆けつけてくださいました。


ホテルノースキングの総支配人でいらっしゃる杉本一幸さん。
北海道3区選出の荒井さとし代議士の後援会で重責を担っており、また荒井さんの奥様とは同級生だそうです。



2010.05.17
ほたて水揚げ日本一!常呂からスタート。

5月14日。
日下太朗道議会議員はじめ民主党のみなさん、新党大地のみなさん、お世話になります。

ほたて養殖発祥の地、そして水揚げ日本一の常呂漁協から行動開始です。
「常呂漁協」は、命の水系を守るため植樹活動を続けており、平成24年の漁協創立100周年に向け植樹100万本を目標としています。

「JAところ」にお邪魔しました。
麦・馬鈴薯・てん菜の主産品に加え、タマネギ・ハクサイ・ゴボウ・カボチャの栽培を拡大し、経営安定と所得向上を目指しています。

「佐呂間漁協」に伺いました。
『海難事故死ゼロ運動』を実施しており、今日まで9,420日達成中!


「JAサロマ」の組合長、向井正農夫さんを訪ねました。
サロマ湖と豊かな森に抱かれた豊かな土地で収穫された『かぼちゃ』が特産品。作付面積130ヘクタールと広大で、無添加のかぼちゃパウダーとフレークが人気です。


紋別地区に入ります。
ここから、徳永エリ紋別地区後援会の会長をお引き受け下さいました、前道議会議員の井上真澄さんが同行くださいました。

紋別市役所に伺いました。お昼休みにごめんなさい。
市長の宮川良一さん、そして幹部のみなさんにご挨拶。
写真右が宮川市長、左が日下道議です。


たくさんの企業、従業員のみなさんにご挨拶させていただきました。


新党大地のみなさんも、わざわざお集まりくださいました。


水産加工のマルヤス刈田商店さんでは、わざわざ機械を止めてまでお集まりくださいました。


「JAオホーツクはまなす」にお邪魔しました。
基幹産業は酪農と畜産。特に生乳生産量はオホーツク管内トップの9万トンを出荷!!


佐藤木材工業さんに伺いました。社長の佐藤教誘さんです。


紋別といえば、安全でおいしい海産物、流氷にガリンコ号・・・、だけではありません。林業もたいへん盛んです。写真は「からまつ」。


「徳永エリと語る紋別の集い」開催して頂きました。約100名もご参加くださいました。







TOP