徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

2021年6月の記事一覧

2 / 4123...最後 »
2021.06.24
立憲民主党 孤独・孤立支援PT

立憲民主党 孤独・孤立支援PTを開き、「望まない孤独」の根絶に向けて、どのような背景や課題があり、また、法整備も含め今後どう取り組んでいったらいいか、NPO法人あなたのいばしょの大空幸星さんにお越し頂き、お話を伺いました。

  



2021.06.24
難民問題を考える議員懇談会

難民問題を考える議員懇談会。前回に続いて、偽造在留カードを発見するために出入国管理庁が民間事業者に開発させ、ホームページ上に、誰でもダウンロードできるアプリを掲載した問題について、個人情報の流出や人権の問題、差別やいじめに繋がりかねず、適正に使用されない場合どうするのかなど様々な指摘をさせて頂いていますが、入管庁からは前回と何も変わらない説明。不利益を被っている当事者の気持ちが全く理解できないようだ。

 



2021.06.23
内閣官房オリパラ事務局からヒアリング

石橋参議院議員、私、そして、オンラインで森屋参議院議員にも参加して頂いて、内閣官房オリパラ事務局から、選手団等の輸送に関する運行計画や運転手さんへのワクチン接種についての対応を確認した。私達は、組織委員会に来てもらって直接説明して貰いたいとお願いしたのだが、内閣官房が組織委員会に聞いたことを説明する形になり、案の定、大事な質問に何も答えられない!
 今日、新たに分かった事は、昨日、組織委員会が選手の輸送を担うバスの運転手さんは、7月の上旬からワクチン摂取を、オリンピック大会関係者、4万人接種の枠で行うという事が決まったと言うことだけ。関係する全ての事業者に、昨日付で通知したとのこと。しかし、今のところ、事業者に通知が届いたかどうかの確認が取れず、また、通知の現物も送付先のリストも見せてもらっていない。
さらに、7月上旬から接種が始まってもオリンピックが始まるまでに2回目の接種が間に合わないし、さらに効果が出るまでの時間や副反応によって体調を崩して、運転ができない運転手さんが多く出た時にどうするのかなど、リスクにどう対応するのかが全く説明されていない。リハーサルもなく、組織委員会からは事業者にDVDが送られてきて、見ておくようにと言われているだけ。これで本番、トラブルなく運行ができるのか、全く分からない。バスからの感染が拡大したらどうするのか、誰が責任を取るのか!
   



2021.06.22
「食の安全を守る人」の試写会

八芳園で、山田 正彦元農林水産大臣プロデュース、原村政樹監督のドキュメンタリー映画の「食の安全を守る人」の試写会が行われました。鳩山由紀夫先生もいらしていて、久し振りに元気なお姿を拝見しました!

   
 



2021.06.22
フラワーデモからの申し入れ

性犯罪刑法改正WTでの、我が党議員の発言と今後の対応について、フラワーデモ、性犯罪被害当事者の方々から、申し入れがありました。福山幹事長、泉政調会長、私、ジェンダー平等推進本部長代行、打越事務局長で1時間半、お話を伺いました。



2021.06.21
立憲民主党・沖縄協議会が開かれました

オンラインで沖縄の自治体議員の皆さんも参加して頂いて、立憲民主党・沖縄協議会が開かれました。改正沖縄振興特別措置法による10年間の沖縄振興が今年度末で終わります。特措法を改正し、新たな沖縄振興計画による振興策の策定に向けて、これまでの10年間、何ができて何ができていないのか、その理由はどこにあり今後どうするべきなのか、特に一人当たりの県民所得を上げていく必要があります。子供の貧困も深刻な問題です。立憲民主党は沖縄の仲間に皆さんと共にこれからも沖縄の課題を解決し、県民の暮らしを向上させるために力を尽くしてまいります!

   



2021.06.18
本日の活動

電力総連の方々がお見えになり、久し振りにお話をさせて頂きました😊また、緊急事態宣言解除を受けて、立憲民主党新型コロナ対策本部と厚労部会の合同会議が開かれ厚労省からヒヤリング。やはり東京オリンピック・パラリンピックを開催するリスクは相当に高い。インド株の感染が拡大すれば重症者も死者も増加する。命の責任を誰が取るのか。命を犠牲にしてまでオリンピックを開催する大義は何なのか全くわからない。国民に説明をするのが政府の責任だ。

   
朝鮮総連の皆さんと、意見交換。コロナ禍の学生や子供達への支援、国籍や民族で差別してはならない。国連の人権委員会からも日本政府は勧告を受けています。日本で生まれ、日本で暮らし、働き、税金も納めているコリアの方々の子供たちが政府の方針で差別されている現状は、看過出来ません。世界も人権問題を重視しています。日本も変わらなければなりません。世論の力が政府を動かします。

 
 



2021.06.17
全国政策担当者・地方議員・総支部長WEB会議に参加

党本部にて、泉政調会長、川内代行と共に、都道府県連政策担当者、自治体議員、総支部長とオンライン会議。約1時間半に渡って、通常国会で審議された法案について、また、選挙政策についてなどご質問やご意見を頂きました。

 



2021.06.16
国連の人権理事会に出席

おはようございます。
8時から外国人多文化共生PTです。コロナ禍の学生支援緊急給付金の差別的要件について、また、地域子ども・子育て支援事業で朝鮮幼稚園に対する対応が自治体によって差がある事など、文科省、内閣府から説明を受けます。今日は、通常国会の最終日。会期末処理が行われます。次、国会が召集されるのは9月です。衆議院の解散、総選挙です。
私は、党の役職に就いているので、北海道と東京を何度も行き来をしながらの閉会中の活動になると思います。
—————————————————————–
国連の人権理事会から、コロナ禍における学生支援緊急給付金の要件や朝鮮大学校が給付対象となっていないことなどが、外国人差別ではないかと、情報提供を求められていた件で、文科省、外務省からヒヤリング。
 



2021.06.15
国会が緊迫しています

今日は、国会が緊迫しています。
自衛隊基地や原子力発電所の周辺、国境離島などの土地の利用を規制する法案は、外国人の土地買収規制ではありません。規制はできません。条文に具体的な要件等が具体的に書かれておらず曖昧だ。「特別注視区域」がどこになるのか、機能を阻害する行為」とは具体的に何を指すのか。条文も読まず、理解していない与党議員も未だおられるようですし、国民の皆さんの中にも間違った理解をしている方がおられるようです。国民の私権が制限されかねない、議論すればするほど曖昧さが際立つばかりです。にも関わらず、自民党は採決を提案。立憲民主党、共産党は参議院内閣委員長の解任決議案を昨日提出し、採決を阻止。本日は、午前9時に衆議院で菅政権に対する内閣不信任案を提出。残念ながら、衆議院本会議では内閣不信任案は否決されました。
参議院本会議では、本日、参議院内閣委員長の解任決議案が否決され、今、内閣委員会が開かれ、法案に対する質疑が行われています。この後も、出来うる限りの対応をして、私達は法案の成立阻止に向けて戦います。今日は、夜中まで本会議が続きそうです。
問題だらけの法案をすんなり通す訳にはいかないという事を是非ご理解頂きたいと思います。朝まで頑張ります!




2 / 4123...最後 »

TOP