9月3日、午後5時から記者会見を開かせて頂きました。「国民民主党 北海道総支部連合会は、私を含め、国会議員、

次期衆議院選挙候補予定者、自治体議員、職員の皆さん、全員で合流新党に参加することを決めさせて頂きましたので

ご報告します」と申し上げました。国民民主党は歴史的政権交代を実現させて頂いた、民主党の法的存続政党であり、

1998年からの民主党の22年間の歴史に幕を下ろす事になります。民主党、民進党、国民民主党と大変な時もご支援

頂いた皆様、特に国民民主党になってから、北海道でお支え頂いた、連合傘下の産業別労働組合の皆様には、

心から感謝していますし、また、存続できなかったこと、本当に申し訳ありませんでした。

8月19日の両院議員総会で「国民民主党は解党して、同じく解党する立憲民主党と新党を作る」ことを決めてから、

国民民主党が無くなることをどうしても受け入れられず、夜ベットに入ると仲間の皆さんと一緒に活動した様々な

シーンが次々と目に浮かんで涙が出てくる毎日でした。国民民主党は本当に良い政党でした!!

新党に参加するなら全員で、という思いは叶いませんでしたが、国民民主党でみんなで作り上げて来た文化、

女性議員や若手議員の活躍、地方議員との連携、政策提案をスピード感を持って行うこと、とにかく揉めずに

異なる意見を理解して受け入れる姿勢などを、新党の中でも実現し、明るく活気のある新党にしていきたいと思って

います。また、一日も早く、今回参加できなかった仲間の皆さんと、さらに大きな塊ができるように努力を続けます!!

「国民民主党 設立から約2年間、応援して頂いた皆さん、本当にありがとうございました」