徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

ブログチェックして頂いてありがとうございます!

新年会でお逢いした何人かの方々に「徳永さんのブログ見てますよ」と声をかけて頂
きました。嬉しかったです。このところ、報告ばかりでしたので、自分が何を考えて
いるかをきちんとお伝えすることは大事な事ですから、今年は仕事の合間ではなく、
仕事がすべて終わってからじっくりとブログを書く時間を作ろうと思っています。先
ほど、養護教諭の方々が開いている「子どもの健康を考えるつどい」にご案内を頂き
ましたので行ってお話を聞いて参りました。宮城でボランティアをしている養護教諭
のお二人が講師で、見てきた事、取り組まなければいけない事、子どもたちの心の問
題、色々と報告、問題提起をして下さいました。「国は何もしてくれない、行政の対
応が遅すぎる。だから、私たちがやらなければならない」そう言われて、国民は特に
被災地の方々はそう思っておられるんだなと申し訳ない気持ちと、悲しい気持ちで一
杯になりました。「被災地への対応を勝手に判断して、国でどんどん決めないで、被
災者の環境も刻々と変わるし、ニーズも違ってくるし、その時必要な事目を向け耳を
傾けて対応をしてもらいたい」というご意見をお聞きして、やはりできる限り、被災
地に入って話をしなければならないなと、そしてその時々の被災地の様子を仲間の国
会議員に伝えて情報を共有しなければならないと強く感じました。国民の皆さんに
も、東日本大震災を風化させないように、関心が薄れる事のないように、国もマスコ
ミも私たち国会議員も、真実と向き合って声をあげ続ける、訴え続けなければなりま
せん。今日はこの後、情報労連、北海道医師会の新年交礼会です。



2012.01.06|BLOG

TOP