徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

2012年3月の記事一覧

5 / 6« 先頭...456
2012.03.08
今日の予定(3/8)

9:00 原発事故収束対策プロジェクトチーム
10:30 エネルギープロジェクトチーム 再生可能エネルギー検討小委員会
11:30 新しい政策研究会事務局会議
12:00 新しい政策研究会定例総会



2012.03.07
農林水産部門会議

次期水産基本計画、漁港漁場整備長期計画、新マルキン事業の1月分の補塡金単価、中山間地域等直接及び農地・水保全管理支払の実施状況について農林水産省より説明を受けました。
また、「平成24年度酪農・畜産価格等に対する提言」が酪農・畜産ワーキングチームより提出され、部門会議で承認いたしました。
鳥獣被害対策プロジェクトチームの佐々木隆博座長より野党との修正協議がまとまった鳥獣被害防止特措法案について説明をお聞きいたしました。

RIMG0003_2.jpg




2012.03.07
福島へ行って来ました。

月曜日、郡山市に行って来ました。町民が全員避難をした、富岡町の方たちが暮らし

てる仮設住宅のエリアに作られたコミュニティーセンター「おだがいさま」にうか

がい施設の説明をして頂いた後、職員の方と意見交換。さらに集会所に移動し、富岡

町の高齢者の方々と本音での意見交換をさせて頂きました。札幌にもたくさんの福島

の方たちが避難してきている事、母子避難が多く、みんな子どもを守らなければなら

ないと必死の思いでの避難ではあったけれど、故郷を捨てて来たというような後ろめ

たい想いや、郷愁の念、帰っても受け入れてもらえないだろうという不安感のなかで

必死に慣れない土地で頑張っているんだというお話しをさせて頂きました。帰りがけ

にあるおばあちゃんが「札幌に避難している人たちにでかしたと言ってあげて欲し

い。故郷を捨てたと批判している人も、本当はわかっているんだ。できる事なら自分

も県外に出たいけれど、それができない人もいる。お互いが理解し合わないとね。子

どもを守るためにがんばったね。心配しないで、帰れる時が来たら帰ってくればい

い。みんなわかっているから・・。」と言っていました。思わず、涙が出ました。

今、私たちは被害者保護法案を作ろうとしています。被災者の権利や、健康管理、生

活支援など、被災者の方々の声を反映させる法律です。その為に郡山に行って来まし

た。大学生とも意見交換をしてきました。郡山市長さんもお忙しい中、お時間を作っ

て下さりお話しをさせて頂きました。皆さん、ありがとうございました!原発事故収

束対策PTでも、3・11に第二次の提言を政府に対して致します。リニューアルす

るホームページに掲載致しますのでご覧になって下さい。



2012.03.07
今日の予定(3/7)

11:00 林野庁より法案説明
13:00 北海道医労連来室(要望)
13:00 国土交通省より苫小牧港港湾計画について説明
14:00 エネルギープロジェクトチーム当面する電力需給に関する小委員会
14:30 環境部門コアメンバー会議
15:00 環境部門会議
15:00 TPPを慎重に考える会役員会
16:30 農林水産部門会議
17:00 正副幹事長会議
17:30 経済連携プロジェクトチーム



2012.03.07
会議

○「民主党への緊急提言」を受けての勉強会
民主党への緊急提言を受けての勉強会は第3回を開催し、慶應大学の金子勝教授をお招きして「エネルギー転換と産業革命」をテーマに東京電力や原発の今後のあり方について「経営責任」「福島県の被災者への費用負担」「将来のエネルギー政策を考えた電力改革」の3つの柱を基本として考えることが重要との講演をお聞きいたしました。



○東日本大震災復旧・復興検討プロジェクトチーム、原発事故収束対策プルジェクトチーム合同会議
福島復興再生特別措置法の修正について協議を行いました。

RIMG0002.jpg RIMG0010.jpg RIMG0011.jpg




2012.03.06
今日の予定(3/6)

8:00 酪農・畜産ワーキングチーム会議
8:00 「民主党への提言」を受け手の勉強会
9:30 東日本大震災復旧・復興検討プロジェクトチーム・原発事故収束対策プロジェクトチーム合同会議
11:30 財政金融・経済産業・農林水産部門合同会議
13:00 北海道新聞社より取材
13:00 子どもに関する合同会議
14:30 東電原発事故被災者保護法案に関するワーキングチーム
15:30 エネルギープロジェクトチーム・原発事故収束対策プロジェクトチーム合同会議
17:00 打ち合わせ
17:00 農業・農村整備事業等ワーキングチーム会議



2012.03.05
佐々木代議士と共に・・

土曜日は美瑛町農民連盟の第64回の定期総会にお招き頂きました。いつもあわただし

く、ご挨拶をして立ち去るので、皆さんとお話もしたいと思い、最後まで参加させて

頂きました。ご質問やご意見ありがとうございました。TPP交渉参加と消費税増税

の問題は、国論を二分する大きな問題です。北海道には北海道の事情がありますの

で、皆さんの思いを反映すべく運動して参ります。

 

美瑛から旭川に向かいました。

「ささき隆博ふるさとの集い」に出席。小川参議院議員と、それぞれ支援者の皆

様の前でご挨拶をさせて頂きました。いつものことながら暖かい雰囲気の集いで「頑

張ってください!」の声を私にもたくさん頂き感謝の気持ちで一杯です。

 

翌日は、北口道議会議員と一緒に、地域の酪農家の方たちに飼料を提供しているディリーサポート

センター士別(TMRセンター)に伺い、酪農の現状や、後継者の問題、新規就農の

問題、また新たな取り組みについて、お話しをじっくり聞かせて頂きました。ありが

とうございます。大変勉強になりました。

 

その後、佐々木代議士の後援会の佐藤さん

のお宅と中田さんのお宅にご挨拶に伺った後、久しぶりに丘の上のサホークを食べさ

せて頂ける「羊飼いの家」にお昼ごはんを食べに行きました。ちょうど青年会議所主

催のスノーチューブの大会が行われていました。お天気も良く、すばらしい景色の中

子どもたちの元気な姿を見て、久しぶりに楽しい気分に。息子とスキーに行ったり、

ボブスレーを滑ったりした若き日が懐かしく感じました。

Read the rest of this page »



2012.03.05
今日の予定(3/5)

終日 被災者保護法案ワーキングチーム・郡山視察
   富岡町仮設住宅
   富岡町生活支援ボランティアセンター(おだがいまさセンター)
   PEP Kids Koriyama(遊びのひろば)
   郡山市こども支援課
   郡山市長との意見交換
   日本大学工学部加藤研究室



2012.03.02
要望

○北海道農民連盟
北海道農民連盟の山田富士雄委員長、山居忠彰書記長、久須田洋治事務局長ほか十勝地区、北見地区、上川地区、空知地区、道南地区、釧根地区から総勢49名の方々がお見えになり、加工原料乳生産者補給金単価水準の引き上げや限度数量の適正な水準の確保等の「平成24年度 酪農・畜産政策に関する提言書」をお受けいたしました。
また、幹事長室で陳情・要請対応本部の、郡司彰副本部長・松浦大悟副本部長へ要請し、農林水産省で仲野博子農林水産大臣へ要望いたしました。



○根室地区酪農対策協議会
根室地区酪農対策協議会(事務局:JA北海道中央会根釧支所)から小湊保 会長(JA中春別代表理事組合長)、西塚秀夫 副会長(JAけねべつ代表理事組合長)、今井和善 副会長(JA標津代表理事組合長)、井戸坂伸哉 副会長(JA道東あさひ 代表理事組合長)ほか16名の方々が来室され「平成24年度畜産価格等の決定等並びに根室管内における酪農・畜産経営の安定に向けた政策提案」をお受けいたしました。

RIMG0036_2.jpg RIMG0032_2.jpg RIMG0005.jpg RIMG0025.jpg RIMG0003.jpg




2012.03.02
お疲れ様です!

酪農の補給金単価と限度数量が間もなく決まります。連日北海道から酪農、畜産関係者の方々が会館にお見えになっています。TPPや増税など先の見えない不安感から離農する方々が増えています。365日生きものと向き合う仕事ですから休むことなく

働いておられます。東日本大震災の影響や、飼料の高止まり、燃料や資材の値上げ懸念。

実際、所得は20%ほど下がっているそうです。7割以上の方々が大きな借金を抱えています。私たちはそういう方々の大変なご苦労の上に安心、安全で美味しい牛乳を飲み、乳製品を頂いている事に感謝をし、それぞれが北海道の農家を守るために何ができるか、その意識を持たなければなりません。TPPで外国の安い農産物が入ってくる事を良しとしてはいけないという事を色んな角度から考えましょう。世界の中で人口が減少しているのは日本だけです。

人口はどんどん増えていますし、新興国の方々はすさまじい経済成長の中で食生活もどんどん変わっています。お金があっても食べるものが手に入らないなんていう日がすぐそこまで迫ってきていることを、危機感を持って意識して下さい。国内自給率を上げなければなりません。日本の農業者を守らなければなりません。

先ほど、農民連盟の皆さんと仲野政務官に陳情に行って参りました。これから、北海道に帰り、週末は美瑛、旭川、名寄。

日曜日に東京に戻り、月曜日は一日、福島に行って参ります!




5 / 6« 先頭...456

TOP