徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

がんばれ!中前茂之!

枝野幹事長がお見えになり、厚別で街頭演説。

私も演説をさせて頂きました。

中前氏の、熱の篭った街頭での言葉、訴えを聞いていると

彼の中の強い思いが伝わってきて、何としてでもこういう情熱ある若い人に

国政の場で働く機会をみなさまに与えていただきたいと、私は思います。



政権与党が、民主党に代わって、一番期待しなければならないことは

国民が政治に高い関心を持つということ、山積している国難の解決を

政党や政治家に委ねるのではなく、一緒に声をあげ、行動し解決していくというこ
と。

地方主権、新しい公共、これは政治家だけでは進められないことです。

皆が努力する、問題意識を共有する、理解し協力し合って共に行動する。



依存型の政治に戻してはいけないのです。

誰かに何とかしてもおう、期待し、失望する、この繰り返しでした。

それではいけない。

自分たちが変えていくんです。その意識を強く持たなければならないと考えます。



私の事務所に、代表選、どちらを支持するのか、早くはっきりして欲しいと

沢山お電話を頂いています。

私の考え方はぶれません。

しかし、選挙ですから冷静にじっくりと最後の最後まで考えなければならないことも
あります。

皆さんにご説明もしなければなりませんし。

もう少し、時間を下さい。



2010.09.07|BLOG

TOP