徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

投稿者アーカイブ

242 / 283« 先頭...241242243...最後 »
2010.12.13
地球温暖化対策

RIMG0003.jpg


12月13日(月)

政府は、衆議院で継続審議になっている「地球温暖化対策基本法」基本的な方向性について、12月17日(金)に取りまとめる予定です。それに伴い、関係する各部門会議では、主要3施策(国内排出量取引、地球温暖化対策のための税、再生可能エネルギーの全量固定価格買取制度」について早急に提言をまとめます。




2010.12.12
雪です、今日は寒い。

10日午後、札幌に戻りました。帰ってくるたびに寒くなっている事を実感します。
でも、例年よりは雪が少なく、また気温も高いようです。事務所に着いて間もなく、
北海道民主医連の方々がお見えになり、高齢者医療制度、国保制度の改定についてご
意見を頂きました。開発局の方もおみえになり、後志方面の高速道路関連のお話を聞
かせていただきました。11日、昨日は美瑛におじゃましました。農民連盟のみなさ
んと、農政について意見交換会ということで、佐々木座長と共に伺い、ゆっくりとお
話させていただきました。その後、場所を移しての懇親会、結びに記念撮影をさせて
頂きました。

今日は朝から、砂川。風が強く地吹雪が起きていて、視界が数メートルといったとこ
ろ。事故も目撃。ちょっとスリリングでした。久しぶりに岩瀬牧場に伺い奥様にお逢
いしてまいりました。ジェラード食べたかった!その後、稲村ひさお道議の事務所開
きに伺い、激励のご挨拶をさせて頂きました。いよいよ、統一地方選挙に向けて本番
です。民主党にとって、地方議員の皆さんにとって厳しい選挙になるとは思います
が、私たち党の国会議員は元気に一所懸命やっていますからメディアからは伝わって
こない、見えてこない状況をしっかりとお話させて頂きながら道民のみなさんにご支
援をお願いし、ふるさと北海道を元気にする為に地方議員のみなさんと共に頑張って
参ります!!帰りに岡内秘書と岩見沢に行き、取材や選挙の時お世話になった駅前の
食堂にご挨拶に伺い、天ぷらそばと名物げそ丼を食べてきました。なんとも庶民的で
はまる味。美味しかったです。また、おじゃまします。



2010.12.10
要望

RIMG0001.jpg


12月10日(金)

北海道土地改良事業団体連合会上川支部の方々が「農業生産基盤整備の促進を求める要請」にお見えになりました。




2010.12.10
打ち合わせ

RIMG0004_2.jpg


12月10日(金)

明日、JAびえい大町で農政について意見交換会が行われます。講演させていただきますが、前農林水産大臣政務官の佐々木隆博 衆議院議員も出席されるので、表敬訪問を兼ねての打ち合わせです。




2010.12.09
しばらく行ったり来たりですね。

昨日の午後の便で、東京に入りました。農林水産部門会議の懇親会が行なわれ、午後
7時からでしたのでそれに間に合うように帰って来ました。衆議院の先生たちとお話
しする機会がなかなかないので昨日はお話がゆっくりできてよかったです。ただ、さ
すがの私もちょっと疲れが溜まってきました。今日は朝、エンジンがかかるまで大変
でした!午前中は農林水産部門関連の会議がびっしり。国会は閉会中ですが部門会議
はまさに熟議の日々であります。

明日、また札幌に帰ります。そしてあさっては美瑛にお邪魔します。



2010.12.09
農林水産部門会議

101209_093829.jpg RIMG0009.jpg


12月9日(木)

農林水産省より「食に関する将来ビジョン」「農業予算に関する論点整理」「平成22参水陸稲の収穫量」「外国資本による森林買収に関する調査結果」について説明を受けました。
「23年産米の都道府県別の生産数量目標」について、全国の生産数量目標の795万トンを都道府県別の米のシェア・需給実績等から需給目標決めて配分したことに、事前に説明が無かったこと、生産目標を守ってきちっと販売しているのに生産目標が減らされていることなどへの意見が出ました。


【食の安全・安心ワーキングチーム】
昨年4月に成立した「米のトレーサビリティー法」について説明を受けました。米穀等のトレーサビリティ(取引等の記録の作成・保存)は農林水産省単独の所管で本年10月1日に施行で、指定米穀等の産地情報の伝達は来年の7月1日に施行されます。




2010.12.08
米の備蓄

RIMG0006.jpg

12月8日(水)

農林水産部門会議の戸別所得補償制度検討ワーキングチームは、農政に関わる問題をさらに検証することにしています。本日は、米の備蓄とその作付け、農地の規模拡大、中国への農林水産物の輸出について、農林水産省より説明を受け質疑応答をしました。
平成23年度概算要求の結果がまだ出ていませんが、備蓄については米穀の需給・価格の安定を目的とし、回転備蓄から棚上げ備蓄(国内米を5年間備蓄)へと移行し、20万トンを競争入札で買い入れることにしています。但し、この部分については、「戸別所得補償制度」を利用することはできません。

農地の規模拡大は、農地利用集積円滑化事業により面的集積を強化していきます。また、中国への農林水産物・食品の輸出額は465億円、中国から日本への輸入額は8,486億円です。中国国内での富裕層が1億人を超える予測(通商白書)が出ているので、お米などの農産物の輸出をワーキングチームで検討します。尚、本日より筒井信隆農林水産副大臣が訪中いたします。

 



2010.12.07
会議

12月7日(火)

【総合特区】
 平成22年6月に閣議決定された「新成長戦略」に基づいて創設が予定されている「総合特区制度」について、各関係省庁より説明を受けました。
 現在、地方公共団体や企業・団体などの延べ278団体から計450件の新たな提案(アイデア)が提出されています。
 北海道において過去に行われた「構造改革特区制度」の利用は112件あります。


【公務員制度改革】
 内閣府より「自律的労使関係制度に関する改革素案」について、目的・制度の概要・組織等の説明を受けました。



2010.12.06
札幌です。

3日、国会が閉会となり夜は大臣との懇親会がありましたので4日の朝、札幌に帰っ
て参りました。飛行機に乗って資料を読んでいましたら、ポンっとひざを叩かれ、顔
を上げると前原外務大臣ではありませんか。大臣は空と陸から北方領土を視察し、返
還運動をしている方々と懇親会を行う為に根室に入られました。講演のスケジュール
が入っておりましたのでご一緒できませんでしたが、できれば大臣と共に根室に入り
たかったです。これからまた、そんな機会もあるでしょう。それにしても、民主党へ
の皆さんのご意見はますます厳しくなっています。誤解も沢山あります。何よりも説
明不足と情報不足。しっかりと広報を強化していかなければなりません。広報委員と
しての責任を皆さんの声を聞いてますます強く感じました。委員の皆さんに伝えなけ
ればならないことも若干情報を集めましたから、意義ある広報活動ができるように頑
張ります。昨日は山田前農林水産大臣がお見えになり、私も道農連全道地区・市町村
組織委員長会議に出席させて頂きました。平成23年産米の生産数量目標が数回に渡
る議論の結果、795万トンと設定されたところまでは納得だったのですが、都道府
県別の生産数量目標が知らないうちに、(私たちに説明されないうちに)都道府県に
決定事項として下りていて

説明の仕様がありません。真面目に生産数量目標を守り、米が余らないように販売努
力もし、戸別所得補償制度のモデル事業に多くの人たちが参加した北海道の農家の皆
さんは怒っています。怒って当たり前です。生産数量目標の増減率が前年のマイナス
3.4パーセント。まさに努力が報われない状況です。あさって、東京に戻りますの
で、この件については部門会議でしっかりと説明を受けてきます。



2010.12.03
国会閉会

12月3日(金)

本日、午前中に委員会、特別委員会、調査会で会期末処理が行われ、12:00からの参議院本会議にて閉会中審査の手続き等を行って第176臨時国会が閉会しました。




242 / 283« 先頭...241242243...最後 »

TOP