徳永エリ|民進党北海道参議院選挙区第2総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

第181臨時国会開会

昨日の雨から一転、今日はすばらしい秋晴れになりました。冒頭から参議院では野党が総理の所信表明をさせないという憲政史上初の許しがたい行動に出ました。誰のために政治が行われているのか、総理の所信は国民に向けてのメッセージであります。決意であります。それを聞かないというのはどういうことでしょうか。約1ヶ月、国会は厳しい論争が予想されます。その中で、特に被災地の方々の復興再生のための施策が少しでも前に進むように全力で頑張ります。

第三次野田改造内閣になってから、委員会や役職が変わりました。私は農林水産委員会だけは外れたくないと切望しておりましたが、希望が叶いました。常任第一種委員会は農林水産委員会、常任第二種委員会は予算委員会、特別委員会は沖縄及び北方問題に関する特別委員会、東日本大震災復興特別委員会、調査会は国民生活・経済・社会保障に関する調査会の筆頭理事、党の役職は幹事長補佐、政策調査会会長補佐、参議院政策審議会副会長、子ども・被災者支援WT事務局長を務めることとなりました。また、選挙に向けて民主党北海道の選挙対策本部の選対本部長代行もさせて頂く事になりましたので、大変に忙しくなりますが一生懸命頑張ります!!

週末は民主党北海道の臨時党大会、また、帯広で池本道議主催の収穫祭に参加させて頂きました。池田町長や、士幌町長、帯広市長の奥様、石川代議士の奥様も参加されていて大変に楽しく、美味しい時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。そして、帯広は年内にはもう行けないかもしれませんので、JA青年部の黒田会長を、長芋の収穫作業中にお訪ねしました。川西の有塚組合長宅、また、上伏古の辻組合長にもお会いし、春にビートの移植をさせて頂いた畑を見せて頂きました。いよいよ農家も作業の終盤を迎えています。トラクター、ビートハーベスタ。畑のあちこちで動いていました。この後は、ごぼう、長芋、百合根といった作業が残っているそうです。ビートは夏の暑さの影響で糖度が上がらず大変だそうですが、今年は大きな農業被害もなく農家の方達には豊穣の秋を迎えられましたこと、本当に嬉しく思います。

 



2012.10.29|BLOG

TOP