徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

両院議員総会

久しぶりの両院議員総会です。問題、課題が山積している中どんな総会になるのか、
不安とプレッシャーで一杯でした。物事はじっくり話してみないとわかりませんか
ら、政府、執行部のやり方も頭ごなしに批判はできません。国会議員からの意見や非
難の声を聞きながら菅総理は何度も頭をかしげていらっしゃいました。「そんなつも
りないんだけど・・・。そういうふうに受け止められているのかな。」総理の中でも
色々な思いがあると思います。だからこそチーム民主党、もっともっと熱くいい議論
をしていきましょうよ。私たちも有権者に総理のお考えを問われた時にきちんと説明
できるような意思の疎通が必要なのではないでしょうか。とにかく、ひと事のように
「統一自治体選挙は厳しくなる!」なんておっしゃらないで、仲間の皆さんのために
頑張りましょう。本当に地域の為に頑張っている人を中央の責任で落選させるわけに
はいきません!!私は民主党の一員にしていただいた事を感謝しています。特に北海
道の地方議員の方たちはみんな大切な仲間。一緒にこれからいい仕事をしていくパー
トナーですから。何としてでもこの春の選挙、乗り切らなくてはなりません。今年は
民主党の政策実感元年と申し上げています。普天間、尖閣諸島、北方領土、外交や国
防問題に対する対応がうまくいかずそのことばかりが表に出てしまって、まるで民主
党は何もやっていない政党のように思われていますが、地方を回れば地方交付税を増
額してくれて助かったといわれますし、47都道府県の中で一般公共事業費が3%減に
留まったのも北海道だけですし、米の生産数量目標にしても、北海道は優遇されるこ
とになりましたし、何と言っても社会保障費、22年度は前年比の9.8%増だったん
です。来年度予算ではさらに5.3%増になります。国民の命を守る責任は政治にあ
りという民主党の強いメッセージの現われです。経済、雇用対策も喫緊の課題として
本当に一生懸命取り組んでいます。とにかく、23年度予算が成立したら、国民の皆さ
んに民主党の政策を実感していただけるようなことが沢山起きると私は思っています
から、その事をお伝えしていかなければなりません。



2011.01.12|BLOG

TOP