徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

BLOG一覧

2013.02.04
APPF報告 ロシア代表議員団との懇談にて

 ロシアの代表議員団と28日、30分間の懇談を致しました。私が質問の機会を頂きましたので、北方領土問題に関して、「「9月のAPECで、静かな建設的な環境のもとで双方にとって受け取り可能な解決さくを見つけるべく議論を続けていきたい」と、プーチン大統領はおっしゃいました。また、先日、ラブロフ外相も「今年前半に見込まれる安倍首相の訪露について喜ばしいと歓迎の意を示すと共に、北方領土問題を含むいかなる問題でも協議を深め解決の道を探る用意がある」とおっしゃいましたが改めて、ロシア側の見解、また、代表団としてのご意見を伺いたい」」と見解を求めました。ウマハノフ連邦院副議長から、次のようなご回答を頂きました。

===

・日露の2国間関係進展の為のすべてのステップを我々は支持したい。

・我々は楽観的に捉える事が出来ると思料。

・落ち着いた、かつ感情を排した環境の中で対話を継続していく事が重要。

・その上で、両国会議員間の対話の結果、2国間の雰囲気が友好的になっており、対話プロセスに貢献している。対話は、友好的な土台を設けている。

・我々は両国がさらに歩み寄りが出来るようにしたいと考えており、対話の促進により、両国の担当者レベルの仕事もスムーズになると思料。

・互いにベストを尽くし、安倍総理訪露の成功の為に、我々も最大限の努力をしたい。

===

 非常に友好的なムードの中で行われた懇談。私にとっては、自分のそれまでの認識とのギャップを感じましたが、行く先に光がはっきりと見えている、そんな印象を受けました。



2013.02.04
APPF報告

 今日の東京は、暖かく気持ちのよい朝を迎えました。ロシアに行ってる間の資料や新聞が溜まっていましたので、週末は東京事務所でひたすら目を通していました。札幌に戻らなかった週末は久しぶりです。1月26日、第21回アジア・太平洋議員フォーラムAPPF総会に出席のため、ロシア・ウラジオストックに向いました。

自民党・今村雅弘衆議院議員が団長、私が副団長をさせて頂き、6名の代表国会議員が二班に分かれて出発。私は、成田空港から、S7という航空会社の機材でウラジオストック空港まで直行。所要2時間35分。時差は日本時間にプラス2時間です。この日は移動日で、翌日は朝からウラジオストック市内を視察させて頂きました。このタイミング以外は27日の夕方から30日まで、APECが昨年の9月に開催された、極東連邦大学のキャンパスに缶詰ですから、短い時間ではありましたが、ウラジオストックの名所を巡って参りました。また、リクエストをさせて頂き、ランチは一般の家庭にお邪魔し、手料理を頂きながらゆっくりとお互いの国の事、語り合いました。気温はマイナス15度前後。雪は少なく、乾燥しています。風が強いので体感温度は非常に低く、痛いと感じる寒さでした。室内はコジェネレーションシステムを使ったセントラルヒーティングになっていて、どこに行っても25度くらい。町並みは歴史ある建物が建ち並び、美しく、雰囲気は港町なので北海道で言うならば、函館や小樽のような、何だか懐かしい感じがしました。走っている車の9割は日本の中古車。20年経っても壊れないという日本製に対する信頼は絶対的なものだそうです。ですから、車に限らず、日本製の人気は大変に高いそうです。さて、APPFですが、3日間の会議で、「政治及び安全保障に関する問題」「経済及び貿易に関する問題」「アジア・太平洋における地域協力」「APPFの今後の活動」に関して、各国議員から発言をします。会議に平行して起草委員会が開かれていて、コンセンサスと言う形で、各国からの意見が取りまとめられます。南シナ海の問題や、TPPに関して、中国代表団の方々とは激しいやり取りもありましたが、最終日には決儀、及び共同コミュニケの採択が行われ、各国の代表団団長の署名を持って閉会となりました。私は2日目、29日に「経済及び貿易に関する問題」に関して本会議で発言をさせて頂きました。また、ロシアの代表議員団、メキシコの代表議員団、ブルネイの代表議員団と2国間懇談をさせて頂き大変に有意義な意見交換が出来たと思います。



2013.01.25
明日から、ロシア・ウラジオストックへ行って参ります!

第21回アジア・太平洋議員フォーラムに出席のため、明日から6日間、ロシア・ウラジオストックに行って来ます。暫く、ブログが書けませんが、帰ってきましたら、写真と一緒に詳しくご報告させて頂きます!何にも準備をしていないので、これから帰って支度します。ロシアは、この時期の気温はマイナス20度だそうですが、昨年の2月モンゴルに行ったときの事を思えば、マイナス20度ぐらい・・・。しかし、私が北海道出身だからなのでしょうか?寒いところの仕事が廻って来ているような。でも、貴重な経験をさせて頂いていると感謝の気持ちで一杯であります!明日は、成田空港から直行便でウラジオストックに入ります。成田から2時間35分で着きます。参議院、衆議院、2班に分かれて向いますので、私は自民党の磯崎仁彦議員と衆議院よりも1日早く現地に入りますので、明日は町を視察出来ます。そして、夜は会議に向けてしっかりとデータを頭に入れなければなりません。議員外交は大切な事です。与えて頂いた時間を有効に有意義に使わせて頂いて参ります!



2013.01.24
1998年以来の綱領作成

昨日は、民主党の綱領委員会総会が開かれました。2月24日の党大会までにこれからの民主党の政治活動の柱となる綱領を作るための意見交換が行われました。出席議員から熱い心のこもった意見が次々と飛び出しました。まだ、案の段階で内容を皆様にお示しする事はできませんが、改革政党、そして、国民政党であるという決意を込めた内容となりそうです。すべての人に居場所と出番がある。共に支え合いながら人間らしい生き方のできる社会を目指します。そう・・・それが民主党だったんです。しかし、政権を取ってからの民主党は、法人税減税に始まり、TPPや消費税増税。どんなに正当な理由があっても約束は約束です!これからは、国民の皆さんとのお約束を守る事を一番に考えなければなりません。今日は、明日25日、畜産部会で酪農・畜産価格が決まりますので、参議院農林水産委員会は閉会中審査でした。私は自分史上2番目に長い50分の質問に立たせて頂きました。終わって、ほっとしています。後は、明日、北海道の酪畜農家の方達に安心して頂けるような結果が出る事を願うばかりです!そして、明後日からはロシア、ウラジオストックです。APECが開かれた会場で、第21回アジア・太平洋議員フォーラムに出席します。31日までの6日間。本会議で決議を発表する事にもなっていて、初めての国際会議。緊張しますが頑張ってきます!!

 

 



2013.01.22
息つく暇もない!?

一昨日は十勝の池本道議の新年交礼会に今年も呼んで頂きました。毎年、お招き頂いて優しく、個性的な後援会の皆様と、アットホームな雰囲気の中で過ごせる時間は私にとって本当にありがたく、勇気を頂く機会でもあります。民主党北海道の代表人事の件で、何とも嫌な思いを沢山しましたので、久しぶりに気が晴れました。さらに、今日の毎日新聞の北海道版に真相のすべてが掲載されましたので、久しぶりに晴れやかな気持ちですが、しかし・・・。多くは語りませんが人間関係と言いますか、残念な気分です。昨日は、ビートの調査の結果を道庁の担当者の方々が事務所に説明に来て下さったり、友人の現代美術家が北海道文化奨励賞を受賞し、そのお祝いの会に伺ったりして、今朝の飛行機で東京に戻りました。戻っていきなり、調査会の打ち合わせ、ロシアでの議員フォーラムの打ち合わせ、民主党改革創生本部の会議、超党派の被災者支援議員連盟の設立総会等々続いてお昼ご飯も食べられず・・・・。北海道から首長さん達も次々、要望に見えました。北海道の方々がお見えになるのは嬉しいものです!さあ、また明日から元気に頑張ります!



2013.01.15
大雪!?首都圏を直撃

爆弾低気圧の影響で、首都圏は大雪に見舞われました。北海道で暮らす私たちにとっては冬場は毎日の事ですが、東京都心では10センチも雪が降ると交通ダイヤの乱れ、高速や一般道路の通行止め、転倒事故等が相次ぎます。昨日は成人式。晴れ着姿の新成人には良くも悪くも忘れられない成人式となった事でしょう。私も昨日は札幌から東京に戻る予定でしたが、羽田空港の滑走路が夕方まで閉鎖されていたため断念、今朝の飛行機で戻ってきました。1年の半分近く、雪の中で暮らす雪国のハンディキャップをこういう日があると、少しは都会の人たちに理解してもらう事が出来るのでしょうか。ところで、徳永事務所も引き継ぎを終えて、今日から新しいメンバーでのスタートとなりました。新しい環境にそれぞれが緊張しているようですが、力を合わせていい仕事ができるチームになっていく事、心から望んでいます。明るい笑顔でお客様をお迎えできるように務めますので、是非、東京にいらしたらお立ち寄り下さい。



2013.01.09
引き続き新年会

7日、連合北海道の新年会の後に、衆議院選挙の慰労会を行い、佐々木先生、逢坂先生、仲野先生、山崎先生、山岡先生が、出席されました。必ず帰ってきて頂くためにも、しっかりと留守を預からなければなりません。とても、大きなプレッシャーを感じていますが、留守を預かるもの責任として、できることは何でもやって行きたいと思います。仲間の皆さんとの結束をかためていくことは、色々な意味で大変なことだと思いますが、民主党北海道存亡の危機であるということをみんなで自覚しなければなりません。私たちの理念が反映された政治を再び取り戻し、国民の安心と平和を守っていくためにも、民主党北海道を無くすわけにはいかないのです。夏の参議院選挙では、絶対に議席を減らすわけにはいきません。今まで、ずーっと民主党を支持して下さっている方々のお気持ちに応えるためにも、民主党北海道、再生、復活、一丸となって必死で取り組まなければならないのです!

 



2013.01.06
新年の活動

札幌は、年が明けてから雪もあまり降らず、比較的良いお天気が続いております。気温は低いですが。私は、毎日のように賀詞交歓会に追われております!昨日は朝4時に起きて、札幌の中央卸売市場で行われた初セリに出席。威勢の良い仲買人の声に元気を頂きました。年明け早々、悩ましいこともありますが、元気が一番。頑張らなくっちゃ!



2013.01.01
新しい年を迎えました!

皆様、明けましておめでとうございます。大晦日は、家族のように親しい仲間たちと共に、札幌市内、道庁近くの老舗旅館「中村屋」で年越しをしました。毎年のことです。お料理は美味しいし、年越しそばも作ってもらえるし、朝はお餅つきをしてくれて、つきたての餅が食べられます。今朝は、お雑煮ときなこもち、大根おろしもち、納豆もち、お腹いっぱい頂きました。穏やかないいお正月です。ほんの束の間の身体と心の休息です。今年は4日から始動です!私にとっては、試練の年になることでしょう。しかし、何があっても、何と言われ様とも、責任のもとに全力で突き進むしかないのです。民主党がやってきたこと、3年3ヶ月のあの闘いの日々を自民党によって無にされないように、守るべきものはしっかりと守っていかなければなりません。TPP、エネルギー政策、教育や社会保障制度改革、国民の声にしっかりと耳を傾けなければ、この国の未来はないと言っても過言ではありません。日本の国は日本らしさを守り、人間力を充分に発揮できる環境整備をしていくことが大切です。他の国にはできないこと、ないもの、他国の人たちから、評価の大きなところに日本のこれからの在り方を見いだすべきです。考えを同じくする仲間たちとそんな活動もしていきます。至らぬところも沢山ある私ですが、どうぞ今年もよろしくご指導下さい。



2012.12.26
新たなスタート

3年3ヶ月、一言で言えば「闘い」だったと思います。誰と・・・それは権力との闘いです。政官業の癒着を断ち切る。経済至上主義からの脱却、原発・エネルギー政策、TPP参加交渉、そしてマスメディア。今回の衆議院選挙では、ある意味、ペイバックされたと言ってもいいのではないでしょうか。民主党がやってきたことの成果をわかっている人たちがみんな口を噤んだ。地域主権改革、原発問題、被災者支援、北海道で言うならば農政。現場の声を形にと、先頭に立って頑張ってきた民主党の議員達。落選という結果に、人間不信に陥るほどのショックを受けています。私も、民主党が大敗したことよりも、もっと別な大きなショックと失望感で一杯です。しかし、私たちもいろいろ学習しました。何がいけなかったのかということを。そして、国民が求めている政治の姿はどういうものなのかということも。心から反省をし、改めるべきことは改め、今日から新たなスタートです。衆議院57人、参議院88人。145人の仲間達で、これからどんな民主党にしていくのか、私はその再生に向けて、暗い気持ちでのスタートではありません。むしろ、意欲と責任で身の引き締まる思いです。代表も海江田万里代議士に決まりました。幹事長は細野豪志代議士。今日、明日中には党の他の人事も決まることでしょう!挙党一致、スクラムをがっちり組んで頑張るのみです。

 

 





TOP