徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

理解できません!

「道としては、国から頂いた回答については、理解できるものと判断したところであ
り、したがって、国において、最終検査の手続きを行われることについて異議はな
い。私としては、原子力発電所に関しては、何よりも安全を優先し、道民の不安の解
消に努めながら対応をすべきものと考えており、国においては、今回の福島の事故を
踏まえ、今後、責任を持って安全対策に万全を期すとともに、原発立地地域との信頼
関係を損なうことのないよう、誠実かつ丁寧な対応を強く求める。特に、定期点検中
の原子力発電所に係る再稼働については、より慎重な判断を要すると考えられること
から、一層の安全性の向上と、より丁寧な対応を求める。また、今後とも、道民の安
全・安心を測る観点から必要な要請を行う際は、誠実な対応を求める。」以上は、北
海道電力㈱泊発電所3号機に関する道の考え方として、高橋はるみ知事が発表した内
容です。福島第一原発の事故の原因究明も調査もきちんとできていない中、しかも震
災前と何も変わらないチェック体制で、移行運転を本当に認めていいのか。「北海道
は安全です!」と世界に向かって発信しているのに、自らリスクを抱えようとするそ
の判断が私には理解できません。残念です。海江田経済産業大臣は、「泊原発3号機
の営業運転再開は知事の意向に委ねる」とおっしゃったはずです。国の責任にしない
で欲しい。道民への情報提供や、説明も不充分。こういう時だからこそ、しっかりと
検証し議論を重ねる、もっと時間をかけ慎重に対応するべきでしょう。そんな道民運
動いえ、国民運動がこれから行われるだろうという時に性急な判断、実に残念です。



2011.08.17|BLOG

TOP