徳永エリ|立憲民主党北海道参議院選挙区第3総支部代表

  • facebook
  • instagram

トピックス

2021年8月の記事一覧

1 / 6123...最後 »
2021.08.31
本別製糖所の砂糖生産の終了

北海道糖業が、2023年をもって本別製糖所の砂糖生産の終了を決めました。人口減少によって国内市場が縮小し、少子化や砂糖離れ、また、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、外食産業や菓子などの土産品の需要も減少した事が背景にあります。しかし、北海道は畑作の輪作体系から砂糖の原料となる甜菜を外すことはできず、輪作体系の崩壊にも繋がりかねない。十勝だけの問題ではなく、農林水産省は、砂糖の需要減を受けて(労働力の軽減のためとも言っていますが)需要に供給が追いつかず、緊急輸入までした加工用のジャガイモに作付け転換してもらいたい、収量を抑える為に移植をやめ、直播にするなど検討をしていますが、このままでは全道の甜菜生産者に影響が出る可能性があります。また畑から甜菜を製糖工場まで運ぶトラック運送業や工場で働く人達、地元の雇用など関連産業への影響も懸念されます。今日、この件で農林水産省と話しましたが、検討中という事で具体的な話はありませんでした。今後もフォローしてご報告します。



2021.08.31
臨時国会の召集が見送り

おはようございます。今日は、政調三役会議から始まりました。臨時国会の召集が見送りになったことへの対応や、政府に対して提案、実現を求めていくコロナ対策について意見交換をしました。一定の期間、国民の皆さんに、外出の自粛やテレワークで働いて頂き、人流を減らす為には、公平で充分な補償が必要である事、更に未だ全国で体制整備ができていないPCR検査、潜在感染者、無症状の感染者を見つけ、行動の自粛を促し、感染を食い止められない限り、いつまで経っても感染は収束しませんので、安心の確保に向けて、引き続き体制整備を求める事、また、ワクチンに対する不安を払拭する為に、信頼できる科学的データに基づく国民への説明が改めて必要です。1000人以上もワクチン接種後に亡くなっているので、本当に因果関係がないのかどうかも納得いく説明が必要です。また、退院後の後遺症への対応や生活の補償、治るはずの他の病気で入院していたのにコロナの院内感染で亡くなった方や自宅療養で亡くなった方、救急搬送でたらい回しにあって亡くなった方、どこがどの様に補償するのかについても、検討していく必要があります。野党第一党として国民の命と暮らしを第一に対策の検討を加速化して参ります。



2021.08.29
札幌市内で街宣活動

自宅を出発する際にエリリン号を見かけてわざわざ来て頂いて「頑張って、応援してるから」と声をかけて頂いたご近所の方。国会の状況を少しの時間でしたが、お話しさせて頂きました。ありがとうございました😊どうぞ、エリリン号を、私を見かけたら、お声をかけて下さい。厳しいご意見も聞かせて下さい。

 

北海道衆議院選挙区第3区の荒井ゆたか候補予定者の応援!札幌新陽高校の卒業生のいおりさん、かりんさんもマイクを握って、校長先生だったゆたかさんを応援。清田区では恩村市議も駆け付けてくれました😊たくさんの皆さんから暖かいのお声や笑顔でのご支援を頂きありがとうございました。
 



2021.08.29
立憲民主党【沖縄基地・地位協定見直しについて】

【沖縄基地・地位協定見直しについて】
来年5月には沖縄の本土復帰50周年を迎えます。現在も沖縄に在日米軍基地の7割が集中し、長年にわたり沖縄の皆様が日本防衛の過大な負担を担ってきました。そのことに感謝すると同時に、心苦しくも感じます。政府は、沖縄の基地負担の軽減のため、思考停止に陥ることなく、安全保障環境の変化や日米同盟の深化に伴い、できるだけ日本全体でこの負担を分かちあうことができないか、不断の検討を続けるべきです。
立憲民主党は、沖縄の民意を尊重し、軟弱地盤等の課題が明らかになった辺野古移設工事は中止し、その上で、沖縄の基地のあり方を見直し、米国に再交渉を求めます。
日米地位協定については、米軍、軍人、軍属、その家族に対する国内法の原則順守、日本による米軍基地の管理権などについて米国と協議し、欧州の米軍受入国と同様に基地使用に関する協定・覚書を締結し、使用条件を規定するなど、米軍駐留のあり方を改善し、基地所在地域の負担を低減します。



2021.08.28
北海道衆議院選挙区第10区に伺いました

昨年、ヒグマが出没し、駆除された砂川市、岩瀬牧場さんと養鶏農家・もっきりやの吉野さんのところに伺い、お約束した国会でのヒクマ対策の取り組み、環境委員会での質疑の議事録と資料をお届けし、報告をさせて頂きました!

 

滝川市のアークス前で街頭演説。立憲民主党と神谷ひろし衆議院議員へのご支援をお願いしました!また、深川の道の駅でも街頭演説。車の中から、また、周辺のお店の方々などからも応援の声を頂きました😊ありがとうございます!
   
今日の最後の訪問は、空知農民連合の長谷書記長の大豆畑。作物への干魃の影響や、高温による蜂への影響で受粉が出来ず蕎麦の収量が極端に少ない事などをお聞きし、また、勉強になりました!ありがとうございました。
 



2021.08.27
荒井ゆたか候補予定者の事務所を訪問

北海道衆議院選挙区第3区の荒井ゆたか候補予定者の事務所を訪問。為書をお渡しして、事務所スタッフの若い皆さんとがんばろうの心合わせ😊

 

荒井ゆたか候補予定者の応援、エリリン号は3区を走りました!応援しているよという嬉しい声をかけて頂きました。経済界での経験や教育者としての経験を生かし、46歳、若い荒井ゆたかさんに皆様のご支援をよろしくお願いします。
   



2021.08.27
立憲民主党【外交・安全保障全般について】

【外交・安全保障全般について】
世界の平和、安定と繁栄を推進するために、自由、民主主義、法の支配、基本的人権の尊重に基づく自由で開かれた国際秩序の維持・強化を推進し、国際法の諸原則を基礎とした国際的なルール作りを主導するなど、積極的な平和創造外交を展開します。
健全な日米同盟を外交・安全保障の基軸とし、わが国周辺の安全保障環境を直視し、専守防衛に徹した防衛力を着実に整備し、国民の生命・財産、領土・領海・領空を守り、力による現状変更の試みや尖閣諸島周辺における我が国に対する挑発行為には毅然として対処します。
また、経済安全保障の観点から、重要・先端技術産業の強化・保護、サプライチェーンの強靭化、食料・エネルギー安全保障の確保を進めるほか、幅広い分野において知的財産の保護、情報セキュリティ、コーポレートガバナンスなどを強化します。また、通信、デジタル、クリーンエネルギー技術、宇宙などの先進分野に係る国際的なルールの形成を主導し、日本の優位性を確立するための「経済安全保障戦略」を策定し、総合的な国力の増進をはかります。
気候変動、食料問題など地球規模課題の解決のため、国際社会全体の目標として国連サミットで合意された、持続可能な開発目標(SDGs)を踏まえつつ、主導的な役割を果たしていきます。



2021.08.27
北方領土返還要求 北海道・東北国民大会がYouTube配信で開催

今年は、北方領土返還要求 北海道・東北国民大会が登壇者だけの参加で、YouTube配信で行われました。立憲民主党北海道からは、道下大樹衆議院議員が出席。私は、YouTubeで拝見しました。コロナの影響で四島訪問事業も航空機による墓参も出来ていません。これまでと違う方法も検討しながら、返還運動をしっかり継続して行かなければなりません。

   



2021.08.27
立憲民主党【農業政策について】

【農業政策について】
農林水産業・農山漁村は、国民の生命と生活を守る基盤です。農山漁村で生産活動が行われることにより、洪水や土砂崩れを防ぎ、水質を浄化し、多様な生物をはぐくみ、美しい風景を形作り、伝統文化を維持しています。こうした農林水産業・農山漁村の「多面的機能」への評価を一層強化することを基本に、政策を進めます。
近年、気候変動・地球温暖化が、農作物の品質低下、漁獲量の減少、豪雨災害等の多発といった影響をもたらし、将来的に農林水産業・農山漁村の存立すら危うくする事態となっています。地球環境問題にも真摯に向き合い、環境負荷を減らし環境を保全する、持続可能で気候変動や自然災害に負けない農林水産業・農山漁村づくりが必要です。
現在、新型コロナウイルス感染症の世界的感染拡大という非常事態や、世界各地での様々な紛争下においても、農林水産物の生産・流通が安定して確保されるよう、危機管理を徹底した政策を進めます。災害等の不足の事態にも対応可能な供給力を維持するため、いざという時にも食料供給が維持できる力(食料自給力)と食料自給率向上を目指すとともに、農地・担い手の確保、安定した流通体制の整備、国内生産の維持・拡大を旨とした貿易ルールの形成を図り、食料安全保障を確立します。
近年の官邸主導の農政は農林水産業の競争力強化に偏重しており、規制改革を行えば世の中はよくなるという安易な発想で進められてきました。規制改革を進め、産業政策を中心にして地域政策を軽視すれば、農山漁村の維持・発展を危うくします。大規模・中小・家族経営・専業・兼業、すべての農家が主役です。わたしたちは、多種多様な農業者・漁業者が農山漁村に定住し、安定した生活をおくることができる、持続可能な豊かな農村社会を提案しています。



2021.08.26
士別市、名寄市、旭川市へ

おはようございます。
今日は全国的に暑くなるようです。これから、士別市、名寄市、旭川市へ向かいます。北海道も緊急事態宣言の対象地域に明日からなるという事で、具体的な感染拡大防止のための要請が知事から出されます。私達も、充分に対策をして政治活動を行わなければなりません。そして、事業者や働く皆さんへの支援など、今、何が必要かという事などしっかり、お聞きして、実現に繋げていくために力を尽くして参ります。
士別市長選挙、松ヶ平てつゆき候補予定者の後援会事務所に激励のご挨拶に伺いました!
士別市の牧野勇司市長さんを表敬訪問。3期12年、大変お世話になりました。
 
名寄市で意見交換
 
 
 
旭川市から、道議会議員の補欠選挙に立候補予定の宮崎アカネさんにお会いし、激励😊私よりも10歳も若い宮崎さんには、コロナ後の北海道の経済の復興など、未来に向けて、自治体での経験、市議としての経験を生かして、そして、女性のパワーで頑張って貰わなきゃ!皆さん、ご支援宜しくお願い致します。
笠木かおる旭川市長候補予定者の後援会事務所にご挨拶に伺いました。コロナの感染拡大、緊急事態宣言の発令という中で集会も出来ず、これまでと違った形での選挙戦になります。ご尽力頂いている、後援会、連合、自治体議員の皆様、本当にお疲れ様です




1 / 6123...最後 »

TOP