沖縄等米軍基地問題議員懇談会が開かれ、22日に嘉手納飛行場で発生した火災について外務省、防衛省からヒヤリング。

防衛省が火災を確認したのは、何と米軍の広報からのプレスリリースで。明らかに日米合同委員会合意に違反している。

しかし、こういうことが繰り返されていても、住民に危険が迫っていても、米側に厳しく抗議できない理由が分からない。