徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

農林水産部門会議

101209_093829.jpg RIMG0009.jpg


12月9日(木)

農林水産省より「食に関する将来ビジョン」「農業予算に関する論点整理」「平成22参水陸稲の収穫量」「外国資本による森林買収に関する調査結果」について説明を受けました。
「23年産米の都道府県別の生産数量目標」について、全国の生産数量目標の795万トンを都道府県別の米のシェア・需給実績等から需給目標決めて配分したことに、事前に説明が無かったこと、生産目標を守ってきちっと販売しているのに生産目標が減らされていることなどへの意見が出ました。


【食の安全・安心ワーキングチーム】
昨年4月に成立した「米のトレーサビリティー法」について説明を受けました。米穀等のトレーサビリティ(取引等の記録の作成・保存)は農林水産省単独の所管で本年10月1日に施行で、指定米穀等の産地情報の伝達は来年の7月1日に施行されます。




2010.12.09|活動報告

TOP