徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

今日、復興基本法が成立します。

先ほど、北海道から帰ってきました。土曜日の朝、北海道に戻り、千歳空港からまっ
すぐ三笠市に向かいました。先週、谷津議長が議員会館にお見えになり、三笠の皆さ
んのお話をしていましたら、このタイミングで伺わないとまた、なかなか皆さんにお
逢いできないなと思いまして、予定を変更し三笠に行ってきました。ミニ集会を開い
て頂き国会の状況報告、その後、開庁130年の記念式典に出席させて頂きました。
子供たちの朗読、中学生の吹奏楽の演奏、市民のコーラスグループの三笠の歌の合
唱、三笠出身の歌手、倉橋ルイ子のステージ、最後は出席者全員で「ふるさと」を合
唱。あたたかくて、市民が一体となったとても感動的な式典でした。その後、札幌に
戻り、北海道と協力をして福島から避難してきた方々の受け入れをしてくれている、
NPO法人の代表の方々とお話をさせてただきました。現場で起きている様々な問題を
伺い、私もできる事をお手伝いさせていただく事にしました。最近になって、「北海
道に避難したい。北海道に移住したい」という問い合わせが大変に多いそうです。お
母さんと子供の避難希望が多く、お父さんは生計を守るため、福島に残って仕事をし
ているそうです。希望があっても、住むところがない。或いは生活に必要なものが
揃っていない、金銭的に大変で自分では揃えられない。他にも、仕事の問題や、学校
の事、たくさん問題があります。16日、10家族、27人が札幌に入り、厚別の雇
用促進住宅に入居しました。移動のバスの中で小さな子供が「ここは放射能大丈夫な
の?ママ、ここでは葉っぱ触ってもいいの?」と聞いたり、小学校のグランドの横を
通った時にはお母さんたちが「子供がグランドで遊んでいる!」と歓喜の声をあげた
そうです。私たちが想像している以上に福島では厳しい状況のようです。

夏休み、北海道で遊ばせてやりたい。どこかで受け入れてくれませんかという問い合
わせも大変に多いという事で、北海道の情報を集めて、福島に提供を早くしなければ
なりません。NPOの方々と情報交換をしながら、できる限りの事をやろうと思ってい
ます。子供の笑顔、子供の健康、守るのは私たち大人の責任です。昨日は自衛隊の真
駒内基地での式典にお招きいただき、ごあいさつの機会を頂きました。被災地での自
衛官の皆さんにお働きに敬意を表し、ありがとうございますとお伝えしたいとずっと
思っていましたので、その願いが叶いました。その後、訓練展示を拝見させて頂き、
自衛隊力を目の当たりにして大変感銘いたしました。自衛隊の皆さんが誇りを持って
生き生きと働く事ができ、私たちの財産と命を全力で守って頂けるように、私たち政
治家もその環境整備に努力しなければならないと強く、強く感じました。

さて、3時半から、議員総会が開かれ、4時から本会議です。東日本大震災からの復
興に向けた基本理念や「復興庁」の創設などを定めた、復興基本法案が可決、成立す
る予定です。そして今日はもう一つ、社会保障と税の抜本改革調査会・税制改正PT合
同総会が行われます。政府からのリミットは今日という事ですが、金曜日の総会に続
いて、総会は荒れる事でしょう。消費税を上げなければならない事は、国民は分かっ
ています。でも、そこには議論を重ね、理解することが必要です。それからこの格差
社会の中で、税金が上がる事によってどんな事が起きるか、想像すると不安になりま
す。税金を上げる前にやるべきことがあるのではないでしょうか。そこの議論も必要
です。



2011.06.20|BLOG

TOP