徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

ありがとうございました!

昨日、一昨日と根室に行ってきました。JA北海道中央会の皆様のお計らいで根室管内
の酪農関係の方々や組合長さんにお逢いし、TMRセンターや研究施設、雪印のチーズ
工場などの見学もさせて頂きました。中標津の中本牧場ではフリーストール成牛舎を
見せて頂きました。育成舎の中には朝生まれたばかりという子牛が横たわっていまし
た。可愛かったです。牛は他の動物と違って発情期が決まっておらず、年中子どもが
生まれています。また、別海町の臼井牧場では夕方の搾乳の時間にうかがい、お父さ
ん、お母さん、後継者の息子さんと三人で作業しているところを見せて頂きました。
また、JA根室地区青年連絡協議会のみなさん、JA根室地区女性協議会のみなさんと短
い時間ではありましたが懇談をさせて頂き、TPPの問題や国の補助金や助成金の使い
勝手の問題、酪農の戸別所得補償はどうなっているのかなどご質問やご意見を頂きま
した。また、酪農ヘルパーさんの教育、派遣をしている会社にもおじゃまし、社長さ
んから現状を伺いました。いずれにせよ、北海道の酪農家の方々は厳しい自然環境の
中で、少人数で大変に過酷なお仕事をしておられる、そして規模を拡大するためには
莫大なお金がかかり、先の見えない中大きなリスクを抱えることにどれだけの不安を
抱いているかという事をしっかりと伝えていかなければなりません。また、TPPに関
する先日の総理の表明がすでに現場に色々な影響が出始めている事、これも大変な問
題です。みなさん、お忙しい中本当にありがとうございました。夜は、中標津で連合
の懇親会に出席。根室に戻って一泊。昨日は、千島会館で千島歯舞諸島居住者連盟の
方々にお願いし、お時間を作って頂き2時間近く色々なお話をお聞きし、私の考えも
お伝えしながらとても有意義な懇談をさせて頂きました。元島民の方々は、四島返還
を願って必死の運動をされておられますが平均年齢78歳。この運動を続けていく為に
は後継者が必要だという事、それから北方領土問題に関して、教育の在り方も含め
て、一人でも多くの国民に自分たちの問題だという意識を持ってもらう機会を作って
いく事、日本の領土である北方四島返還に向けて思いを一つに、そして大きな強い思
いにしていくこと、それを国民運動のパワーにしていくことがいかに大切なことか。
そして、それにかかる費用等の支援を国がしっかりとしていかなければならない、そ
のために私もできる事をしっかりやらせて頂きます!昨日の夜、釧路空港から東京に
戻りました。

今朝の東京はいいお天気です。しかし、今、衆議院の予算委員会で政治とカネに関す
る集中審議が行われていますが、今すぐやらなければならない問題が山積している
中、一体どうなっているんだと重苦しい気持ちです。私は焦っています。特に福島対
応に関しては命の問題ですから。先日、横路衆議院議長が議長公邸に呼んで下さり、
千葉県がんセンターの中川原章先生のお話を聞く機会を作って下さいました。中川原
先生がチェルノブイリの事故により被曝した子どもたちの健康調査をしている、ロシ
アの免疫センターセンター長のアレクサンドル ルミアンツェフ教授から提供された
資料についてご説明頂き、大変ショックを受けました。今すぐやらなければならない
ことがあります。中長期的に取り組まなければならない事もあります。さっそく仲間
の議員と話し合い行動に移します。本当に焦っています。



2011.12.05|BLOG

TOP