徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

投稿者アーカイブ

141 / 283« 先頭...140141142...最後 »
2012.09.12
民主党代表選挙について

9月21日、民主党の代表選挙が行われます。

私は、民主党復活会議そして、真の一体改革を実現する一期生の会のメンバーとして思いを同じくする仲間の議員と共に、私達が目指してきた民主党の真のリーダーを擁立するために出来る努力をしてきました。しかし、立候補の締め切りまでに、当初の目標とは違い、候補者を一本化することができませんでした。

結果、野田総理の対抗馬として、原口一博元総務大臣、赤松広隆元農林水産大臣、鹿野道彦前農林水産大臣の3人が出馬。党員、サポーターの皆さんからお問い合わせがありますが、私は、現時点ではどなたを支持するか決めかねています。今回の代表選はどの選対にも属さず、最後まで候補者の政策をチェックし、演説を聞かせて頂き、支持を決めさせていただきます。今、私は釧路に居ります。夕方には根室に入り、明日から北方領土に行って参ります。

 



2012.09.10
第180回通常国会閉会

1月24日に召集された第180回通常国会が9月7日閉会致しました。現憲法下で3番目に長い、229日間の会期でした。社会保障と税の一体改革の審議の過程で民主党の中で意見がまとまらず、混乱の中で政調会長に一任、また、納得のいかない自公民の三党合意を経て、法案採決、成立という流れになりました。消費税増税法案に関しては多くの議員が造反、または棄権し、結果私たちは58名の仲間を離党という形で失う事となりました。私個人としても苦しい場面が多々あり、色々な意味で長く、険しい時間でありました。

民主党の代表選挙が9月21日に行われます。反野田勢力として代表選勝利に向けて戦うと宣言した民主党復活会議も、真実の会も結果的には候補を一本化して戦う事に至らず、今にして思えば後悔する事多々あります。政治の世界で取りまとめる力というのがいかに重要か、そして、その力を持った人が本当にいないと言う事が良くわかりました!確かにすばらしい仲間も沢山いますが、政治の世界は本当に孤独なものです。でも、色々な事にめげていた私も段々と強くならざるを得ないようです。しかし、報道番組を見ていると随分と真実とは違う報道をされていて、本当の事をわかっているはずのコメンテーターも同調している姿をみると、この人たちは自分たち罪深さをわかっているのだろうかと怒りを感じます。正しい情報をメディアから得る事の出来ない国民が最も不幸です。メディアが世の中を変えられる、メディアに関わる方達はその事をしっかりと意識して、正義感を持って働いて頂きたい・・と思います!国民の皆さんも、メディアによって作られたムードに乗せられることのないように、考える力を持って頂きたい、皆さんの力で政治を変えるんだというくらいに真剣に政治の事考えなければならない、これからはそういう時代になっていくのではないでしょうか。

一昨日は、施設のお祭りにおじゃましました。障害のある方々が生き生きと働き、また表現をする姿を楽しく見せて頂きました。また、児童養護施設の興正学園の学園祭にも昨年に続きおじゃまする事が出来ました。好天に恵まれ、子ども達が本当に楽しそうでした。時間を作って子ども達と遊びたいな。興正学園の子ども達を今年も、札幌短編映画祭にご招待させて頂きました。映画祭の実行委員会の皆様のご好意と、札幌市長に感謝致します。

昨日は、風力発電で有名な苫前町に行ってきました。高齢者施設の方々をご招待しての嘉門衛信舞踊団の公演でご挨拶をさせて頂きました。森町長が是非、苫前町の高齢者の方がに喜んで頂きたいと企画なさったもので、森町長も自慢ののどを披露されておられました。森町長ともゆっくり、苫前町の課題や、再生可能エネルギーについて、また、高台から漁港を見ながら施設や催しについてご説明を頂き、大変有意義な時間でした。ありがとうございました。

今日は東京、明日は朝、札幌に帰り、明後日は釧路から根室に移動し、翌日から北方領土に行って参ります。

 

 



2012.09.07
会議

○農林水産部門会議・食の安全・安心ワーキングチーム会議
「食のトレサビリティ法」について、食品の範囲、所要のために出荷される家畜、食品添加物について農林水産省及び衆議院法制局から説明を受け、意見交換を行いワーキングチームとしてとりまとめました。


○東日本大震災復旧・復興検討プロジェクトチーム・原発事故収束対策プロジェクトチーム合同会議
「東京電力原子力事故により被災により被災した子どもをはじめとする住民等の生活を守り支えるための被災者の生活支援等に関する施策の推進に関する法律案」の基本方針について復興庁より説明を受け、意見交換を行いました。


○両院議員総会
第180通常国会が閉会し、両院議員総会が開催されました。

P1110974.jpg P1110976.jpg P1120029.jpg P1120052.jpg P1120058.jpg




2012.09.07
今日の予定(9/7)

8:15 酪農・畜産ワーキングチーム会議
9:00 東日本大震災復旧・復興検討プロジェクトチーム・原発事故収束対策プロジェクトチーム合同会議
10:00 農林水産委員会
10:20 沖縄・北方問題に関する特別委員会
10:45 共生社会・地域活性化に関する調査会
10:55 行政監視委員会
11:00 議員総会
11:30 本会議
12:00 議員総会
12:00 会合
13:30 両院議員総会



2012.09.06
今日の予定(9/6)

9:30 国土交通省港湾局より予算説明
10:30 原発事故収束対策プロジェクトチーム総会
12:00 サフランの会・大城弁護士と「子ども・被災者支援法」についての意見交換
13:00 懇談
14:00 仮設住宅支援対策チーム会議 岩手県仮設住宅訪問報告
15:30 消費者庁より説明(黒糖表示について)
16:00 経済連携プロジェクトチーム総会
17:00 雪氷プロジェクトチームの小嶋氏来室



2012.09.05
会議

○戸別所得補償制度検討ワーキンングチーム会議

平成24年度のの米の作柄概況、水稲収穫量の調査等について、農林水産省より説明を受けました。

○経済連携プロジェクトチーム総会

TPPの懸念事項について議員間討議を行いました。

○「民主党への緊急提言2」を受けての勉強会

「民主党への緊急提言2」について提言された、東京大学社会科学研究所の大沢真理教授と慶應義塾大学経済学部の井手英策教授をお招きして勉強会を開催しました。

P1110782.jpg P1110795.jpg P1110803.jpg P1110809.jpg

 



2012.09.05
今日の予定(9/5)

9:00 戸別所得補償制度検討ワーキングチーム会議

10:30 経済連携プロジェクトチーム総会

13:00 水産庁より説明

13:15 民主党復活会議事務局会議

13:00 心のケア・ワーキングチーム会議

14:00 復興庁より説明

14:30 農林水産省消費安全局より説明

15:00 懇談

16:00 「民主党への緊急提言2」を受けての勉強会

16:30 農林水産部門会議

17:00 正副幹事長会議

18:00 民主党復活会議候補者決定大会(予備選)



2012.09.04
今日の予定(9/4)

10:00 議員総会

11:00 選考委員会

11:00 環境省より説明

11:30 農林水産部門座長等連絡会議

13:00 陳情・要請対応本部(幹事長室)当番

14:00 懇談

14:00 文部科学・国土交通・内閣部門・警察行政ワーキングチーム合同会議(通学路等の交通事故ゼロ対策を進める提言)

16:00 議員総会

16:00 農山漁村6次産業化検討ワーキングチーム会議



2012.09.03
農林水産部門会議

平成25年度農林水産関係予算概算要求(特に特別重点要求、重点要求)について農林水産省より説明を受けました。

P1110772.jpg




2012.09.03
幌加内町新そば祭り

9月1日、幌加内町の新そば祭りにお招き頂きました。また、そば打ちの検定試験も行われ緊張感の中それぞれ実力を充分に発揮すべく頑張っておられました。幌加内高校では授業の中でそば打ちを習うそうで、卒業までに必ず初段を取らなければならないそうです。この日も幌加内高校のブースの前には長蛇の列。大人気でした。私も高校生が打ったおそばを食べてみたかったですが並んでいる時間がなく、町長さんが打ったおそばを頂きました。こしがあってとても美味しかったです!そばの収穫は9月の上旬、幌加内の町の中はさすがに日本一のそばの産地、どこを見てもそば畑です。白い可憐な花が畑一杯に咲いています。

午後は、沼田町におじゃましました。雪冷熱エネルギーを使った米などの貯蔵施設を視察。改めて、雪の利用価値を実感しました。沼田町生涯学習センターでは全館に冷水式による雪冷房が導入されています。また、雪の科学館の雪室では農作物や熟成中の加工品などが貯蔵され、長期間保存した場合の品質の劣化などの調査も行われています。もう、10年以上たったお米もありましたが、品質、味ともに新米のときと何ら変化はないそうです。同じく、雪冷房が導入されているしいたけ発生棟も見学。冷房に必要な雪は「沼田町雪山センター」から定期的に補充することによって施設の横に作られた貯雪槽を小さく作り、コストを削減する事ができます。雪山もバーク材をかけてカバーしておけば夏の間も解ける事なく利用する事が出来ます。本州の方の感覚だと雪はすぐに溶けるもの、冬に降った雪を夏の終わりまで貯蔵し冷房に使うなど感覚的に理解できないようですが実際に見て頂き、莫大な除雪費用がかかっているのにただ捨てるだけの雪をもっと有効活用する取り組みを北海道をあげてやるべきではないでしょうか。特に基礎自治体は積極的に導入して頂きたい。農林水産省の六次産業化に対する補助金も使えますし、環境省でもCO2削減の事業として雪冷熱エネルギーには積極的です。また、豪雪議連が中心になって「豪雪地帯特別措置法」の改正案も成立。雪冷熱エネルギーも特出しましたので積極的に動かれる事を期待します。

夜は石狩まで走り、織田のぶよし道議会議員のジンギスカンパーティーに参加。衆議院第5選挙区候補者の中前茂之さんは汗だくで支援のお願いをしておられました。厳しい情勢に追い込んでしまっているのは私たち国会議員の責任です。中前さんのように実力ある、若い人たちが新しい政治を作っていきます。しかも彼には経験と実力があります。即戦力です。党を越えて、彼個人のご支援をよろしくお願い致します!


 

 




141 / 283« 先頭...140141142...最後 »

TOP