徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

菅総理大臣との懇談

午後、参議院会館に入る。

柳生秘書と23日から私設秘書として来てくれた阿部菜央子さんが

にこやかに迎えてくれた。

菜央子さんは大学生時代、私の経営する飲食店でアルバイトをしていた。

大学卒業後、東京で就職頑張ってきた。明るくて働き者、31歳独身の優秀な人材。

公設秘書を目指して経験を積みたいと、熱意を持ってわたしのところに来てくれた。

ありがたい。



私の机の上には留守の間に届いた資料や、要請、要望書が積んである。

一つ、一つ目を通す。要望の内容も様々。どれもこれも、当事者の事を考えると

深刻である。



14時、菅総理との懇談の開始時間の15分ほど前、事務所を出て地下の通路を通り

衆議院会館の菅総理の事務所へと向う。

部屋の前にはTV、新聞、記者たちが大勢いる。

部屋に入ると会議室のテーブルが取っ払われ、菅総理を囲んで座るように

椅子が並んでいた。

一番前の、一番端に座る。

予定時刻直前に出席者が揃った。全員で7人。

参議員の一期生6人と衆議院の1期生、日程が合わなかった1人。



14時、菅総理がお見えになり、懇談が始まった。

全員、意見も質問もさせて頂いた。

私は、総理の日本の国のビジョンと政治理念を伺った。



その後、09政権マニフェストの原点に帰り「国民の生活を守る会」に出席。

三井代表や、松木代議士にもお逢いしたかったし、何よりも小沢先生を支持する

緒先輩方のお話をじっくり聞きたかったのだ・・・。





そして、18時からの新政局懇談会・懇親会にも出席。

久しぶりに、佐々木政務官、鉢呂代議士とゆっくりお話ができた。





2010.08.25|BLOG

TOP