徳永エリ|国民民主党北海道参議院選挙区第2総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

2010年9月の記事一覧

2010.09.21
農林水産部門・税制検討ワーキングチーム

RIMG0012.JPG

9月21日(火)

平成23年度税制改正要望団体ヒアリングでの要望事項の反映状況および対応について農林水産省より説明を受けました。反映されなかった要望もあり、9月30日までに農林水産部門会議やそれぞれのワーキングチームで再度検討して政府側(農林水産省)へ伝えます。その後、農林水産省は財務省との折衝に入ります。



2010.09.21
生物多様性

RIMG0006.JPG

9月21日(火)

本年10月から名古屋で開催されるCOP10(生物多様性条約締約国会議第10回)及びMOP5(カルタヘナ議定書締約国会議第5回)に向けて、NGOの「食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク」から生物多様性についてのヒアリングと要望をお聞きいたしました。政府は、今年の3月に生物多様性基本法に基づいて「生物多様性国家戦略2010」を閣議決定し、生物の多様性の保存、生物多様性を構成する要素の持続可能な利用などの基本計画を策定しています。



2010.09.17
両院議員総会へ

今朝は4時半に起きて朝一番の飛行機で東京へ。

党内人事を発表する両院議員総会が憲政記念会館で午前11時から

開かれました。

菅総理、岡田幹事長、鉢呂国対委員長が挨拶。

会場は穏やかな空気とともに、静かな闘志が感じられ、試行錯誤の

1年でしたがこれから、本格的にチーム民主党として新たなスタート、

国民の皆さんから頂いている大きな期待に答えるために一つになって

全力で頑張っていかなければならないと身の引き締まる思いでした。



午後、札幌にとんぼ返り。

5時から、リプラン本社にて、アース21、工務店経営者の方々と

約2時間、住宅政策の問題点についてお話をさせて頂きました
長期優良住宅の認定を受ける為に、書類の作成等にどれだけ時間と

お金がかかるか?従業員数人という工務店にとってどれだけ負担が

大きいことか
また、北海道産のカラマツなどの木材の活用について、地域の住宅を

地域の業者が建てる事の必要性など、色々とお話をさせていただきました。

是非アース21の皆さんとは、またお話がしたいです!



北海道には554万人の人が居ます。

辛い話や、問題ばかりがクローズアップされますが、一方では

様々な可能性や、人材の宝庫でもあります。

自分たちの事ばかりではなく、北海道のこと、これからの

若い人たちの事、真剣に考えている人たちが沢山います。



政治の仕組みが少し変われば、そういう人たちが活躍できる環境を

作り出すことができるんですよね。

頑張っている人たちが、正しく生きている人たちが報われる

そんな社会になって欲しい・・・心からそう思います。



2010.09.17
まずは・・・

15日の午後、札幌に戻りました。

17時から、ホップ障害者地域生活支援センターの竹田さん

のところに伺い、札幌国際短編映画祭で、ボランティアスタッフと

して、映画祭の現場で一緒に活動ができないか、お願いさせて頂きました。

16日は、商工連盟の月例会があり、その後数人の方々と、

建設、設備業界や、介護施設の抱える問題や、現状を聞かせて頂きました。

公共事業が大幅に削減される中で、下請けの会社の存続も厳しく

また、そのことによって技術者が激減していること、若い技術者を

育てられる環境にもないこと。

報われない思いから、仕事に対するモチベーションも下がってしまうこと、色々と伺いました。

地元の仕事は、地元の業者でできる仕組み作り、また、大手企業からの

不当なダンピングを規制しなければ、仕事をしても利益がない、これでは仕事があった時に人が居ないということにも将来的になりかねません。

どこの業界もそうですが、技術や経験を積んだ人材を大切にすることのできない日本の現状は、衰退の予感がします。

人の力が国の力。

大手企業にはCSR、大きな社会的責任を担っているという

意識がないのでしょうか?



つくづく、色々な分野の方とお話をすることの大切さを感じました。

まずは、私のできること、現状を知るということ。

できれば目で見る、体験する。

そして、しっかりと問題意識を持ち、何ができるのか、何をしなければならないのか

皆さんと一緒に考え、行動に繋げていくということ。

どんどん、呼んで頂いたところには出掛けて行かなくては。



2010.09.17
両院議員総会

RIMG0004_2.JPG

9月17日(金)

民主党は午前11:00より両院議員総会を開催し、幹事長に岡田克也氏・政調会長に玄葉光一郎氏・国対委員長に鉢呂吉雄氏などの主要な役員人事を了承しました。これから菅改造内閣の発足に向けて閣僚人事に入ります。



2010.09.17
FTAとEPA

RIMG0001.JPG

9月17日(金)

農林水産省よりFTA(自由貿易協定)とEPA(経済連携協定)について、現在の進捗状況の説明を受けました。政府は新成長戦略に基づいて今年の秋までに「包括的経済連携に関する基本方針」を策定し、東アジア自由貿易圏構想(EAFTA)・アジア太平洋自由貿易圏構想(FTAAP)・東アジア包括的経済連携構想(CEPEA)などの質の高い広域経済連携を進めています。



2010.09.16
障がい者政策

RIMG0003-01.JPG

9月16日(木)

平成24年8月施行の「障がい者総合福祉法(仮称)」制定までの間の「障がい者自立支援法」の見直しのあり方について「日本盲人連合」「日本知的障害者福祉協会」「日本精神科病院協会」「全国脊髄損傷者連合会」「全日本ろうあ連盟」「きょうされん」の関係団体から要望をお受けいたしました。「障がい者総合福祉法(仮称)」は、障がい者が普通に地域で暮らし、地域の一員としてともに生活ができる社会を目的とし、「障がい者自立支援法」を廃止してサービスの利用者負担を応能負担する法律で、総理大臣を本部長とする「障がい者制度改革推進本部」で改革を検討しています。制定までの間は、平成18年8月に施行された「障がい者自立支援法」がありますが、「旧事業体や基金事業の経過措置の延長、所得補償(年金)の改善、様々なサービス体系の見直し」等の要望がきています。



2010.09.15
戸別所得補償制度検討ワーキングチーム

RIMG0002.JPG

9月15日(水)

政府は戸別所得補償モデル対策による12月の固定払い、来年3月までの米価の下落に対して支払う変動費、さらに経営安定対策等で米農家の収入を確保すると表明しています。ワーキングチームでは、大幅な需給ギャップが懸念されるなか、概算金の下落による農家の収入の減少や11月末から12月にかけての資材の決済不能状況等を鑑みて、政府に対して「米価下落への対応、農家の年末決済時への対応、米の備蓄と需給調整等」の政策提言を議論しています。



2010.09.14
代表選終わりました。

少し前に、議員会館に戻ってきました。

今日は、昨夜のブログでの表明に対して、朝からご批判を

沢山頂きました。小沢先生に期待する方々の気持ちも

とてもよくわかります。

新聞に「参議員 徳永エリ 菅支持」としか掲載されませんので

ブログを見て頂けなかった方には私の思いは伝わらないなと

残念に思います。



小沢先生の演説は心に響きました。菅総理も熱が籠っていました。

投票用紙に名前を書くとき、手が震えました。

開票結果を聞いても、何だか複雑な気持ちでした。

でも、今日まで。

明日からは、挙党体制をしっかりと作って全員で頑張っていけるものと

信じていますし、私も全力で頑張ります!



さあ、この後は5区です。

中前茂之氏、何としても勝利するために、一生懸命やりますよ。

若くて、情熱があって、経験もある、即戦力。

これからの民主党に必要な人材です。

皆さん、よろしくお願いいたします。



2010.09.14
2010年民主党臨時党大会

DSCF7314.JPG RIMG0053.JPG

9月14日(火)

2010年民主党臨時党大会が開催され、民主党代表選挙が行われました。それぞれの候補者が15分間づつ決意表明を行った後、国会議員による投票が行われました。投開票の結果は、菅直人氏721ポイント(国会議員/412p、地方議員60p、党員・サポーター249p)、小沢一郎氏491ポイント(国会議員400p、地方議員40p、党員・サポーター51p)で、菅直人首相が再選されました。





TOP