徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

天候が心配です。

金曜日、予算委員会が終わってから、午後7時30分の便で札幌に帰りました。「議
員、今日予算委員会をTVで見ていた方からお怒りの電話やメールが沢山きていました
よ。隣の小見山議員と西村議員と質疑者が話をしているときに笑ったり、しゃべった
り失礼だと・・。」岡内秘書の報告。「えっ!本当?TVでは私たちが何を言ってるか
聞こえないからね。誰とは言いませんが質問のときに別人のように変わる人がいるん
ですよ。いつも汚い言葉を使って野次を飛ばしているのにやさしい、穏やかな雰囲気
に豹変したり、、被災地に一度も行っていないのにも関わらず、まるで見てきたかの
ような質問をしたり。私たち一期生にはそんな嘘が許せない。呆れてしまって苦笑し
ているんです。以後、気をつけます。」ということなので、私という人間をご信頼い
ただけるのなら、状況をもっと分析して頂けるとありがたいのですが・・。そんな状
況の中でリアクションしてしまうのが自然なのではないでしょうか?翌朝は岡内秘書
と共に深川に向かいました。ラルズさんが企画し、JAさんのご協力で行われた親子田
植え体験に参加するためです。私は農林水産委員なので田植えのお手伝いと、米を取
り巻く北海道の状況を調査したいと農連さんを通して深川に入ることにそもそもなっ
ていたのですが、ちょうどその企画があるということで参加させて頂き、親御さんた
ちやお子さんたちにお話をさせて頂きました。谷口農場の谷口さんが指導をして下さ
ることになっていたんですが雨が降って田植えはできず、残念でした。その後、空知
農民連合の西科書記長とお逢いし深川の地域興しとして、広めようとしているそば飯
(おにぎりの中にそばの実が入っていておいしかったです。)をランチのセットで、
藤さんという食堂でご馳走になっちゃいました!元気がついたところで由仁町に向か
い、道農連の白川書記長の農場に突撃訪問。今年は雪解けは早かったものの、晴れの
日が少なく畑も水田も乾きが悪く作付が遅れています。白川書記長の農園も玉葱が植
えられなくて困っていると伺っていましたので気になっていました。由仁町も霧雨模
様でしたが、伺ったときは玉葱の苗をほぼ植え終わったところで「いやぁ、どうなる
かと思ったけれどほっとしたよ。今日は気分が明るいんだ昨日まではホント、何百万
もの損失になるんだからどうしようって暗かったんだ。」とおっしゃってました。本
当に農家の皆さんは天候と闘いながら頑張っておられます。私たちは感謝して、お米
や野菜を大切にいただかなければなりません。白川書記長の農園から少し上がった小
高い所にある水田で、ちょうど田植えをしていたので稲をハウスから軽トラックに積んだり、軽トラックから田植え機に積むお手伝い等をさ
せて頂きました。今年は時間を作ってどんどん農家にお邪魔します。一緒に汗を流さ
せて頂きます。みなさんの思いや実情、これから日本の農業がどうあるべきか、民主
党の農業政策はどうなのか、たくさんお話をしようと思っています。その際はよろし
くお願いいたします。



2011.05.24|BLOG

TOP